プロの専門家があなたのお手伝いをします!
血統から囁かれる一つの答え。配合分析好きは必見! 栗山求コラム「血統の裏庭」

2019-12-04 ​阪神ジュベナイルF(G1)血統的考察

​ 先週のチャンピオンズC(G1)は、
馬群を割って伸びた○クリソベリル(2番人気)が
◎ゴールドドリーム(1番人気)をクビ差しりぞけて優勝、
デビュー以来の連勝を「6」に伸ばした。

これまで楽勝の連続だったため、一度も馬群に揉まれたことがなかったが、
今回の競馬ではインの苦しいポジションから力強く抜け出した。

わずかクビ差とはいえしっかり勝つところが非凡だ。

550kgの雄大な馬格、高い性能、精神面の強さ。

どれを取っても素晴らしく、
最優秀ダートホースのタイトルにふさわしい名馬だ。


さて、今週は阪神ジュベナイルフィリーズ(G1・芝1600m)

アパパネ、ホエールキャプチャ、ハープスター、レッツゴードンキ、
メジャーエンブレム、ソウルスターリング、リスグラシュー、
ラッキーライラック、クロノジェネシスと、
過去10年間の連対馬から3歳以降のG1優勝馬が9頭誕生している。

単なる2歳女王決定戦ではなく、
翌年以降にG1を勝てる素質馬が集い、ハイレベルな戦いを繰り広げる出世レースだ。

勝ち馬に関しては、
新しい阪神コースで行われるようになった06年以降、
1~5番人気の馬で占められている。

ここで勝つような大物は、
どんなにキャリアが浅くともそのなかでキラリと光る素質を垣間見せており、
ファンからそれなりの支持を得ている。

誰もが見過ごしてしまうような穴馬が突然勝つことはない


11年以降、ジョワドヴィーヴル(4番人気)、ローブティサージュ(5番人気)、
レッドリヴェール(5番人気)、ショウナンアデラ(5番人気)と
4~5番人気の馬が4連勝。

ジョワドは新馬戦を勝ったばかり、ローブは前哨戦で3馬身差完敗、
レッドは休み明け、ショウナンは関東馬と、
それぞれ本命になりづらい理由があった。

しかし、ここ4年はメジャーエンブレム(1番人気)、ソウルスターリング(1番人気)、
ラッキーライラック(2番人気)、ダノンファンタジー(1番人気)と、
本命またはそれに迫る馬が危なげなく勝っている。


臨戦過程で重要なのは、
(1)重賞または牡馬相手の特別で連対して臨んできた馬。
(2)新馬・未勝利・500万平場なら芝レースで単勝1倍台の断然人気で勝った馬。



今年、これに該当するのは以下の6頭。

・ウーマンズハート(新潟2歳S-1着)
・クラヴァシュドール(サウジアラビアロイヤルC-2着)
・クリスティ(アイビーS-2着)
・リアアメリア(アルテミスS-1着)
・レシステンシア(ファンタジーS-1着)
・ロータスランド(もみじS-2着)



阪神芝1600mにおける2歳戦の種牡馬成績を連対率順に並べてみた
(2010年以降、最少レース機会数20、現2歳世代に産駒がいる種牡馬のみ対象)。

1位ディープインパクト35.3%
2位ロードカナロア32.3%
3位ハーツクライ22.2%
4位ジャングルポケット21.4%
5位オルフェーヴル20.8%

1位ディープインパクト(リアアメリア、ヴィースバーデン)、
2位ロードカナロア(ボンボヤージ、メデタシメデタシ、ヤマカツマーメイド)、
3位ハーツクライ(ウーマンズハート、クラヴァシュドール)は産駒が登録している。
シルバー会員登録へ

このコラムを書いた予想家

栗山求
日本を代表する血統評論家のひとりとして様々な雑誌に寄稿するほか、
テレビやイベントなどへの出演もこなす。

緻密な配合分析に定評があり、とくに2、3歳戦ではその分析をもとにした予想で無類の強さを発揮している。

また「POGの達人」「競馬王のPOG本」といったPOG関連本の常連執筆者でもある。 得意な予想スタイル:馬単・三連単

競馬スピリッツなら
栗山求の予想が完全無料で見られる!

日本を代表する血統評論家のひとり、栗山求。
緻密な血統の配合分析は定評があり、特に2・3歳戦には強く、
その分析力を生かした予想で的中レース量産中!
配合分析に加え、独自のデータ分析も用いた栗山氏の洞察力を
あなたの競馬に生かす事も可能!
他の人には絶対にマネの出来ない、血統を軸とした競馬予想が完全無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2017年現在9,653,300円
2019年現在10,369,310円
2018年現在16,868,400円

12/14(土)は中山11R ターコイズS(G3)
12/15(日)は阪神11R 朝日杯フューチュリティS(G1)
の予想を無料でお届けします!