プロの専門家があなたのお手伝いをします!
血統から囁かれる一つの答え。配合分析好きは必見! 栗山求コラム「血統の裏庭」

2017-05-17 ​オークス(G1)血統的考察

​ 先週のヴィクトリアマイル(G1)は、
馬群を割って伸びたアドマイヤリード(6番人気)が快勝。

雨の影響が残る稍重のコンディションで、
馬場の内外で乾き方にムラがあったので、
コース取りの影響も意外に大きかったと思われる。

3歳時に桜花賞(G1)5着などの成績があった馬で、
ここにきて本格化したのはステイゴールドの晩成傾向によるものだろう。

今回は大荒れだったが、4歳馬が1〜3着を占めたように、
牝馬路線も少しずつ世代交代の波がやってきているのかもしれない。



さて、今週はオークス(G1・芝2400m)



【レーヌミノル】

桜花賞馬レーヌミノルは距離不安を囁かれ、人気が上がってこない。

「ダイワメジャー×タイキシャトル×ロイヤルスキー×テスコボーイ」という
仕上がりの早いスピード血統で、
ヘイロー3×4という素軽いクロスを持っている。

常識的には2400mは長いだろう。

ただ、桜花賞(G1)を勝っただけでなく、

昨年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)でも3着となっているように、
能力水準のきわめて高い馬。

3歳春の牝馬クラシック路線は、距離適性よりも個体の能力がモノをいい、
距離的に多少の不安があったとしても、
能力の高さでこなしてしまうことは少なくない。


距離が800m延びたとしても、
まったく勝負にならないということはないだろう。

とはいえ、
今年のオークスは2400m向きの馬が揃っているだけに楽観はできない。



【リスグラシュー】

桜花賞2着馬リスグラシューは、430kg台の小柄な馬体ながら、
ハイレベルな重賞を使われ続けて馬券圏内を外したことがない。

この安定感は信頼性が高い。

父ハーツクライは
「サンデーサイレンス×トニービン」という上品な芝血統で、
スタミナ色が強いため、中長距離の成績が優れている。

成功した産駒はアメリカのスピード血統を抱えているケースが多い。
父がスタミナタイプなので母にスタミナタイプを持ってくると
スピードが不足したり晩成傾向が強まるからだろう。

母リリサイドは
日本の桜花賞にあたる仏1000ギニー(G1・芝1600m)で1位入線しながら
6着降着となった馬。

マイル前後のレースに適性があったものの、
「アメリカンポスト×ミラーズメイト」という配合は
完全にスタミナタイプ。

娘のリスグラシューはこれまでマイル前後で強さを発揮してきたが、
2400mならさらに強い可能性が高い。



【ソウルスターリング】

桜花賞で3着に敗れたソウルスターリング

昨年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)で
ライバルと目されたリスグラシューを破って2歳牝馬チャンピオンとなり、
休み明け初戦のチューリップ賞(G3)も2馬身差で完勝と、
桜花賞で断然人気を集めたのも当然の成り行きだったが、
意外にも渋った馬場に苦戦してしまった。

父フランケルは、
英愛リーディングサイアー8回の大種牡馬ガリレオの最高傑作で、
現役時代はイギリスのマイル路線を中心に走って14戦全勝。

ワールドサラブレッドランキングでは
史上最高の「140」というレーティングを獲得している。

現3歳の初年度産駒からヨーロッパで6頭の重賞勝ち馬
(クイーンカインドリー、クンコ、エミネント、フェアエヴァ、
フランクース、トゥリフォー)が出ている。

来月行われる英ダービー(G1・芝12f10yds)の前売りオッズ(ウィリアムヒル社)では、
産駒のクラックスマンが3番人気、エミネントが4番人気となっている。

フランケル自身は8〜10ハロンを中心に使われ続けたが、
これは多分に行きたる気性によるところが大きく、
全弟のノーブルミッションはサンクルー大賞(仏G1・芝2400m)を勝つなど、
10〜12ハロンが守備範囲だった。

気性的にカリカリするものでない限り、
距離面に関して神経質になる必要はないだろう。

母スタセリタは
仏オークス(G1)、ヴェルメイユ賞(G1)、フラワーボウル招待S(米G1)など
フランスとアメリカで6つのG1を制した名牝。

父フランケルが「ガリレオ×デインヒル」という
ノーザンダンサー系の主流血統同士の組み合わせなので、
母方のモンズンが異系色の強いドイツ血統であることは好感が持てる。

世界のどこでも通用する超一流の血統だ。

娘のソウルスターリングはトビが大きいので
東京コースに替わることは問題なく、
距離延長にも対応できるだろう。


良馬場ならラストまでしっかり脚を使えるはずだ。



【アドマイヤミヤビ】

桜花賞で12着と惨敗したアドマイヤミヤビ

道悪に加えて、
クイーンC(G3)から直行したローテーションも微妙に応えたのかもしれない。

東京コースは2戦2勝。

昨年秋の百日草特別(2歳500万下)でカデナ(弥生賞)、
アウトライアーズ(スプリングS−2着)を、
クイーンCではアエロリット(NHKマイルC)、レーヌミノル(桜花賞)を破っている。

母レディスキッパーは未勝利馬だが、
繁殖成績は優秀で、すでにグランアルマダ(準OP)を出している。

3代母ウインドインハーヘアはディープインパクトの母。

今年の3歳世代は
ウインドインハーヘアの牝系から誕生した活躍馬が目立っており、
アドマイヤミヤビのほかにレイデオロ(ホープフルS)、
プラチナヴォイス(スプリングS−3着)などがいる。

これまでハーツクライ産駒は「母の父クロフネ」はあまり走っておらず、
ダンジグはOKだがその息子デインヒルは微妙、といった傾向があった。

母レディスキッパーの能力の高さはもちろんだが、
ウインドインハーヘア牝系が素晴らしい活力を伝えているということだろう。

桜花賞惨敗のダメージがなければ当然巻き返してくる。



今年のオークス登録馬を見ると、
ディープインパクト産駒がわずか2頭に対し、ハーツクライ産駒が6頭、
ハービンジャー産駒が5頭と、この両馬の産駒が目立っている。

★ハーツクライ
・アドマイヤミヤビ
・ハローユニコーン
・ホウオウパフューム
・マナローラ
・リスグラシュー
・レッドコルディス

★ハービンジャー
・アドマイヤローザ
・ディアドラ
・モズカッチャン
・モーヴサファイア
・ヤマカツグレース


東京芝2400mでハーツクライ産駒は連対率22.0%、
ハービンジャー産駒は19.6%という成績。

勝率では10.6%と15.2%で後者が上回っている。

両者ともこのコースでは優れた実績を挙げているといえるだろう。

ハーツクライはすでにワンアンドオンリー(ダービー)、
ヌーヴォレコルト(オークス)と、
このコースで2頭のクラシックホースを出している。

これらは母方にダンジグとミスタープロスペクターを併せ持っていた。

今年のハーツクライ産駒の登録馬6頭のなかで、
このパターンに当てはまるのはレッドコルディスのみ。

抽選対象(6分の1)なので出走できるかどうか見守りたい。



調教の動きや枠順などを総合的に判断し、週末に最終結論を出したい。

このコラムを書いた予想家

栗山求
日本を代表する血統評論家のひとりとして様々な雑誌に寄稿するほか、
テレビやイベントなどへの出演もこなす。

緻密な配合分析に定評があり、とくに2、3歳戦ではその分析をもとにした予想で無類の強さを発揮している。

また「POGの達人」「競馬王のPOG本」といったPOG関連本の常連執筆者でもある。 得意な予想スタイル:馬単・三連単

競馬スピリッツなら
栗山求の予想が完全無料で見られる!

日本を代表する血統評論家のひとり、栗山求。
緻密な血統の配合分析は定評があり、特に2・3歳戦には強く、
その分析力を生かした予想で的中レース量産中!
配合分析に加え、独自のデータ分析も用いた栗山氏の洞察力を
あなたの競馬に生かす事も可能!
他の人には絶対にマネの出来ない、血統を軸とした競馬予想が完全無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2017年現在7,193,800円
2016年現在12,317,300円
2015年現在14,397,000円

9月16日(土) 阪神11R
【江戸川】獲得金:33,000円

合計:33,000円

9/23(土)は中山11R セプテンバーステークス
9/24(日)は中山11R オールカマー(G2)
の予想を無料でお届けします!