プロの専門家があなたのお手伝いをします!
血統から囁かれる一つの答え。配合分析好きは必見! 栗山求コラム「血統の裏庭」

2018-08-01 ​小倉記念(G3)血統的考察

​ 先週のアイビスサマーダッシュ(G3)
○ダイメイプリンセス(1番人気)が力の違いを見せて優勝。

◎ラブカンプー(2番人気)以下を子供扱いする楽勝だった。

これが重賞初制覇。新潟直線1000mの戦績は3戦全勝となった。


さて、今週は小倉記念(G3・芝2000m)

小回りコースで行われるハンデ重賞だけあって、
基本的に堅く収まるレースではない。

過去10年間で1、2番人気、1、3番人気で決まったことが一度ずつあるものの、
それ以外は中荒れ~大荒れで決着している。

連対馬は平均「5.1番人気」と荒れている。

休み明けでの連対が目立ち、
過去5年間の連対馬10頭中6頭が6、7月の出走がなく、
3~5月以来の出走だった。

冬場と違って夏場は汗をかきやすく、
休み明けであっても身体を作りやすい。

また、猛暑のなか連戦している馬よりもフレッシュな状態で臨める。

したがって、2~3ヵ月の休み明けはハンディキャップにはならず、
むしろ買い材料となる。

使い詰めで頭打ちになった馬が、
休養を挟んでリフレッシュされ、
好調を取り戻すというパターンが穴となる。

今年は例年以上の猛暑なので
連戦している馬は目に見えない疲れが蓄積している可能性がある。


今年の出走予定メンバーのなかで、前走が3~5月だった馬は以下のとおり。

・サトノクロニクル
・サンマルティン
・ストーンウェア
・マウントゴールド


この4頭は侮れない。


小倉芝2000mで好成績を残している種牡馬は、
ディープインパクト、ハーツクライ、ハービンジャー。

2010年以降、当コースで20走以上した種牡馬を連対率順に並べると、
これがベスト3となる。

ただ、今年の登録馬にディープインパクト産駒はいない。


ハーツクライ産駒は連対率24.7%。

13年にメイショウナルトが優勝し、14年に同馬が3着となっている。

今年はサトノクロニクルが出走する。
シルバー会員登録へ

このコラムを書いた予想家

栗山求
日本を代表する血統評論家のひとりとして様々な雑誌に寄稿するほか、
テレビやイベントなどへの出演もこなす。

緻密な配合分析に定評があり、とくに2、3歳戦ではその分析をもとにした予想で無類の強さを発揮している。

また「POGの達人」「競馬王のPOG本」といったPOG関連本の常連執筆者でもある。 得意な予想スタイル:馬単・三連単

競馬スピリッツなら
栗山求の予想が完全無料で見られる!

日本を代表する血統評論家のひとり、栗山求。
緻密な血統の配合分析は定評があり、特に2・3歳戦には強く、
その分析力を生かした予想で的中レース量産中!
配合分析に加え、独自のデータ分析も用いた栗山氏の洞察力を
あなたの競馬に生かす事も可能!
他の人には絶対にマネの出来ない、血統を軸とした競馬予想が完全無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2019年現在1,681,300円
2017年現在9,653,300円
2018年現在16,868,400円

4月21日(日) 京都11R
【江戸川】獲得金:12,500円
【五十嵐】獲得金:13,000円
【中須】獲得金:18,000円

合計:43,500円

4月20日(土) 福島11R
【栗山】獲得金:66,700円
【五十嵐】獲得金:66,700円
【中須】獲得金:66,700円

合計:200,100円

4/27(土)は東京11R 青葉賞(G2)
4/28(日)は京都11R 天皇賞・春(G1)
の予想を無料でお届けします!