プロの専門家があなたのお手伝いをします!
血統から囁かれる一つの答え。配合分析好きは必見! 栗山求コラム「血統の裏庭」

2019-03-06 ​フィリーズレビュー(G2)血統的考察

​ 先週の弥生賞(G2)は、
中団の外を追走したメイショウテンゲン(8番人気)が大外を突き抜けて快勝。

初勝利まで4戦を要し、
前走はきさらぎ賞(G3)で5着に敗れており、
今回は10頭立ての8番人気。

まだここで通用する力はないのでは、という評価だったが、
道悪と展開に助けられた部分が大きかった。

母は牡馬相手にG2を勝った活躍馬。

本番、再度雨が降ればおもしろい。

ただ、本格化するのは古馬になってからだろう。


さて、今週はフィリーズレビュー(G2・芝1400m)。

新コースで行われるようになった07年以降、
連対馬24頭のうち11頭が6番人気以下だった。

1400mという微妙な距離で、
前走と間隔があいている馬が多く、
出走メンバーの力量も拮抗気味。

荒れる要素がふんだんにあるレースだ。

昨年も8番人気リバティハイツが勝った。

平穏には収まりづらいので人気薄にも注意を払いたい。


相性がいいのは、
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)から直行してきた組。

同レースでに5着以内だった馬は9頭中5頭が3着以内を確保し、うち4頭が連対している。
信頼性が高い。

今年のメンバーのなかに該当馬はいないが、
14着のラブミーファインが登録している。

いずれも二桁着順だが、
過去に10着以下から臨んだワンカラット、
レディルージュ、ニホンピロアンバーが3着以内に入っているので、
凡走した馬を機械的に切るのは危険。

この3頭の共通点は、のちにいずれもスプリント路線に進んだということ。

マイル戦は距離が長く惨敗した馬が、
1ハロンの距離短縮で見違えるように好走するというのが穴のパターンだ。

ラブミーファイン
函館2歳S(G3)でハナ差2着、
ファンタジーS(G3)4着という成績があるので
1600→1400mの距離短縮は吉と出そうだ。

前走が新馬・未勝利戦だった馬は15頭走って1頭も馬券に絡んでいない。

前走が500万下の平場戦だった馬も41頭走ってわずか2勝しかしていないが、
その2頭は16年ソルヴェイグ(8番人気)、
18年のリバティハイツ(8番人気)で、
昨年の3着馬デルニエオール(5番人気)もこれに当てはまる馬だった。

以前と傾向が変わってきたのかもしれない。


紅梅S(OP)組は
過去9頭出走してすべて馬券圏外。

昨年1番人気に推されたモルトアレグロは10着と大敗した。

逆に、若菜賞(500万下)組は3頭出走して2頭が2着となっている。

今年はエイティーンガールが出走を予定している。

侮れない1頭だろう。
シルバー会員登録へ

このコラムを書いた予想家

栗山求
日本を代表する血統評論家のひとりとして様々な雑誌に寄稿するほか、
テレビやイベントなどへの出演もこなす。

緻密な配合分析に定評があり、とくに2、3歳戦ではその分析をもとにした予想で無類の強さを発揮している。

また「POGの達人」「競馬王のPOG本」といったPOG関連本の常連執筆者でもある。 得意な予想スタイル:馬単・三連単

競馬スピリッツなら
栗山求の予想が完全無料で見られる!

日本を代表する血統評論家のひとり、栗山求。
緻密な血統の配合分析は定評があり、特に2・3歳戦には強く、
その分析力を生かした予想で的中レース量産中!
配合分析に加え、独自のデータ分析も用いた栗山氏の洞察力を
あなたの競馬に生かす事も可能!
他の人には絶対にマネの出来ない、血統を軸とした競馬予想が完全無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2019年現在5,740,510円
2017年現在9,653,300円
2018年現在16,868,400円

8月18日(日) 札幌11R
【栗山】獲得金:101,500円

合計:101,500円

8月17日(土) 新潟11R
【江戸川】獲得金:15,000円

合計:15,000円

8/24(土)は札幌11R WASJ第2戦
8/25(日)は新潟11R 新潟2歳S(G3)
の予想を無料でお届けします!