プロの専門家があなたのお手伝いをします!
血統から囁かれる一つの答え。配合分析好きは必見! 栗山求コラム「血統の裏庭」

2019-05-01 ​​NHKマイルC(G1)血統的考察

​ 先週の天皇賞・春(G1)は、
4コーナーで先頭に並びかけた◎フィエールマン(1番人気)が
△グローリーヴェイズ(6番人気)との一騎打ちを制し、
菊花賞に次ぐ二つ目のG1を獲得した。

ラスト1000mが58秒5というタフなロングスパート戦。

3着以下を6馬身引き離した1、2着馬は、
スタミナに関して一枚上のものを持っていたといえるだろう。

ディープインパクト産駒は
これまで天皇賞・春を勝ったことがなかったが、
ワンツーフィニッシュを決めた。


さて、今週はNHKマイルC(G1・芝1600m)


G1とはいえ、例年キャリアの浅い馬が出走してくるので、
力関係が定まっているとはいえず、
過去10年間で10番人気以下の伏兵が8頭馬券に絡んでいる。


09年 1着ジョーカプチーノ(10番人気)
   3着グランプリエンゼル(13番人気)
12年 3着クラレント(15番人気)
13年 1着マイネルホウオウ(10番人気)
14年 2着タガノブルグ(17番人気)
   3着キングズオブザサン(12番人気)
16年 3着レインボーライン(12番人気)
17年 2着リエノテソーロ(13番人気)

人気薄だった理由は単純至極、
「前走成績が見劣りするものだったから」。

では、これらが前走どういう成績だったかというと、
前哨戦のニュージランドトロフィー(G2)で
3~7着に敗れていた馬が3頭と最も多い。

ニュージーランドTは本番の東京ではなく中山で行われる。

状態面がイマイチだったり、
レース展開が向かなかったりコース適性が合わなかったりで、
力を出し切れなかった馬が本番で一変する、
というパターンは穴の王道だ。

今年のニュージーランドT3~7着馬で
登録があるのはヴィッテルスバッハ(3着)のみ。

迷ったらヒモに入れておきたい。


クラシック路線から回ってきた強豪は、
マイル路線やスプリント路線を歩んできた馬とは素質が違うのでやはり強い。

16年の優勝馬メジャーエンブレムはG1タイトルを持ち、
桜花賞(G1)から転戦してきた。

桜花賞では断然人気に推されたものの、
スローペースで馬群に包まれてしまい、
馬群をこじ開けて伸びたものの4着。

力を出し切れない不本意な競馬だった。

NHKマイルCでは同じ轍は踏むまいと、
自らペースを作って逃げ切った。

15年の優勝馬クラリティスカイは、
過去10年間でただ1頭皐月賞(G1)で掲示板に載った馬の参戦だった。

朝日杯フューチュリティS(G1)でも3着と、
この時点では相対的に能力が上だった。
シルバー会員登録へ

このコラムを書いた予想家

栗山求
日本を代表する血統評論家のひとりとして様々な雑誌に寄稿するほか、
テレビやイベントなどへの出演もこなす。

緻密な配合分析に定評があり、とくに2、3歳戦ではその分析をもとにした予想で無類の強さを発揮している。

また「POGの達人」「競馬王のPOG本」といったPOG関連本の常連執筆者でもある。 得意な予想スタイル:馬単・三連単

競馬スピリッツなら
栗山求の予想が完全無料で見られる!

日本を代表する血統評論家のひとり、栗山求。
緻密な血統の配合分析は定評があり、特に2・3歳戦には強く、
その分析力を生かした予想で的中レース量産中!
配合分析に加え、独自のデータ分析も用いた栗山氏の洞察力を
あなたの競馬に生かす事も可能!
他の人には絶対にマネの出来ない、血統を軸とした競馬予想が完全無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2019年現在4,507,560円
2017年現在9,653,300円
2018年現在16,868,400円

6月23日(日) 阪神11R
【五十嵐】獲得金:14,560円

合計:14,560円

6月22日(土) 函館11R
【五十嵐】獲得金:46,000円

合計:46,000円

6/29(土)は福島11R テレビユー福島賞
6/30(日)は福島11R ラジオNIKKEI賞(G3)
の予想を無料でお届けします!