プロの専門家があなたのお手伝いをします!
血統から囁かれる一つの答え。配合分析好きは必見! 栗山求コラム「血統の裏庭」

2019-07-03 ​七夕賞(G3)血統的考察

​ 先週のラジオNIKKEI賞(G3)
外をマクって進出した○ブレイキングドーン(3番人気)が大外を突き抜けて優勝。

重馬場の弥生賞(G2)で3着となった実力を見せつけた。

不良馬場を楽々と乗り切ったようにパワーがあり、
その一方で速い脚があるタイプではないので、
良馬場でどれだけのレースができるかが今後の課題となる。

昨年暮れのホープフルS(G1)で5着となった競馬は悪くなかった。

小回りコースで狙いたいタイプだ。


さて、今週は七夕賞(G3・芝2000m)

小回りコース、ハンデ戦。

この2つの条件がそろえば、
どのコースで行われようと平穏に収まることほ想定しづらい。

七夕賞の場合、雨が多い時季に行われるので、
馬場コンディションという不確定要素も加わる。

79年から04年まで「1番人気馬26連敗」という不滅の金字塔を打ち立てたレースだ。

昨年は11番人気のメドウラークが勝ち、12番人気のパワーポケットが3着となったので、
3連単は256万3330円という大波乱だった。

15年も100万6440円という大穴が出ている。

過去5年間で3連単の配当が最も安かったのが17年の2万1540円。

これはと思う人気薄を見つけたら思い切って勝負してみたい。


以前はニジンスキーを持つ馬が大活躍したレースだったが、
時代は変わり、最近はロベルトとダンジグを持つ馬が強い。

過去2年間の連対馬4頭中3頭はロベルトを持っている。

同じく4頭中3頭はダンジグを持っている。


今年、ロベルトとダンジグを併せ持つ馬は、
ゴールドサーベラス、ストロングタイタン、
タニノフランケル、ブラックスピネル
の4頭。

迷ったら買い目に入れたいところ。
シルバー会員登録へ

このコラムを書いた予想家

栗山求
日本を代表する血統評論家のひとりとして様々な雑誌に寄稿するほか、
テレビやイベントなどへの出演もこなす。

緻密な配合分析に定評があり、とくに2、3歳戦ではその分析をもとにした予想で無類の強さを発揮している。

また「POGの達人」「競馬王のPOG本」といったPOG関連本の常連執筆者でもある。 得意な予想スタイル:馬単・三連単

競馬スピリッツなら
栗山求の予想が完全無料で見られる!

日本を代表する血統評論家のひとり、栗山求。
緻密な血統の配合分析は定評があり、特に2・3歳戦には強く、
その分析力を生かした予想で的中レース量産中!
配合分析に加え、独自のデータ分析も用いた栗山氏の洞察力を
あなたの競馬に生かす事も可能!
他の人には絶対にマネの出来ない、血統を軸とした競馬予想が完全無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2019年現在8,602,710円
2017年現在9,653,300円
2018年現在16,868,400円

10月13日(日) 京都11R
【栗山】獲得金:49,500円

合計:49,500円

10月12日(土) 京都11R
【栗山】獲得金:198,000円
【五十嵐】獲得金:31,000円

合計:229,000円

10/19(土)は東京11R 富士ステークス(G3)
10/20(日)は京都11R 菊花賞(G1)
の予想を無料でお届けします!