プロの専門家があなたのお手伝いをします!
血統から囁かれる一つの答え。配合分析好きは必見! 栗山求コラム「血統の裏庭」

2021-11-03 ​アルゼンチン共和国杯(G2)血統的考察

​ 先週の天皇賞・秋(G1)は、好位を追走した▲エフフォーリア(3番人気)が◎コントレイル(1番人気)の追撃を抑えて快勝。

3着は○グランアレグリア(2番人気)と、三強がワンツースリーを占めた。

前後半60秒5ー57秒4というスローペースで、前につけた馬に有利な流れ。

絶好の2番手を追走したグランアレグリアが伸びきれなかったのは距離によるところが大きいと思われるが、1、2着は位置取りの差で、コントレイルはゲートでバランスを崩してダッシュが鈍く、理想よりも1列下がってしまったのが痛かった。

勝ったエフフォーリアはコントレイルが取りたかった位置取りでレースを進め、先に行く馬を交わして押し切った。

3歳馬がこのメンバー相手に勝つのは並大抵のことではない。

次走、有馬記念(G1)を勝てば年度代表馬の座はほぼ確定的だろう。


さて、今週は
アルゼンチン共和国杯(G2 芝2500m)。

東京芝2400mと2500mは、わずか100mの違いながら、その100mが直線の坂にあたるため、スタミナを要求される度合いが違う。

ゲートが設置される地点はホームストレッチの坂の下。

スタートしてすぐ登り坂となるのでスタミナが必要となる。

東京芝2500mで行われる目黒記念とアルゼンチン共和国杯は、こうしたコース形態であるがゆえに、素軽い中距離血統よりも重厚なスタミナ血統のほうが断然信頼できる。

過去10年間の優勝馬10頭の種牡馬別内訳は、ハーツクライが3頭、ゼンノロブロイが2頭、ステイゴールド、スターリングローズ、スクリーンヒーロー、ルーラーシップ、オルフェーヴルがそれぞれ1頭。

やはりスタミナタイプが優勢だ。


オーソリティは「オルフェーヴル×シンボリクリスエス」という組み合わせ。

このレースを昨年勝っており、連覇を狙う。

母ロザリンドはJRAで未勝利に終わったが、エピファネイア、リオンディーズ、サートゥルナーリアを兄弟に持つ超良血。

つまり、名牝シーザリオの直系の孫にあたる。

「オルフェーヴル×シンボリクリスエス」はソーヴァリアント(セントライト記念-2着)、エスポワール(ターコイズS-2着)と同じ。

また、母方にサドラーズウェルズを持つオルフェーヴル産駒も成功しており、ラッキーライラック、サラス、オセアグレイトといった重賞勝ち馬が出ている。

天皇賞・春(G1)以来のレースとなるが、昨年のこのレースも青葉賞(G2)以来の久々で勝っており、仕上げに抜かりはないだろう。

芝2500m以上の長距離で、なおかつG1以外は、昨年勝ったこのレースと、ダイヤモンドS(G3)2着なので、いずれも連対している。

昨年は3歳馬だったこともあり54kgだったが、今年は57.5kgのトップハンデを背負う。

当レースは実績の乏しい軽ハンデ馬よりも、ハンデを背負った実績馬のほうが走る傾向が見られるので、斤量に関しては大きな懸念材料にはならないと思われる。


アンティシペイトは「ルーラーシップ×ディープインパクト」という組み合わせ。

母アンチュラスはファンタジーS(G3)2着、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)5着などの成績を残した。

イングリッド(4戦3勝)の全姉、ワンダーレディアンエル(CCAオークス-米G1、デムワゼルS-米G2)の半妹にあたる。

「ルーラーシップ×ディープインパクト」は菊花賞馬キズナと同じ組み合わせ。

ノーザンテースト≒ザミンストレル≒ファンフルルーシュ4×5・6が配合を下支えしており、成長力や大物感を感じさせる。

前走のオホーツクS(3勝クラス・芝2000m)は、4コーナーで大外を回って差し切る強い内容。

ルーラーシップ産駒はこのレースで3回走って2回連対(18年ムイトオブリガード2着、19年ムイトオブリガード1着)と相性がいい。

重賞は初挑戦となるがいきなり通用してもおかしくない。


ボスジラは「ディープインパクト×ミスターグリーリー」という組み合わせで、全兄弟にマウントロブソン(スプリングS)、ミヤマザクラ(クイーンC)、ポポカテペトル(菊花賞-3着)がいる。

母ミスパスカリはクロフネの半妹という良血だ。

札幌&函館2600mで[2-2-0-1]と良績を残しているように平坦洋芝の長丁場がベスト。

重賞で4回走っていずれも6着以下に敗れているように、クラスの壁を感じさせる現状ではある。

高速決着よりも少し時計が掛かってほしいタイプ。


マイネルウィルトスは「スクリーンヒーロー×ロージズインメイ」。
シルバー会員登録へ

このコラムを書いた予想家

栗山求
日本を代表する血統評論家のひとりとして様々な雑誌に寄稿するほか、
テレビやイベントなどへの出演もこなす。

緻密な配合分析に定評があり、とくに2、3歳戦ではその分析をもとにした予想で無類の強さを発揮している。

また「POGの達人」「競馬王のPOG本」といったPOG関連本の常連執筆者でもある。 得意な予想スタイル:馬単・三連単

競馬スピリッツなら
栗山求の予想が完全無料で見られる!

日本を代表する血統評論家のひとり、栗山求。
緻密な血統の配合分析は定評があり、特に2・3歳戦には強く、
その分析力を生かした予想で的中レース量産中!
配合分析に加え、独自のデータ分析も用いた栗山氏の洞察力を
あなたの競馬に生かす事も可能!
他の人には絶対にマネの出来ない、血統を軸とした競馬予想が完全無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2019年現在11,142,910円
2020年現在13,511,020円
2021年現在16,081,900円

12月5日(日) 中京11R
【栗山】獲得金:11,000円
【五十嵐】獲得金:33,000円

合計:44,000円

12月4日(土) 中山11R
【江戸川】獲得金:13,400円
【ウマテラス】獲得金:44,200円

合計:57,600円

12/11(土)は中京11R 中日新聞杯(G3)
12/12(日)は阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
の予想を無料でお届けします!