プロの専門家があなたのお手伝いをします!
今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2012-08-07 サマーマイルシリーズ頂点へ、いざ参る!関屋記念!【関屋記念】

ロンドンオリンピック、
連日のメダルラッシュで寝不足の諸兄も多いかと思う。

自分で言うのも何だがミーハー体質なので、
こういった「一大イベント」には非常に影響されやすい。

しかし、そのロンドンオリンピックも開催折り返し。
日曜日の男子マラソンが最後の関心事となるだろうが
自分の体調と相談しながら
日本代表の選手にアツい声援を送りたいと思う。

と、その日曜日には忘れてはいけない関屋記念が行われる。

今年から設立されたサマーマイルシリーズの、第2戦目。
総合優勝馬に3000万円の報奨金が送られる為、
各陣営も例年以上の準備を行っているはずである。

もちろん、そのサマーマイルシリーズ第1戦目を制した
フラガラッハは3000万円の報奨金に
最も近い存在である事は間違い無い。
が、このまま逃げ切れるほど、今のマイル路線は甘くないはずだ。

サマーマイルシリーズは出走した競走馬の成績をポイント化し、
ポイントを多く獲得した馬が総合優勝となる。

つまり対象レース1つ勝ったくらいでは総合優勝は難しく、
如何に対象レースに出走でき、
コンスタントにポイントを獲れるかが、非常に重要になってくる。

ここで問題が一つ。

出走してくる各馬がサマーマイルシリーズについて
どういうスタンスで臨んでいるかだ。

既に1戦目の中京記念で上位に入った馬はここでポイント加算し、
京成杯AHへ駒を進めればシリーズ優勝も見えてくる。
しかしそうなるともう1レース戦わなければならない。
今回の関屋記念で目一杯仕上げられるかどうかが課題だ。

逆に狙ってみたいのが、サマーマイルシリーズよりも、
「秋に向けて賞金加算したい」
「重賞で好成績を残して繁殖価値を上げたい」
という陣営の方が今回は馬券的には面白いのではないだろうか。

いずれにせよ、
混戦の関屋記念は競馬場とは別の要素からの研究も
必要なレースとなるだろう。

中でも初の重賞制覇のビッグチャンスで、
ここを勝てばサマーマイルシリーズで単独首位となる
トライアンフマーチは気合が入っている1頭だ。

母は快速でならした桜花賞馬キョウエイマーチ。
父は未だ後継種牡馬を出せていない」スペシャルウィーク。
関係者ならば、なんとかしたい1頭だろう。
既に母キョウエイマーチはこの世におらず、
トライアンフマーチ自身も体質的な部分で、
G1での実績もあるもののここまで順調に来られたとは言い切れない。

しかし、近走の走りは信頼が出来る内容。
はっきり言って今回はタイトル奪取の好機だろう。
最も期待値の高い1頭だ。

それにサマーマイルシリーズチャンピオンを狙える位置にいる、
ミッキードリームもチャンス十分だろう。

暑い時期に強く、昨年は暑い時期に3連勝し、
G3まで制覇している。
毎日王冠で3着の実績もあるし、左回りは得意。
前走は大外を回らざるを得ない展開になってしまったが、
しっかり踏ん張っており、
トライアンフマーチとも差の無い競馬もしている。

個人的には1800‐2000mくらいが良さそうに見えるが
乗り手の和田騎手はマイル適性を高く評価している。
それに今回のメンバーならば、地力上位は明白だし、
仮に馬場が渋るようなことがあってもパワーもあるので、
こなせそうな勢い。
軽視は出来ない。

軽視できないと言えば、
左回りで実績のあるシルクアーネストもそうだろう。
終いの脚は確実だし、能力は重賞級であることは明白。
密かにサマーマイルシリーズにも
色気を見せているという情報もあり、
ここはフラガラッハを抜く為にも
確実にポイントを稼いでおきたいところ。

それに前走NST賞でシルクアーネスト同様、
凄まじい末脚を披露したアスカトップレディも勝負気配十分だ。

しかし、過剰人気になる要素は無い。
乗り役で想定されている大庭騎手に
不安を覚える人が多いというのが理由の一つだろう。

しかし、この大庭騎手を配した人選は
陣営が最も勝負に来ている証拠だと見える。
これは個人的に仕入れた情報だが、

___SILVER___

アスカトップレディの須貝師は実に熱心な勉強家で、
きっちりと目標を決めて馬主と相談する調教師で、
同馬のオーナーとはアスカクリチャンで七夕賞を制している。

前走で騎乗した内田博騎手がドナウブルーを選択、
主戦の騎手は全て小倉か札幌。
新潟にいる騎手でも
大庭騎手(今年3勝)よりランキング上位にいる騎手はたくさんいるが、
彼を配したのは、
昨年の府中牝馬Sの結果が大きく作用しているのではないだろうか。

昨年の府中牝馬Sは11番人気ながら
イタリアンレッドやフミノイマージンと同じ斤量を背負っての4着。
その時の乗り役は大庭騎手でそれ以降、コンビを組んでいない。
アスカトップレディは関西で
大庭騎手は関東という事もあるだろうが、
秘策があると見ていいのではないか。

それに同じ牝馬のドナウブルーもマイル適性上位。

妹は言わずと知れた
アパパネ以来の牝馬3冠の期待がかかるジェンティルドンナ。
もちろん、ドナウブルー自身も素質は高く評価されていたので、
7番人気の低評価で
ヴィクトリアマイル2着になった時も驚きは個人的に無かった。
それにマイルはベストな距離。

事前予測では1番人気と想定しているマスコミも多く、
馬券考察をする上でも目が離せない1頭だ。

しかし、このレース近年は牝馬に元気がない。
ドナウブルーもアスカトップレディも苦戦を強いられそうだ。

それに馬券的に面白そうだと注目していたマイネイサベルも、
出走決定順では補欠1番手。
出られるかどうか微妙なラインだ。

「ここを目標に放牧。休み明けは苦にしない。
男馬相手と言っても超一流馬がいるわけじゃないから」
と強気な陣営もゲートイン出来なければ意味がない。

「夏は牝馬」の格言通りにいかないのも、競馬の面白さか。

金メダルを目標にしていても、
オリンピックに出られなければ意味がない。

今週の関屋記念は
サマーマイルシリーズの頂点(金メダル)を目指す
各馬にとっても非常に重要なレース。

4年に1度とは言わないが、
競走馬にとっては一生に一度の栄誉になる可能性も高い。

出走する各馬の熱戦を見守り、
その熱いドラマを目に焼き付けようと思う。


このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2019年現在5,740,510円
2017年現在9,653,300円
2018年現在16,868,400円

8月18日(日) 札幌11R
【栗山】獲得金:101,500円

合計:101,500円

8月17日(土) 新潟11R
【江戸川】獲得金:15,000円

合計:15,000円