プロの専門家があなたのお手伝いをします!
今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2013-12-10 ベルカントはミカサ・アッカーマンになれるか?−朝日杯FS−

JRAとコラボしている今、話題の作品「進撃の巨人」

累計販売部数が2800万部を超えている作品ですが、
その作品の10話(全部で何話あるか知らない)まで見た
浅い知識で今週のレース考察を書きます。

週末の朝日杯FSのキーポイントは
牝馬ながらに朝日杯に参戦してくるベルカントをど扱うかでしょう。

牝馬が阪神JFで牡馬が朝日杯FSに進むのが常道ですが、
今回のベルカントは牝馬ながら、朝日杯に参戦。

参戦の理由は様々ですが、

1、逃げ馬なので阪神マイルより中山マイルの方が勝つ可能性が高い
2、平地G1全勝の記録がかかる武さんへのマエコウさんによる援護射撃

参戦の理由として可能性が高いのはこの2つ。

しかし84年以降、牝馬の参戦は8頭ありましたが
89年のサクラサエズリの2着が過去最高。

その時も逃げ粘っての2着なので、
ベルカントが勝つ可能性も無いわけではありません。
しかも逃げの名手・武さん。

もしかしたら・・・という思いも無いわけではありませんが、
勝ち切るとなると相当の実力が必要でしょう。

それこそ「進撃の巨人」に出てくる
ヒロインのミカサ・アッカーマンくらいの実力が無いと無理。

男女混成の第104期訓練兵団を首席で卒業して、
「1人で100人の平凡な兵士に匹敵する」くらいの実力がないと無理でしょう。
(いまだかつてアニメのヒロインで腹筋割れてる娘がいただろうか?)

逃げ馬や先行馬も多いし、枠順の有利不利が大きい中山マイル。
慎重に扱わざるを得ません。

じゃあ、誰なら巨人を駆逐できるんだ・・・
じゃなくて、どの馬なら
「朝日杯FSを勝ち切れるんだ?」という話に行きつくわけですが、

その可能性があるのは2頭。

まず最初に思い浮かんだのは、
マイネル軍団の岡田総帥が惚れ込んだプレイアンドリアル

門別から川崎に移籍し、狙うは中央G1のタイトル。
言うなれば「ポスト・コスモバルク」的な存在。

芝や高速馬場への適性が疑問視された東スポ杯2歳Sで
レコード勝ちしたイスラボニータとタイム差なしの2着(クビ差)。

上がり3Fではプレイアンドリアルが勝っていたので、
馬場への適性は問題ないはず。

安い馬でも走る馬を見つける岡田総帥の相馬眼は信用できるので、
(むしろ安い馬の方が確度が高い気も・・・)

世代最上位と見ているトーセンスターダムやバンドワゴンのいない
朝日杯FSなら十分に勝ち切れる可能性ありです。

内枠を引いた場合、完全無視はできない状況ですね。

それにもう1頭の候補がアトム。

デイリー杯2歳Sでは阪神JFで2番人気の評価を受けた
超大型巨人の和田アキ子・・・じゃなかったホウライアキコの2着。

内容的にはアトムの方が強かったんじゃないかというくらいの走り。
池江厩舎だし、ディープインパクト産駒だし・・・」

人気になる要素はわかりますが、
個人的には「社台の馬じゃないし・・・」という感じ。

特に明確な理由はないんですが、
こういうG1レース前に騒がれる非・社台の馬は
イマイチ信用しづらいのが本音。

そういう意味では
社台の馬で人気の盲点になっている馬から入りたい。

と、いうことは・・・

___SILVER___

社台F産で吉田照哉オーナーの持ち馬ピークトラムはいかがでしょう?

「え?・・・新潟2歳S組じゃないかって?」
「ん?・・・デイリー杯2歳Sでホウライアキコ・アトムに負けてるって?」
「は?・・・チチカステナンゴ産駒じゃないかって?」

これを読んでいるあなたはそう思ったでしょう。

ただ・・・

☆新潟2歳S

ハープスターから頭で買ってえらい目にあった。
江戸川もマーブルカテドラルから勝負して外した。 ←わかる

☆デイリー杯で負けている

最後の切れ味で劣っていたしね。
高速馬場だと厳しいんじゃ?           ←わかる

☆チチカステナンゴ産駒

は?チチカスなめてんの?かわいい顔してるよ?

ということ。

もはや失敗種牡馬の烙印が押されつつあるチチカステナンゴ産駒

今年で2世代目ですが、代表産駒が秋華賞5着の
リボントリコロールが思いつくくらいというのが引っかかる人も多いでしょう。

ただ、今週で中山Aコースは3週目。

比較的タフな馬場になっている可能性が高く
単純なキレ脚だけでは勝負になりづらいのではないでしょうか?

「一瞬のキレ」では確かに劣る部分もあるかもしれませんが、
「長くいい脚」なら十分上位に来れる力はあるはず。

ただ、残念ながら、火曜日段階でピークトラムは除外対象。

ここはもう1頭、狙いに行く馬を上げる必要がありそう。
そこで3戦2勝のウインフルブルームがどうでしょうか?

「母父サクラユタカオーなんてまだいたのか(衝撃)」
という印象でしたが、レースぶりはなかなかのもの。

父スペシャルウィークならタフな馬場もこなせるはず。
母系はスピードタイプだし。

「誰が乗るんだろう?ウインはマイネルの系列だから・・・
松岡?丹内?・・・わ、和田サン??」

中山で和田さん・・・そうか!!

有馬記念のCMはテイエムオペラオーだし、

もしかすると、テイエムオペラオー以来の
中央G1制覇になるかも・・・と、ドキドキでしております。

もしウインフルブルームが勝ったら
一人で「和田サン!!和田サン!!和田サン!!」コールをやろう。

そして馬券が当たったら、進撃の巨人のDVD・・・いや、
ブルーレイで買おうと、ささやかな野望を企てている江戸川でした。


このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2020年現在9,042,700円
2019年現在11,142,910円
2018年現在16,868,400円

10月18日(日) 京都11R
【江戸川】獲得金:37,500円
【五十嵐】獲得金:14,000円

合計:51,500円