プロの専門家があなたのお手伝いをします!
今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2014-09-02 水はけのいいことを願うレース-新潟記念-

新潟は水はけがいい。

こないだの関屋記念の時もそうだったけど、
重たい馬場だと思って競馬をしていたら、

突然馬場が乾き始めて、
比較的軽い馬場を得意とする馬ばかりが好走した。

つまり今週も天気は雨とか曇りとか
怪しい感じになっているけれど、

日曜日にはパンパンの良馬場でレースをするというのも
十分にありそうだ。

いや、ある。あると信じたい。ていうか、そうであってくれ。

なぜなら、江戸川が考えているのは
「とにかく瞬発力が使えるディープ産駒を買う」ということ。

このレースはほどよい先行馬と
穴っぽい差し馬が台頭してくるレースで、
軽量馬もちょくちょく顔を出すので
斤量の軽い馬…とくに牝馬には注意したい。


去年のコスモネモシンも08年のアルコセニョーラも
52キロの牝馬だった。

今年、牝馬は1頭だけサウンドリアーナの登録があるけれど、
おそらくレースには出られない。牝馬に注意する必要はなくなった。

じゃあ斤量の軽い馬に注目しようってことで、特別登録を見ていく。

アスカクリチャン 57.5
クランモンタナ 54
ステラウインド 54
ニューダイナスティ 55
マーティンボロ 56
メイショウナルト 57.5
ユールシンギング 57.5
ラストインパクト 57

このあたりに本命を打とうと思っていたけど、
割とみんなそれなりに背負っている。
JRAのハンデキャッパーはやはり優秀だ。

間違いなく群雄割拠のレースになりそう。

ここ10年のデータを見ていくと、
57.5で馬券になった馬が2頭。

57.5キロで勝ったのは11年のナリタクリスタルだけ。
05年のヴィータローザは3着が最高。
ただし、ヴィータローザは06年に58キロでも3着になっている。
とにかく強いお馬さんは斤量関係なく飛んでくるレースのようだ。

57.5キロででてきた馬は過去6頭。
そこから2頭馬券になっているのだから、信頼度は優秀と言えそう。

アスカクリチャンメイショウナルトユールシンギング
それなりに期待していいってことの様子。

逃げ・先行馬も例年馬券になっている事実を踏まえると、
メイショウナルトは期待して良さそう。しかも乗り役は田辺大先生。
本命視していいかもしれない。


とにかく本命(?)は決まった。

問題は相手。相手と言うか、場合によってはこっちを本命にするかも。
それくらいオイシイ穴馬になりそうなお馬さん。

その馬とは


___SILVER___


ディープインパクト産駒のヴィクトリースターです!

もちろんマーティンボロラストインパクトといった
力のあるディープインパクト産駒がいる事は承知しておりますが、
ヴィクトリースターは前走の七夕賞が初重賞チャレンジ。

その初重賞で上がりは上から2番目を繰り出すなど、
素質の片鱗を見せていますし、33秒台の末脚も持っています。

53キロと斤量が軽い分、他のディープインパクト産駒と違って、
瞬発力を思う存分出しやすいですし、乗り役もエスポジート騎手。

先週も16番人気の馬を2着に持ってきていますから、
気楽に乗れる分、一発狙ってくることでしょう。

実はエックスマークなんかも狙っていますが、
内側に入った方を狙う算段をしています。

とにかく波乱必至のレース。

人気のないディープインパクト産駒で儲かってしまおうと
よからぬ企てをしています。

 

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2019年現在11,142,910円
2021年現在13,019,450円
2020年現在13,511,020円

9月20日(月) 中山11R
【江戸川】獲得金:18,000円

合計:18,000円

9月19日(日) 中京11R
【五十嵐】獲得金:1,171,000円

合計:1,171,000円