プロの専門家があなたのお手伝いをします!
今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2015-04-14 今更ルージュバックの事を思うレース-皐月賞-

桜花賞で圧倒的人気の
ルージュバックが負けた。


単勝1.6倍の評価を受けながら馬群に沈んだ。

今レースを振り返って見ても、
「やっぱりな」としか思わない。
想像通りの結果になった。

ただここで困ってしまう事態が
桜花賞明けの平日に襲ってくるとは思わなかった。

正直、皐月賞の本命はベルーフにするつもりだった。

重賞2勝の実績はもちろん
出走馬の中でもトップクラスにあるし、
新設2歳重賞が乱発された中で、
昔からある伝統の重賞を勝ち上がってきた実績は
特筆すべきモノ。

だからこそ、ルージュバックに負けたことが
汚点であったわけだけど、


そのルージュバックが桜花賞で勝っていれば、
ベルーフを見直す論調も盛り上がったろうに、
あんな負け方をしてしまっては、
ベルーフの評価もダダ下がり。

一見馬券的には美味しくなったように見えても、
それなりに実力がなければ勝ち切ることはできない。


桜花賞のレッツゴードンキだって、
もともと「強い」と目されていたし、
牡馬相手にも結果をだしていた。

トライアル競走のスプリングSでは4着。

終始外を回らされながらの競馬だけに
見直せるかと思ったけれど、
桜花賞を惨敗した馬に負けた男馬なんて
戴冠のチャンスが巡ってくるだろうか?


今はそんなことばかり考えてたり…。
格で言えば、乗り役が絶賛してる
サトノクラウンという
人気を集めそうな馬もいるけど、
サトノ軍団がG1を勝つイメージがわかない。

あれだけ高額馬を買っていながら、
タイトルが無いのだから当然といえば当然だけど、
冠名に「クラウン(=皇帝)」とつけたくらいだから
期待しているのだろう。
要注意だ。


要注意といえば
気になるのがスピリッツミノル。


3歳馬にとって長丁場のすみれSを
逃げ勝ったお馬さん。

前走同様の単騎逃げも怖いし、
何より展開面のカギを握る存在。

枠順は要チェックで。
さらにスプリングSで
2着ながらも評価の落ちないリアルスティールや、
2歳王者のダノンプラチナも、
中山芝への適性は証明済み。

それ故に今の高速化しつつある中山に
対応できれば脅威だ。

もともとベルーフは本命候補だったから、
印は打つけれども、
桜花賞の結果を受けて個人的に
急上昇してきたのが、ブライトエンブレム。


連勝からの大惨敗という戦績は
先週の桜花賞で2着だったクルミナルと一緒。

相手関係で楽なレースで圧勝して、
強い相手とあたって
ペースの違いに戸惑い負けるのはよくあること。
ブライトエンブレムも2走前の朝日杯FSで7着。

人気を集めたのに敗した後、
ペースに慣れた弥生賞では2着と前進。
ペースに慣れた今回はさらに前進もあるかも・・・。

今ならそこまで注目されてないし。
これからも注目しないで欲しいのが本音。
あとは枠順を見て、決断するという段階まで来ています。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2021年現在5,399,000円
2019年現在11,142,910円
2020年現在13,511,020円

5月1日(土) 東京11R
【五十嵐】獲得金:228,700円

合計:228,700円