今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2015-06-30 大波乱を狙うレース-ラジオNIKKEI賞-

過去10年で関東馬が8勝。

震災の影響で中山開催だった11年を除けば、
関東馬が7連勝中。

とにかく関東馬が非常に強いレースだ。

今年もロジチャリスミュゼゴースト
オープンクラスで活躍した実力馬が揃っているし
キャンベルジュニアレアリスタといった
好調・堀厩舎が送り出す無敗馬も控えている。

しかもこの2頭はかなり素質が高いと評判。

それなりに人気も集めそうだ。

ハンデ戦とはいえ、
上位人気もそれなりに信頼できるし、
開幕週ということを合わせて考えれば、
好枠を引いた上位人気関東馬から買えば、
それなりに結果が出そうな気がしないでもない。

ただ関西馬にも気になる馬がいる。

とくにダービートライアルを勝った
アンビシャスはこのレースの中心的存在。

斤量56.5キロも納得。

ただ、他の上位人気関東馬が
軒並み53~54キロでレースに出てくるのだから、
安心して馬券は買えない。

これは昨年の早い段階からコンスタントに
実績を出しているナヴィオンとて同様。

ナヴィオンの背負う56キロは
さすがに上位人気関東馬とのバランスを考えると
手を出しづらい。

能力が高いのはわかっているけど、
それ故に重い斤量を背負わされているわけだから。

そう考えると、
オルフェーヴルの弟のアッシュゴールド
きさらぎ賞やデイリー杯2歳Sの実績が
過大に評価されている感がある。

気性もアテにできず、
全幅の信頼はおけない・・・か。

実際レースで馬券を買う際には
ロジチャリス、ミュゼゴースト、
キャンベルジュニア、レアリスタの中で
内枠から真ん中あたりに入った馬を
軸に据えるのが上策だろう。

ただ・・・
このレースは
過去5年間の三連単平均配当は2600倍を超える。

大波乱も狙ってみたいところ。

その候補に睨んでいるのがマルターズアポジー

ゴスホークケン産駒と超地味な血統ながら、
これまで果敢にハナを奪って逃げるスタイルを貫いてきた。

東京2000mという逃げるには相当な実力を要求される
前走のプリンシパルSこそ完敗したが
小回りコースでは3戦2勝と条件さえ整えば、
大激走の可能性も秘めている。

単騎逃げが見込める今回は
積極的に狙ってみてもいいかな、と
今のところは考えている。

過去のレースを見ても、
前に行った馬は比較的有利なデータを残していることも
合わせて考えれば、
内枠に入ったら要注意かと睨んでいる。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2022年現在1,083,400円
2020年現在13,511,020円
2021年現在16,757,700円

1月22日(土) 中山11R
【江戸川】獲得金:54,000円
【ウマテラス】獲得金:51,300円

合計:105,300円