プロの専門家があなたのお手伝いをします!
今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2013-02-05 少ない点数で賢く的中を狙う週−京都記念−

先週、東京新聞杯を◎○▲の本線で的中。
2年連続の的中となりました。

また今週の京都記念は冬競馬の風物詩とも言えるレースですが、
このレースも昨年は◎○▲の本線で的中。
過去の傾向を見ても、この時期は調子が良い様子。
勝てる時に大きく勝っておきたいので、今週も狙います。

昨年はダークシャドウ、ヒルノダムール、
トレイルブレイザーと最強世代が揃いぶみ。
一個下のオルフェーヴル世代との格の違いを見せつけましたが、
今回は「オルフェーヴル世代」VS「ゴールドシップ世代」の対決となりそうです。

まずオルフェーヴル世代の代表格・ショウナンマイティ
昨年の宝塚記念3着以来ですが、昨年の春にはフェデラリスト・トゥザグローリーと
互角以上の闘いの後、宝塚記念3着は世代屈指の実力の証。
末脚も確実なので京都の差しの馬場は合いそうです。
まず馬券圏内は外さないでしょう。

そうなると、相手が重要になってきます。
ショウナンマイティが大きく負け越すことは無いでしょうから、
点数を絞って馬券を買いたいものです。

恐らく多くの方が相手馬の筆頭に「ゴールドシップ世代」から
名前を上げてくる人が非常に多いのではないかと推測していますが、
その筆頭になるのがジャスタウェイ
ベールドインパクトの2頭ではないでししょうか。

ジャスタウェイは距離適性にやや疑問が残りますが、
相手関係を見ると、騎手がごまかしながら乗っても
なんとかなってしまいそうな気がします。
血統的にも母系は比較的短い距離が良さそうですが、
父方のハーツクライを見る限りでは、
京都記念2200mは十分な適性の範囲内とも見てとれます。

しかし、血統的な背景を言わせてもらえば、
ベールドインパクトの方が信頼度は高いかもしれません。
ディープインパクト産駒で長距離もOKで、
母系もミスタープロスぺクターが入っており、スピードも補完されています。

昨年五月の同コースで行われた京都新聞杯でトーセンホマレボシのレコードに迫る2着。
菊花賞では勝負どころで一気にスパートし、4着に入賞。
前走のディセンバーSでは古馬にも競り勝ち、重賞制覇は争覇圏内。
抑えておくべき1頭でしょう。

またもう1つ忘れてはいけないのは、
「ゴールドシップ世代」といういよりは「ジェンティルドンナ世代」とも言うべき、
ジョワドヴィーヴルの復帰戦でもあるということ。

2011年の年末には
「12年はディープブリランテ・ジョワドヴィーヴルの2頭の年か・・・」などと
思っていましたが、不慮のケガでクラシックは欠場。ようやくここで復帰します。

「無理せず走ってほしい」のが本音ですが、
傑作ぞろいのディープインパクト産駒の中でも、
ジョワドヴィーヴルの走りは傑出して柔らかく、その走りが戻ってきているなら、
53キロで勝負できる今回はチャンスがあるような気がしています。

しかし、いかに2戦2勝でG1を制したとはいえ、骨っぽい古馬が相手では、
もう少し信頼のおける穴馬を探したいところ。

その注目すべき穴馬とは・・・

___SILVER___

武豊騎手に手が戻るトーセンラーに注目してみてはいかがでしょうか?
2年ほど勝ちからは遠ざかっていますが、好走距離の範疇ですし、
2200mという非根幹距離も向いていそうな走り。

デビュー当時、手綱を取っていた武豊騎手が久々にコンビを組みますし、
武豊騎手にとっても、昨年は好騎乗でトレイルブレイザーを勝利に導いたレース。

少頭数で実力馬が後ろから行く馬だからこそ、
安易に逃げ馬(ビートブラック)に信頼を寄せるのではなく、
ペースを判断出来る名手(トーセンラー×武豊)に
期待してもいいのではないでしょうか。

あの天皇賞・春はファンだけでなく、競馬関係者にも
大きなトラウマを与えました。

それゆえに、あのレース以降のビートブラックは過剰人気を繰り返してきました。
今回はあの天皇賞と同じ舞台と言う事で、大波乱の再現を期待しているファンの方も、
多いかと思いますが、2度目を逃げ切れるほど、甘くはありません。
石橋脩騎手も慣れない京都で、そこまで大胆に勝負できるかどうかが、問われます。

ならば信頼を寄せてみたいのが名手の腕。

今週の京都記念は少なめの点数で大きく儲けて、
来週のフェブラリーでガッツリと勝負する
軍資金づくりの週にするのがオススメです。

今週も◎○▲の本線で的中と行きたいところです。


このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2020年現在9,278,700円
2019年現在11,142,910円
2018年現在16,868,400円

10月25日(日) 京都11R
【江戸川】獲得金:11,000円
【栗山】獲得金:20,200円
【五十嵐】獲得金:11,000円

合計:42,200円

10月24日(土) 東京11R
【ウマテラス】獲得金:115,650円

合計:115,650円