本日のメインレースを振り返ります。 レース回顧

2017-04-02 キタサンブラックを信じて大儲けしたレース-大阪杯-

江戸川さんと馬友連中との語らいの中で、
一番焦点になったのが、
「京都記念をどう扱うか」だった。

京都記念といえば、
大阪杯3番人気のサトノクラウン
2番人気のマカヒキが出走していたレースで、
その中での走りをどう評価するかが、
馬券購入の分かれ目となった。


「京都記念はマカヒキにとっては距離が長く馬場も合わなかっただけ。
距離短縮の上、良馬場の今回は見直せる」
と評価した人はマカヒキの馬券を買っていたけど、

「ダービー馬としては不甲斐ない走り、
スマートレイアーあたり交わせないのは致命的」
と、思った少数の江戸川支持派は、
マカヒキ完全無視を決め込んだ。



マカヒキを無印とした江戸川さん。

「ダービー馬に対して失礼」なような気もしたが、
キタサンブラックの前にマカヒキがいる姿が
全く想像できなかったのだから仕方ない。

それ故に、無印でも後悔はなかった。


さらに正直に言うと、
マカヒキ支持派に煽られた訳ではないが、
今回キタサンブラックが負ける絵が思い浮かばなかったので、
普段なら考えられないような金額を投資してレースを迎えた。

いつもの江戸川さんなら
震えながら馬券を買う金額帯だが、今回は自然に買えた。

多分、不安要素が無かったのだろう。


スタートをしてからすぐに隊列は決まる。

マルターズアポジーが逃げ、番手にロードヴァンドール
その後ろ3番手に我らがキタサンブラック
もうここまでは想定通り。

キタサンブラックと同門の
キタサンミカヅキの主戦ぶっしー(武士沢騎手)と、
キタサンラブコールの主戦・太宰騎手が、
武さんや普段お世話になっている北島三郎氏への
「忖度」をしたのかどうかは知らないが、
想定通りのペースで流れている。

キタサンブラックのそばに、
典さんのサクラアンプルールが不気味にマークしていたが、
さすがにG1のペースについていけず、途中で脱落。

この様子を見て、江戸川さんは勝利を確信。

キタサンブラック以外の先行馬には苦しい流れなのだ。

「武さ~ん!!!」と後は最後の直線で絶叫するだけ。

楽に直線で先頭に立って、
後続に詰め寄らせない競馬は完璧だったし、
正直余力を残した勝ち方にも見えた。


「順当、順当」

ステファノス、ヤマカツエースが頑張ってくれたおかげで、
想定以上の諭吉さん達が江戸川さんの手元へ。

あんなに大枚投資して、
想定以上に勝てたのだから嬉しくて仕方ない(笑)

それに馬友連中のマカヒキ支持派は完全沈黙で、
マカヒキ無視を決め込んでいた江戸川さんの快感度はMAXだ。


勝ったキタサンブラックに関しては、
もはや江戸川さんの口から言うことは無いが、
マカヒキは想像以上に不甲斐ない走り。

ヤマカツエースにすら切れ負けしているし、
血統的な成長力を考えると、
今後はマイル路線へシフトするのが無難ではないだろうか。


体型もどんどんマイラーっぽくなっているし。


さて、今週は想定以上に大儲けできたが、
来週の桜花賞も今週と同じような結果を迎えられそう。

なんたって、勝つ馬は
ソウルスターリングってわかっているのだから(笑)


今週の大阪杯同様、相手探しの1戦となるはずだ。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2020年現在8,757,300円
2019年現在11,142,910円
2018年現在16,868,400円

9月21日(月) 中山11R
【ウマテラス】獲得金:20,000円

合計:20,000円

9月26日(土)は中山11R ながつきS
9月27日(日)は混戦模様のオールカマー(G2)の予想を無料でお届けします!