話題の競馬トピックに独自の視点で陽気に笑顔で辛口に切り込む! 江戸川乱舞コラム「Alohaな競馬」
江戸川乱舞のブログへ

2023-09-21 ​留まるところを知らない日本生産馬

​ 本当に留まるところを知らない日本生産馬。

英国G1・セントレジャーで、
ハーツクライ産駒のコンティニュアスが勝利。

別の年次も含めると、

サクソンウォリアー(2000ギニー)、
オーギュストロダン(ダービー)、
コンティニュアス(セントレジャー)

の3頭で、
サンデーサイレンスの孫が
英クラシック三冠を制した事になる。


もっと言うと、
1000ギニーを
ナタゴラ(ディヴァインライト産駒)で、
英オークスを
スノーフォール(ディープインパクト産駒)
で勝っているので、
英国クラシックを孫達を通じて完全制覇している。

10年前・・・いや20年前でも、
このような事態になることが想像できただろうか。

ちなみにこのコンティニュアス、日本産馬である。

生産は
ディープブリランテや
ピンクカメオを産んだパカパカファーム。

母のフラッフはクールモアの所有馬で、
同ファームで預託されていたらしい。

セントレジャーは
英国クラシック路線に置いて、
「菊花賞」に位置するレース。

伝統だけで言えば、英ダービーより古い。

ただ、日本と同様、ここを勝っても
平地競走の種牡馬としては、そこまで
価値があるレースではないようだが、
コンデュイットのように
2400mのG1を勝てれば、
その限りではないらしい。

陣営もローテとしてはタイトだが、
凱旋門賞出走を諦めていないようで、
日本の競馬ファンにとっても
楽しみが増えたと言って良いだろう。

実際、レースを見返してみても、
もっと長い距離はもちろん、
2400mまでは十分対応できそうな感じ。

凱旋門賞までの間隔が短いのなら、
コンデュイットと同じく
ブリーダーズカップターフでも良いし
ジャパンカップに来ても良いレベルだ。

オーギュストロダンと同じく、
コンティニュアスも日本で走るところを見てみたい馬。

来日するようなら歓迎されるはずだ。

ちなみに
ブリーダーズカップターフには、
喉の手術を終えたシャフリヤールが出走を予定している。

前走の札幌記念後に、
「喉頭蓋エントラップメント」
を発症していることが判明し、
その手術を受けていたが、
経過が良好のため、
従前の予定通り、遠征する見込み。

オーギュストロダンも
ブリーダーズカップターフに向かう
可能性があるようなので、
こちらも凱旋門賞と同様楽しみ。

正直言って、
イクイノックスやドウデュース、
もしかしたら三冠を獲った後の
リバティアイランドも出るかもしれない
ジャパンカップで見たかった
思いもあるけど、
シャフリヤール陣営にとっては、
海外の方がチャンスがあると見たかもしれない。

それにしても
本当に世界のビッグレースが
身近になったし、
そこに日本に関係する馬がいることも
当たり前になってきた。

国内のG1レースが希薄化する場面も
今後増えてくるだろうし、
それに伴い、複数タイトルホースでも
繁殖に回れないケースも出てくると思う。

馬産のトレンドも変われば、馬券の傾向も変わる。

今は過渡期、その動向には注視していきたい。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
競馬好きな平凡サラリーマンから、「逆走競馬予想」を引っ提げて競馬評論家の仲間入り。

また競馬予想だけでなくコラムニストとしても活動中で、
競馬スピリッツ上で「競馬はロマン」を地で行くコラムを掲載中!

予想スタンスはまさに常識から対極への「逆走」。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選んでいき、最後に残った馬をまとめ買い。
「全通り買えば当たる」が持論の逆走競馬コラムニスト。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在10,359,500円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

7月20日(土) 福島11R
【五十嵐】獲得金:14,000円

合計:14,000円

7/27(土)は札幌11R STV賞
7/28(日)は新潟7R アイビスサマーダッシュ(G3)
の予想を無料でお届けします!