プロの専門家があなたのお手伝いをします!
今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2013-10-29 地味な馬に派手な騎手で勝負。-アルゼンチン共和国杯-

「地味なG2は?」と聞かれて、
しばらく考えた後、

AJCC、フローラS、オールカマーの
次くらいに出てくるのがアルゼンチン共和国杯。

けっこう地味なレースだと思います。

過去3年の勝ち馬を見ても、
トーセンジョーダン・トレイルブレイザー・ルルーシュと、
骨っぽいがやや地味な印象。

過去の勝ち馬を見ても、地味な名前がズラリ。

そうか今年も地味な馬から狙おう!

そう決めて月曜日のハンデキャップの発表を見てみると、

「完全にこの馬じゃねーか!」
と、思わず叫びたくなるような衝撃の斤量。

「アスカクリチャン 56キロ 戸崎」

なにこのわかりやすい組み合わせ。
明らかに人気になること間違いなし。

完全に戸崎騎手以外、地味。

他は・・・と思って特別登録を見渡しても、

アドマイヤラクティ 57.5
トウカイトリック  57.0
ルルーシュ     57.5
ムスカ大佐     57.5

明らかにアスカクリチャンの
斤量が1キロ程度軽いのは大きなアドバンテージ。

でも、冷静に考えたら2500mの長丁場。

そこまで斤量に左右されるとも思えないのも
正直なところ。

いくらイケドラゴンが48キロで大逃げを炸裂させても、
4コーナーでズルズルいくのは目に見えているし・・・
(そもそも48って誰が乗れるんだろう?)

妙味があるのはデスペラードくらい?
武さんメイショウナルトだし、横山典騎手なら面白そう。

それに地味な馬から狙うのがアルゼンチン共和国杯のテーマ。

過去の傾向をみても、
「地味な馬」+「派手な騎手」が好走パターン。

トウショウナイト+ぶっしー(武士沢騎手)なんていう
コンビもありましたが、

基本戦略は「地味×派手」のコンビを狙う。

そういう意味では

___SILVER___

シゲルササグリと後藤浩輝騎手がいいはず。

たしかにシゲルササグリは
準OPを勝ち上がったばかりで、おまけに重賞初挑戦。

敷居は高そうですが、斤量54キロに加えて、
期待したいのは後藤騎手

後藤騎手といえば、
米倉涼子・上戸彩・剛力彩芽ら
豪華女優陣をかかえるオスカープロモーション所属。

昨年の怪我から復帰して、
今週までハイペースで勝ち星を積み重ねていますが、

いい馬に乗っているのはもちろん、
乗る意識も変わってきているような気がします。

後藤騎手といえば、リハビリをしながら、
東西の競馬中継に積極的に顔を出し、

広報活動に尽力してきましたが、現役ジョッキーが1年間、
外から競馬を見る機会はそうそうあるものではありません。

我々から見れば「外に出せ」「控えろ」と
簡単に思えることでも、
実際に乗っている騎手はそうではないでしょう。

外から競馬を見たことで
レースを客観視できた部分も大きいはず。

一味も二味も違う感じがします。

斤量を背負う馬でも、十分信頼できるレースですが、
一発の魅力を秘める馬にも期待をかけてみたいところです。


このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2020年現在9,042,700円
2019年現在11,142,910円
2018年現在16,868,400円

10月18日(日) 京都11R
【江戸川】獲得金:37,500円
【五十嵐】獲得金:14,000円

合計:51,500円