プロの専門家があなたのお手伝いをします!
今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2012-09-18 今年も黄金配合が目指す、世代の頂点。−神戸新聞杯−

オルフェーヴルが、凱旋門賞の前哨戦フォワ賞を快勝。
エルコンドルパサー以来の勝利で
凱旋門賞に弾みがついたことには間違いありません。
日本競馬史上初の凱旋門賞馬誕生を期待せずにはいられません。

もう一つの注目点と言えば、
オルフェーヴルの血に宿るノーザンテースト・ディクタス・メジロマックイーン、
サンデーサイレンスといった日本競馬でしか通用しない名馬の血が
世界をどこまで驚かすかといった点にも注目してほしいところです。

特に世界のホースマンにとって
メジロマックイーンという馬に「?マーク」がつくことは間違いないと思います。
日本独自の血統ですし、
その血はおそらく日本でしか見る事が出来ない血統だからです。

ステイゴールドとメジロマックイーンの黄金配合に・・・
いえ、日本独自の血統に注目が集まる事を心から願います。

さて、今週日曜日はもう1頭「黄金配合」で注目を集める
ゴールドシップがついに出陣します。

ダービー馬・ディープブリランテや先週セントライト記念を制した
フェノーメノが天皇賞へ出るか、菊花賞へ出るか決めかねている状態ですが、
ゴールドシップはブレる事無く菊花賞へ向かいます。

早い段階で菊花賞向きと言われていただけに、三冠という栄誉を逃した分、
菊花賞にはより一層力が入っているはずです

また彼の生まれは日高の小牧場。
厳しい馬産地の経済状況に一点の光を照らす黄金配合は
世界最大級と言える社台グループ出身のオルフェーヴルとは
少々事情の異なった期待も背負っていると思います。
そんなゴールドシップにも、ジェンティルドンナやフェノーメノが
トライアルレースで他馬を圧倒したようなパフォーマンス並みのことを
期待しているファンも多いことと思います。

しかし、先週までのトライアルレースとは少々、
様子が違うように思います。

1番人気ゴールドシップは疑いようがありませんが、
注目は宝塚記念で古馬勢に混じって奮戦したマウントシャスタです。

NHKマイルCは無念の失格となってしまいましたが、
白百合Sを圧勝し、宝塚記念は5着。
世代トップクラスの実力を示しました。

ハイレベルな古馬勢に対し健闘した点を考慮するならば、
相手が皐月賞馬であろうとも能力にそこまで差はないと思います。

それにマウントシャスタが浮上するなら、忘れてはならないのがヒストリカル
言わずと知れたディープインパクト産駒で兄にカンパニー、
母系にはトーセンジョーダンを抱える良血馬です。

ダービーではいいところが無く18着でしたが、
毎日杯でマウントシャスタを差し切った末脚は脅威ですし、
乗り役も次世代を担う浜中騎手にスイッチ。
陣営も菊花賞へ向けてこれ以上、下手な事は出来ないでしょう。

それに春のクラシックから巻き返しを図っているのは、
ベールドインパクトも同じです。
皐月賞7着・ダービー9着と本番ではもう一歩足りない印象はありますが、
前哨戦では好成績を残す典型的なトライアルホースです。

賞金的には菊花賞に出走できそうな状況。
神戸新聞杯では無く本番で勝つための競馬をここでしてくると思います
軸に据えるのはやや厳しいかもしれません。

それにクラシックには結果的に無縁でしたが、
ラジオNIKKEI賞2着のヤマニンファラオも忘れてはいけない存在です。

ラジオNIKKEI賞善戦組は、なかなか出世する傾向にありませんが、
ゆきやなぎ賞や青葉賞のレースぶりを見れば菊花賞に出ても勝負になると思います。
父はダイワメジャーですが、母父はサドラーズウェルズという欧州の重厚な血統。
阪神の2400mは守備範囲であることに間違いはないはずです

有力馬が多数出ている神戸新聞杯。
勝ち馬を見ても、歴史的名馬を多数輩出するレースで、
メンバー構成を見ても1番人気になるであろうゴールドシップが負ける要素は
あまり見当たらないように見えますが、
3年前にイコピコ(7番人気)が勝ったような大波乱を起こしうる
2頭をピックアップしたいと思います。

___SILVER___

その2頭は
ブレイズアトレイルロードアクレイムだとにらんでいます。

ブレイズアトレイルはデビュー5戦目の2月に未勝利を勝ち上がり
捻挫で半年ほど休養。
しかし復帰戦となった先月の鳥栖特別ではロードハリケーンを凌いで勝利し、
ようやく1000万クラスに昇格した馬ですが、
同じサンデーRのエース格・ワールドエースが脱落したことに加え、
社台系の馬が多数出走するセントライト記念を避けて
神戸新聞杯に矛先を向けてきました。

母方の祖母のファビラスラフィンもマイルから中距離で活躍を見せたG1ホースで、
産駒のギュスターヴクライも
3000mの阪神大賞典でオルフェーヴルを破り、勝利しています
ブレイズアトレイルの父はダイワメジャーですが、
スピードとスタミナが必要とされる阪神2400mは絶好の舞台
岩田騎手を確保してきたあたり、サンデーRのこのレースに対する色気が伺えます。
波乱を起こしそうな気配が漂っています。

それに春は今一歩足りなかった
ロードアクレイムも神戸新聞杯を目標に調整してきた1頭。
長い距離を走る事を想定されながら使われてきた戦績も好印象です。

ラジオNIKKEI賞では出遅れが響いて8着。
今回人気は無いと思いますが、
父ディープインパクトで母のレディパステルは
オークスを始め重賞3勝した超良血馬

血統ならば出走馬の中でもナンバーワンと言っても過言ではありませんし、
オークスを始め牡馬に混じって目黒記念2着になるなど
男勝りな面も見せたレディパステル。

ロードアクレイムも息の長い活躍が出来そうで、
神戸新聞杯も今後に向けての通過点と行きたいところです。

基本的にはゴールドシップがどう勝つか、
マウントシャスタの宝塚記念5着がフロックではないかどうか、
春のクラシック組の巻き返しどこまであるかが焦点となるレースですが、
3連系の馬券を狙う方は
常に人気薄の馬をチェックしておくことが重要だと思います。

穴人気になりそうなメイショウカドマツや
ユウキソルジャーも登録していますが、
こちらの2頭は菊花賞で抑えたい馬です。

今回は様子見が妥当かも知れません。


このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2019年現在8,602,710円
2017年現在9,653,300円
2018年現在16,868,400円

10月13日(日) 京都11R
【栗山】獲得金:49,500円

合計:49,500円

10月12日(土) 京都11R
【栗山】獲得金:198,000円
【五十嵐】獲得金:31,000円

合計:229,000円