プロの専門家があなたのお手伝いをします!
今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2014-05-27 いつかの忘れ物を手にするレース-日本ダービー-

「僕は帰ってきました」

武さんがキズナに跨って歴史的なダービーを勝ってから1年。

あの時は感動で涙が止まらなかった江戸川。

同時に◎がシーザリオの仔・エピファネイアで
「福永祐一、悲願のダービー制覇なるか」とわくわくしてから1年。

エピファネイア-キズナで大勝負をした思い出のダービーから1年か・・・。

(アカン)何もしないままもう1年経ってしまった(汗)

毎年、「これはダービー馬だな」と
1頭の馬を見定めながら1年を過ごしてはいるものの、

今年はバンドワゴンが離脱、
トーセンスターダムも雲行きが怪しいなど、
未だ確固たる本命が定まっていません。


好きだったダンスインザムードの仔・シャドウダンサーに
ダービー出走の期待をかけていたものの、火曜日の状況では出走は厳しそう。

イスラボニータトゥザワールドあたりから入るのが無難かな」と、
思っていましたが、よく考えたら、
あのハープスターに勝るとも劣らないレッドリヴェールも参戦予定。

しかも乗り役は去年ダービーの栄冠を獲り損ねた福永祐一。

「ついにいっくんがダービーを勝ってしまう」という趣旨で考察を書こう・・・
そう思ったけれど、よーく考えればレッドリヴェール
阪神JF→桜花賞に直行したくらい馬体の維持が難しい馬。

これまで少なくとも3ヵ月は
レース間隔を空けながら使ってきたくらい体調維持には慎重なお馬さん。
江戸川の体重を分けてあげたいくらいの気持ち。

そんなお馬さんなので、当日見るまでは怖くて買えないし、
ダービーはそもそも「種馬選定競走」でもあるので、
牝馬が勝つのはやっぱりいかがなものか、という固定観念がいまだにあるわけで。
ウオッカの時も「なんだかなぁ」って思ったくらいですし。

ただ、世代レベルの高くない今年はレッドリヴェールにもチャンスはあります。
馬体がしっかり回復していれば、突き抜けられる素質は十分。
いっくんが去年の忘れ物を獲りに来る公算は高いでしょう。

ただ、注目すべきはダービー週の府中はCコースを使用する点。

先週までBコースを使っていて、差しの利く馬場にもなりかけていましたが、
今週からCコースになることで内枠有利・先行馬天国の馬場に戻る予感。

好位置から競馬のできる
イスラボニータトゥザワールドは有利な馬場でしょう。
ワンアンドオンリーには厳しい馬場になるはずです。

先行馬にも注目したいですが1枠1番に入る馬にも要注意が必要です。
1枠1番の過去のデータを引っ張り出してみると・・・


2013年 キズナ 1着
2012年 スピルバーグ 14着
2011年 ウインバリアシオン 2着
2010年 エイシンフラッシュ 1着
2009年 ロジユニヴァース 1着
2008年 ディープスカイ 1着



スピルバーグ・・・14着?(驚愕)

いや、これは藤沢厩舎のスピルバーグさんを公開処刑するためのデータではなく、
いかにダービーでは内枠が有利かという事の証明。

つまり1枠1番に入った段階でもの凄いアドバンテージ。

もし有力馬がここに入ると・・・

レッドリヴェール → 「ついに福永がダービージョッキー」
イスラボニータ → 「ついに蛯名がダービージョッキー」
トーセンスターダム → 「やっぱり競馬は武豊だな」
トゥザワールド → 「川田、テメー、先週来いよ!この野郎!」


きっとこんなことを考えながら予想する羽目になりそう。


ただ、このレース考察を
「いつかの忘れ物を手にするレース」としたのには理由が。

福永はエピファネイア(13年2着)での忘れ物、
蛯名はフェノーメノ(12年2着)での忘れ物、

今年のダービーで江戸川が見つけてしまった
忘れ物を獲りに来る馬・・・というか、騎手というか。

やっぱり関西馬は無視できないし・・・それは・・・


___SILVER___

テイエムオペラオーの時の忘れ物を獲りに来た
和田サンの乗るウインフルブルームでしょう!!!


もちろん、内枠に入った場合と言う前提条件は付きますが
持ち前の先行力はだけでなく、
スペシャルウィーク産駒というダービー向きのスタミナがある父系に、

母系は社台を基調にしたプリンスリーギフト系の
テスコボーイ→サクラユタカオーという豊かなスピードが内包されています。
何より尾花栗毛の茶髪のイケメンだし。

今年のダービーのプレゼンターも
農業を生業とし、たまに音楽活動も行っているTOKIOの5人。
イケメンにはイケメンをというハンムラビ法典的な予想根拠も心強い。

2400mの適性というよりは距離が少々長くてもそもそも絶対能力が必要なレース。

2年前のディープブリランテもそう、
先行してインで我慢できていれば、どうにか粘り込めてしまうレースです。

昨年のようにレースの途中で
メイケイペガスターが引っかかってペースが崩れたように
神様のイタズラか逃げ宣言をする馬が複数いない限りは、
スローペースになる公算が大。

加えてコースも前が有利になるなら、先行馬から入るのが上策。
勝ち切ってはいませんが、大きく負けていないのも強み。

ハナに立つ格好になった皐月賞でもイスラボニータから0.3秒差に粘り込み。
しかも今回は柴田大知ではなく長距離レースを得意としている和田サン。
つまり花の12期生リレー。

そう和田サンにはテイエムオペラオーで
獲れなかったダービーのタイトルを手にしてほしい。
そう思いながら内枠に入ることを期待します。

そして武さんが跨るトーセンスターダム
コース替わりはプラスに働くでしょうし、
何よりディープインパクト産駒は2年連続優勝中。

今年の中山はタフな馬場であったことを考えれば、
パンパンの良馬場になる公算の高いダービーが御誂え向きの馬場になるはず。


とにかく内枠に入った馬を買うレースでもあり、
「花の12期生にダービーを獲らせたい」と願うレースでもあります。

和田サンには15年前の忘れ物を忘れたままにしないでほしいレースです。



※ ウインフルブルームには柴田大知騎手が騎乗する見通しです。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2020年現在2,671,600円
2019年現在11,142,910円
2018年現在16,868,400円