【年末年始のスケジュールについて】
1月5日(火)金杯週はお休みとなります
予想開始:1月9日(土)発走分から
コラム関連開始:1月12日(火)から
あらかじめご了承ください。
今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2014-08-05 トップハンデの馬よりも天候が気になるレース-小倉記念-

四国が記録的な大雨に見舞われ、
今度はまた大型の台風がやってくるという日本列島。

単なる競馬の予想よりも
天気とにらめっこしながらやる競馬予想は凄く苦手だ。

ただでさえ、意思疎通のできない馬の走る順番を当てるゲームに
命と同等に大切なお金を賭けるという狂気の沙汰をしているのに、
どうなるかわからない要素が入ってくるのは非常に困る。

困り果ててしまう。

人気になりそうな馬は軒並み軽い馬場を得意とするディープインパクト産駒だし、
頼りにしていた逃げ馬のメイショウナルトは57.5というトップハンデ。


難解だ。とにかく難解なレースだ。

普通に考えれば、
ディープインパクト産駒の
サトノノブレスラストインパクトあたりから狙いたいところ。

あと七夕賞で穴をあけたニューダイナスティか、
マーティンボロあたりも人気になりそうだし、
ここから入るのが上策なのは間違いなさそう。

でも、こればっかりは仕方ない。
どうしても台風の行方、九州にかかった雨雲の行方が気になってしまう。

日曜日の小倉が重たい馬場になってしまうんなら、
ディープインパクト産駒なんて割引に次ぐ割引をしなければならない。


それこそデパートのサマーセール並みのお値引になってしまう。
ダコールだってボレアスだって、怪しいディープインパクト産駒だ。

じゃあ何か?今流行りのハーツクライ産駒を狙えばいいってお話なのか?
と転じてみても、

頼みのハーツクライ産駒はメイショウナルト産駒しかいない。

あちゃー、である。八方塞である。

何かいい突破口になるお馬さんがいないか思考を巡らせていると、
面白そうな競馬をする馬を見つけてしまいました。

雨降る小倉の馬場悪化にも対応できて、
小回り適性もあって、前に行ける競馬が出来る穴馬。


これは小倉記念で穴をあけてくれる1頭になると確信してしまった。

そのまさかの1頭とは・・・

___SILVER___

昨年夏に小倉日経OPを逃げ勝ったミキノバンジョーですね。

メイショウナルトも逃げるし、
なんかよくわかんないけど、メモリアルイヤーも出ている。

同型はそろったけれど、それを見ながらレースを出来るし、
何より小回りコースで実績があるのも非常に心強い。
特に夏の小倉はめっぽう得意だ。ハンデも55キロなら許容範囲。

馬の実力的には展開・天候の助けは
必要なくらいの力かも知れないけれど、今回はその両方がありそうな感じ。
まさに今回の小倉記念は絶好機っといった印象だ。

番手につける競馬もできる雨降りもOK。
夏の時期にも強いミキノバンジョーは非常に心強い。

ミキノバンジョーと同じようなタイプの
タムロスカイ・タガノグーフォにも注意したいけど外枠になったら無視、
というトコロまでは決めた


夏競馬だし、サマー2000シリーズだし、
台風来てるし、雨がたくさん降るかもしれないし、

不確定要素の多いレースだけれど、
パンパンの良馬場にならない限りは買っておきたい穴馬達。

穴馬を狙いつつも、心の奥底で
ディープインパクト産駒たちにビクビクするレースだ

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2019年現在11,142,910円
2020年現在13,511,020円
2018年現在16,868,400円