プロの専門家があなたのお手伝いをします!
今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2014-10-14 大事なことを暴露されてしまったレース-秋華賞-

「どうせヌーヴォレコルトなんでしょ」

そんなムードが漂っている。


桜花賞 ハープスター
オークス ヌーヴォレコルト
秋華賞 ヌーヴォレコルト(予定)


こうやって振り返ると、
ヌーヴォレコルトが二冠、ハープスターは一冠で終わることになりそう。


ただ、ハープスターはこれまでのパフォーマンスや
凱旋門賞での成績を考えれば、ヌーヴォレコルトよりも
断然目立ってしまっている。

一般的なイメージはヌーヴォレコルト<<<ハープスターだろう。
記憶のハープスター、記録のヌーヴォレコルトになりそうだ。

そんなわけでハープスターが秋華賞の出走メンバーにいない
今週のレースはヌーヴォレコルト1強なのは間違いない。

ヌーヴォレコルトのライバルも黄色信号が点灯した馬ばかり。

ハープスターを破ったことがあるレッドリヴェールはローズSで謎の敗戦。
馬体も大きくなってない。まるで「成長していない」感が半端ない。

フラワーS勝ち馬のバウンスシャッセも前走の紫苑Sは言い訳のできない敗戦。

ブエナビスタの妹・サングレアルもヌーヴォレコルトと比べると勝負付けがついた感じもする。

未知数なのはレーヴデトワールくらいか。
ただこれまで戦ってきた馬との力関係を見ると格下感は否めない。

フェアリーSを勝ったオメガハートロックも復帰するけれど、レースレベルを考えると素直に相手候補にはならない。
ここで書いた馬はとりあえず、どうするかは保留。

いつも書いているけれど、今年の3歳のレベルは高くない。

牝馬はまずまずだし、ハープスターは別格としても、
春からの勢力図を塗り替えるような馬は出てきていない。

しいて言えば、
ローズS組のタガノエトワールマイネグレヴィルが気になるくらいだけど、
それ以外に食指を動かしたい馬がいない。

ということは、だ。
思考を春までに遡って考えた方がいいのではなかろうか。

春の勢力図からハープスターやフォーエバーモアがいないだけ。
シンプルに考えればいいのだ。


そんなナイスアイディアを思いつき、
競馬スピリッツで毎週コラムを書いている江戸川乱舞という
新進気鋭のイケメンコラムニストのレース考察や回顧を読み返すことにした。

読み返したのは去年の阪神JF、桜花賞、オークスの3レース分。
そこにある共通項があることを発見。


レース回顧を読むだけで、週末の秋華賞を当てられてしまう。
なんて簡単なレースなんだろう。

その共通項は秋華賞に波乱をもたらす1頭に関する記述。
いや、本来なら有力馬として人気を集めてもおかしくなかったはず。

秋華賞でひと波乱を起こすその馬こそ

___SILVER___

阪神JF5着、桜花賞7着、オークス6着のマーブルカテドラル

見返した全てのレースで江戸川さんは
マーブルカテドラルには重たい印を打っていたけど一度も馬券になれず。

<参考>
阪神JF ◎マーブルカテドラル ○ハープスター
桜花賞 ◎ハープスター ○マーブルカテドラル
オークス ◎ハープスター △マーブルカテドラル



如何にこの世代で江戸川はマーブルカテドラルに
重たい印を打ってきたかが一発でわかってしまい、
さらに全てのレースを外して来たかも分かってしまってますが、
人気が落ち切っている今回こそ狙い目。

春は見た目にも状態が悪かったし、
持ち直したクイーンSは強烈なイン突きを披露しようとしたら、
前から垂れてきたオツウが邪魔して進路を塞がれ9着。
手ごたえが抜群だっただけに勿体無い競馬。

先行馬有利のコースだけに前目につけて好位置から粘り込めれば
ヌーヴォレコルト-マーブルカテドラルの馬券でウハウハだ。


そもそも2歳時にアルテミスSを勝っているのだから、
能力が高いことは間違いないし、
ハープスターが名を上げた新潟2歳Sでも先行した馬の中で
唯一掲示板に乗るくらいのしぶとさを見せた。

そしてマーブルカテドラルが走ることに対して確信的な想いに変わったのは
先週のウイニング競馬を見てから。

キャプテン渡辺と植田萌子アナウンサーが社台ファームに取材に行った様子が流れていた。

その番組内で社台ファームの中の人たちが

「春は調子が悪かった」
「秋華賞は自信がある」
「世代3頭目のG1馬はこの馬」

と、マーブルカテドラルを大絶賛。


去年から目を付けていた馬だけに江戸川も嬉しかったし、買い材料が増えた。

社台ファームの中の人からすれば、
競馬ファンではなく一口会員へのリップサービスかもしれないけど、

どんなレースでも堅実に走れるマーブルカテドラルへの評価は確固たるものになった。

「サンキュー、ウイニング競馬」といった心境だ。うしし。

しかし、今、わりと冷静に原稿を書いているけど、
よく考えれば、視聴者の多いウイニング競馬で
「マーブルカテドラル自信あるで!」
という宣伝をされてしまうと、当日人気になるかもしれない。


みんな馬券を買うだろうから、当然だろうし、
日本一の社台ファームの人が言うんだからそれなりの効果もある。


思いのほか配当が安くなってしまうかもしれない、と思い始めた。
いや、なる。(ぷっちん)← 何かが切れた音


そうだ!配当安くなるじゃないか!美味しくないじゃないか!
そういうのはコソっと、教えろよ!大々的にやるんじゃないよ!
最低だな、キャプテン渡辺!


・・・少々、取り乱してしまった。


とにかくマーブルカテドラルは社台ファームの中の人と
同じくらい自信があっただけに大人げないところを見せてしまった。

しかも取材に出かけただけのキャプテン渡辺にも八つ当たりしてしまった。

いつかキャプテン渡辺に会う事があれば、
この事を謝っておこうと心に決めた今週の江戸川さんだ。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2021年現在2,028,000円
2019年現在11,142,910円
2020年現在13,511,020円

2月20日(土) 東京11R
【栗山】獲得金:281,500円

合計:281,500円