今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2015-07-14 高齢穴馬が内枠に入るのを願うレース-函館記念-

函館記念のハンデを見ている。
能力上位とみていたエアソミュールが57.5キロ。

先週の七夕賞を見てもわかるように、
夏競馬とはいえ、実力馬が実力を出せる状態にあれば、
すんなり勝ち切ってしまうのは至極当然のこと。

競走馬にとって暑さは大敵だが、
涼しい北海道・台風の行方次第で
暑さを凌ぎやすい環境になったとすれば、
エアソミュールを素直に信頼してもいいような気がする。

2年前には同じ57.5キロを背負った
トウケイヘイローが勝っているし、
昨年は58キロを背負ったダークシャドウが2着。

重たいハンデを背負う馬は
それなりに信頼できるのがわかる。

しかし軽量馬が無視できないのも事実。

3年前にはイケトップガンは52キロで2着(12人気)、
4年前にはマヤノライジンが53キロで2着(12人気)と
軽量馬や高齢馬にも目を配らせてみたい。

そういう意味では
サイモントルナーレの49キロは脅威だ。

週初めの想定では
デビュー2年目の井上敏樹騎手の名前が上がっている。

2年前に丹頂Sを勝った際には
若手だった横山和騎手を乗せ
早目からまくっていく競馬を見せた
サイモントルナーレだけに、

積極的に乗るように陣営も支持するだろうし、
彼もまた座して死を待つようなタイプでは無いから、
前目前目に行くだろう。

ガンガン攻める騎乗をすれば49キロが生きてくるはず。

過去にも前述の高齢馬は
イケトップガンが8番・マヤノライジンが3番と
内枠の恩恵を十分活かしてきた。

枠順次第では注意しておきたい。

あと避けて通れないのが、
函館記念のステップレースという位置づけの巴賞組。

今年もマイネルミラノ
レッドレイヴンリベルタスと上位組が出走予定。

それなりに人気を集めそうだが、
巴賞を勝ったマイネルミラノは単騎で逃げ、
マイペースに持ち込み、まんまと粘り込んだ。

丹内騎手の好騎乗も光ったが、
展開に恵まれた感は否めない。

むしろその巴賞で外目を終始回らされ、
勝機を逃したレッドレイヴンの方が
チャンスがあるだろう。

距離も伸びるし、
重賞となればタフな流れにもなる。

レッドレイヴンが未だ重賞勝ちがない方が
不思議なのだから、今回は初重賞への絶好機だろう。

56キロで走れるのは好材料だし、
内枠を引けたなら信頼度は急上昇する。

V候補の1頭だろう。

他にも春から間隔をあけて、
このレースに照準を合わしてきた
昨年の覇者・ラブイズブーシェ

気分屋ではあるが
ヴァーゲンザイルも調子がいいなら狙いたい。

こっちは少々アテにならない気性なのが玉に瑕だが。

今週はここまでに出た馬たちの中から、
内枠に入った馬を狙って行きたいところだ。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2022年現在953,100円
2020年現在13,511,020円
2021年現在16,757,700円

1月16日(日) 中京11R
【江戸川】獲得金:15,500円

合計:15,500円