今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2015-08-18 大花火を打ち上げるレース-札幌記念-

ついに札幌記念の週になった。
夏競馬も終盤戦だ。

今年の夏は今ひとつ大きな的中に
巡りあえていないせいで少々焦りもあるが、
堅実に的中を拾っていきたいところ。

凱旋門賞を目指すハープスターとゴールドシップの
一騎打ちという結果に終わった
昨年の札幌記念ほど好メンバーとは言えないけれど、
秋に向けて重要なレースであることは疑いようがない。

そのせいかメンバーをざっと見て思ったのが
「あれ?G3かな?」ということ。

たしかにG1ホースは2頭参戦しているが、
確固たる軸に据えられるほど、
スターホースと呼ぶには
トーホウジャッカルラキシスともに少々役不足だ。

この2頭は素直に人気になりそうだが
個人的には疑っている。

ラキシスは確かに春の産経大阪杯で
正真正銘のスターホース・キズナを撃破するなど
歴戦の牡馬を差し置いて実績的にも最上位といえるもの。
当然人気になるのは理解もできる。

しかも
「ディープインパクト×ストームキャット」
(以下、「ディープ×嵐猫」)という
今、話題のニックスまで抱えており、
競馬ファン垂涎の馬券を買いたい1頭だのはずだ。

だがしかし。

この「ディープ×嵐猫」というニックスには裏がある。
これまで「ディープ×嵐猫」の重賞馬は6頭。

ラキシス
キズナ
アユサン
リアルスティール
エイシンヒカリ
ヒラボクディープ

それぞれの重賞実績をみると・・・

ラキシス(エリ女、産経大阪杯)
キズナ(日本ダービー、ニエユ賞)
アユサン(桜花賞)
リアルスティール(共同通信杯)
エイシンヒカリ(エプソムカップ)
ヒラボクディープ(青葉賞)

すべて直線の長い広いコースでの重賞制覇実績。
(産経大阪杯は小回りとは断定しづらい)
これまで小回りでの重賞実績がない「ディープ×嵐猫」配合。

特にラキシス自身も小回りで
勝利した実績がないだけに
全幅の信頼を置きづらいのも事実。

小回りコースで行われるレースだけに
紛れも十分考えられるし、
前々で競馬が出来なければ
それこそ勝利は遠のくばかり。

昨年の有馬記念のような前につける競馬が理想だ。
宝塚記念の時のように後ろから勝負しては届くまい。


ラキシスと比べれば、
トーホウジャッカルの方を上位に取りたいが
初の洋芝への対応がどうかがカギ。

一気に菊花賞馬にのし上がった力は認めるけれども、
キャリアの浅さを露呈してしまう可能性も・・・。

そんな疑いの目を人気上位2頭に向けているが、
個人的に狙おうと考えているのが
重賞4勝のヒットザターゲット

北海道シリーズでは<2.1.0.2>と
高い洋芝適性を示している。

そもそも「平坦コースの方がいい」と陣営も語っていたし、
前走の目黒記念は坂のあるコースを見事に克服。

人気も中穴くらいで収まりそうなだけに
今夏最大級の大花火を打ち上げられそうだ。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2023年現在1,531,950円
2021年現在16,757,700円
2022年現在24,393,950円

1月29日(日) 東京11R
【五十嵐】獲得金:26,100円
【ウマテラス】獲得金:5,300円

合計:31,400円

1月28日(土) 東京11R
【江戸川】獲得金:32,000円
【五十嵐】獲得金:18,500円
【大五郎】獲得金:18,500円
【ウマテラス】獲得金:6,000円

合計:75,000円