今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2015-09-29 武さんが重賞300勝を目指すレース-スプリンターズS-

どうやらベルカントが1番人気になりそうだ。
新馬戦で5馬身差の圧勝。

小倉2歳Sでホウライアキコの2着に敗れたものの、
続くファンタジーSで初重賞制覇。
2歳時から抜群のスプリント適性を見せつけていた。

その後、国内G1全制覇を目指す武さんを支援するため
前田オーナーはベルカントを朝日杯FSに出走させる。

この時3番人気に推されるも、10着。

2歳の段階ではその馬の適性を見抜きにくいものだが、
ベルカントは明らかにマイルは距離が長かったし、
少し競馬がわかる人なら誰もが
「スプリントでこその馬」と評価していたように思う。

昨年夏からスプリント路線を歩んできて、
ダートも使ったりなんかして着実な成長を見せていた。

そしてこの夏、アイビスSDや北九州記念を完勝。
ついに本格化した。


この馬にまつわる人々はこう語る。

角田師「武豊騎手の重賞300勝目をベルカントで勝ってほしい」
武さん「スプリント能力にあふれた馬。スプリンターズSがとっても楽しみ」
前田オーナー「結果次第で12月の香港へ」

なんとなくコメントを抜粋してみたけど、
なんとなく期待値の高さを伺うことが出来る。

2010年の落馬事故以降、
低迷を極めていた武豊というジョッキーの悪い流れを
ズバッと断ち切ったキズナと同じオーナーの馬で
G1制覇を目指すロマンも含めて考えれば、
全力でベルカントに印を打ちたくなる。

馬質がよくなってきて、
年間100勝も狙える位置にいる武さんの今後の活躍を願えば、
応援馬券という意味を込めて強気の◎を打ちたい。

ベルカントには数少なくなった
サクラバクシンオー産駒という希少価値もあるし、
大手牧場ではなく個人生産者の馬による
G1制覇というのもまたロマンがある。

ベルカントは応援したい・・・がしかし、
ロマンだけでは馬券が当たらないのも事実。

本命不在ながら粒が揃っている今年のスプリンターズSでは
個人的にベルカント以上に惹かれている馬が存在する。
ベルカントに◎を打ちたくても打てないのがそこだ。

しかも中山1200は前傾ラップになりやすく、
最後の急坂でパタッと脚が止まって、
後ろから来た馬に差されてしまうケースもしばしば見られる。

アクティブミノルコパノリチャード
ハクサンムーンミッキーアイル
逃げ先行馬が揃っている事を考えれば、
同型のベルカントにとってはいい条件とは言えない。

しかも中山競馬場でのレースは朝日杯FS以来約2年ぶり。
ロマンはあっても全幅の信頼が個人的にはない。

逆に期待したいのはウリウリだ。

まだまだ荒削りな部分はあるが、
セントウルSで見せた32.8秒の脚は特筆すべき事実。

中山での目立った実績はないが、
坂のある阪神や中京での好走歴は見逃せない。

ディープインパクトを含めた
サンデーサイレンス系の実績が乏しい中山芝1200ではあるが、
ウリウリの母系はこのコースに実績のあるノーザンダンサー系。

母父のフレンチデピュティはクロフネの父で
クロフネ産駒のカレンチャン、スリープレスナイトが
それぞれスプリンターズSを制覇している。

この部分に期待を寄せてみてもいいのではないか。

もちろん同厩のストレイトガールも怖い1頭だが、
こちらはマイルを使われて、
スプリントへの対応力が落ちているように思う。

しかし内枠に入ったならば、
ウリウリにとって最も強力なライバルとなりそうだ。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2023年現在1,666,950円
2021年現在16,757,700円
2022年現在24,393,950円

2月4日(土) 中京11R
【江戸川】獲得金:21,000円
【五十嵐】獲得金:14,000円
【大五郎】獲得金:14,000円

合計:49,000円