今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2015-11-10 今年も混戦のレース-エリザベス女王杯-

一線級の牝馬が集うレースだったエリザベス女王杯。

近年ブエナビスタやジェンティルドンナなど女傑級の牝馬は
天皇賞・秋やジャパンカップに照準を合しているケースが目立ち、
正直な話、ココ何年かは「混戦だなぁ」って言ってる気がする。

本当に強い牝馬は賞金の高いレースを目指すようになった影響だろう。

ちなみに去年はコウエイオトメに◎を打って一瞬夢を見たっけ?

「江戸川の○から流せばだいたい当たる」
という、自分の馬友周辺では有名な(?)格言があるけど、
去年のエリザベス女王杯も

1着 △ラキシス
2着 ○ヌーヴォレコルト
3着 △ディアデラマドレ
という結果。

今年はどうだろうか。

ざっと出馬表を眺めていると、
昨年の覇者・ラキシスのところにムーアの名前が。
ついに今年もムーアがやってくる。

・・・って、ムーア?
夏頃に怪我したって報道を聞いたけど、
復帰したってことか。

今季絶望って記事を見た気がしたけど・・・
脅威の回復力だ。

ムーアの状態が完全に回復していて、
牡馬相手に好走を続けているラキシスに跨るなら
決して無視は出来ない。


堂々の1番人気候補だ。

もちろんオールカマーで2着と
存在感を示したヌーヴォレコルトも脅威。
それなりのメンバーが揃った中山記念を快勝し、
その後も大きく崩れていない。

距離も2200mはピッタリで去年よりも軽いメンバー構成なら、
まず崩れそうにない。

ヌーヴォレコルトの陣営も
「ようやく適条件でレースが出来る」
といった心境ではないだろうか。

そして今、勢いのある3歳勢も見ておきたい。

牝馬二冠のミッキークイーンはジャパンカップに向かうようで、
やや手薄なイメージのある3歳勢だが、
久々に戦線に復帰してきたルージュバック
大将格として扱うべきだろう。

春のクラシック戦線を盛り上げたルージュバックだが、
一頓挫あって結果的に直行する形になった。

初めて古馬と対戦することを考えれば、
十分な信頼はできないが、決め手はこの中でも上位。
注意を払っておきたい。

そして個人的に注目しているのが
今回出走にこぎつけられそうなマリアライト
菊花賞で3着になったリアファルの姉。

これまでかなり大事に使われてきて
6月のマーメイドSで初の重賞挑戦、そして2着。

休み明けのオールカマーでは
プラス12キロと体を大きく増やしながら
5着に食い込んできた。

今なお、成長中ということだろうか。

ただ週末の京都は雨模様。
馬場の状況、枠の状況を見ながら
慎重な馬選びをしていきたい。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在6,407,100円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円