今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2015-12-15 歴史的瞬間に立ち会うレース-朝日杯FS-

今週の大一番である朝日杯FS。
注目は何と言っても、我らの武さん。

先の香港カップでは外枠発走の不利をもろともせず、
エイシンヒカリの初G1制覇を見事にアシスト。

正直、見ていて身震いするような会心のレースだった。

不振の時期は完全に脱したように見えるし、
リーディングも全国5位、今年も既に重賞10勝。

非社台系の乗り馬が多い中で、この数字は正直すごい。

そんな武さんが今週の朝日杯FSでJRA・G1完全制覇を狙う。

しかも騎乗馬は
今年ナンバーワンの逸材との呼び声高いエアスピネル
単勝1倍台待ったなしの状態だ。

個人的にも武さんのJRA・G1完全制覇の歴史的瞬間が見たいし、
そういうファンも決して少なくないはず。

そう、よほど武さんのアンチでなければ
エアスピネルの勝利を願うはず。

月曜日のヤフーニュースにも
「武豊、史上初G1完全制覇に挑む」
って記事が出てたくらいだ。

世間的にも注目度は高いのは否定出来ない。

もうこうなったらJRAには
八百長でも出来レースでも何でもいいから
武さんに朝日杯を勝たせて欲しい(笑)。

もう、エアスピネル以外の馬のゲートが
「なぜか偶然にも」開かないということがあっても面白い。

大衆はレジェンドが生まれる瞬間を待っているのだから・・・!

まぁ、こんな冗談はさておき、
普通に考えてもエアスピネルは抜けた存在であることは間違いない。

重賞実績馬はそれなりに登録があるけれど、
エアスピネルのデイリー杯2歳Sはちょっとモノが違った。

前に壁が作れなくてもしっかり折り合っていたし、
仕掛けてからの脚も一級品。

有力馬が軒並み来週のホープフルSに向かっている影響で、
正直、朝日杯FSにはライバルがいないように思う。

ただ!

もしかするとライバルとして、
リオンディーズの名前を上げる人も多いかもしれない。

母の代からの因縁も含めて。

リオンディーズはデビュー初戦の芝2000mを
めちゃくちゃ折り合いに苦労しながらもあっさり快勝。

その新馬戦で子供扱いした2、3着馬が
その後の未勝利戦を楽勝している事実を踏まえれば、
リオンディーズもそれなりに能力があるのは間違いない。

ただ個人的には母はオークス馬シーザリオで
エピファネイアの半弟という血統的背景を考えれば、
是が非でもクラシックを意識したローテーションになるのが
割りと一般的なのではないかという先入観に囚われている。

新馬戦→ホープフルS or福寿草特別という
2000mあたりで競馬を教えるのかと思っていたら、
まさかの朝日杯FS。まさかのマイル戦だ。

あんなに気性が勝った馬に…
本来ならクラシックを意識するべき馬が
早い流れのマイルを使って本当に大丈夫なのだろうか?

別にキャロットの会員でも無いし、もちろん出資もしていないけど、
兄のエピファネイアが気性面で物凄く苦労していたことを考えると、
当然、リオンディーズの今後にも心配がつきまとう。

もしかしたら…
あまりの気性の荒々しさにクラシックを意識しない選択肢を
陣営が採用しているのであれば話は変わってくるけど。

とにかく今週は武さんがJRA・G1完全制覇達成するのと
エアスピネルがどう勝つのかを見守りたい。

有馬記念の前に歴史的瞬間に立ち会いたい。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在7,482,000円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

6月8日(土) 東京11R
【五十嵐】獲得金:385,600円
【大五郎】獲得金:48,600円

合計:434,200円