今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2016-01-12 馬券候補の馬が少ないレース-日経新春杯-

出走登録13頭。

この頭数なら格上挑戦になるシャドウダンサー
楽に日経新春杯に出走できる。

ダンスインザムード好きの江戸川さんとしては
是非とも息子のシャドウダンサーから買いたい気持ちはあるが、
さすがに頭で買うには少々の勇気と大きな希望が必要だ。

ただ江戸川乱舞という仮面(?)をかぶっている以上、
それこそ結果を出さなければならない。

未だこの原稿を書いている段階では
ハンデが発表されていないので
背負う斤量が気になる所ではあるが、

ジェンティルドンナのライバルとして名を馳せた
ヴィルシーナの半弟・シュヴァルグランで勝負したい。


これで2年連続ハーツクライ産駒で
日経新春杯を勝負することになるが、
(昨年はコウエイオトメが◎だった)

元々、シュヴァルグランは
「菊花賞を勝てる器」と個人的に睨んでいた馬。

京都新聞杯から休養を挟んだ復帰戦で、
後にステイヤーズSを勝つアルバートと同じレースに出てしまう
不運に見舞われた為、菊花賞には間に合わなかったが、
秋3戦して500万→1000万→1600万と3連勝中。

G2とはいえ、メンバーレベルが軽いここは
勢いに任せて初の重賞タイトルをゲットしても
なんら不思議はない。

ちなみに某大手サイトの想定オッズでは
シュヴァルグランは1番人気。


そりゃそうか。

「シャドウダンサーを買いたい」という
少々の勇気と大きな希望を捨ててしまった結果、
まさか、1番人気について熱弁することになろうとは(笑)

このあたりが江戸川乱舞の
競馬センスの限界かも知れないけれど、
明け4歳となったハーツクライ産駒の成長力には期待したい。

とにかく13頭しか出走登録がないし、
場合によってはこれより少なくなる可能性もある。


シュヴァルグランを中心に
なるべく少ない点数で
大きく勝負しなければならない状況になりそうだ。

シャドウダンサーは穴候補として押さえるとして、
レーヴミストラルベルーフといった
4歳勢に大きく馬券を張ることになるだろうが、

秋古馬3冠を皆勤したダービーフィズの状態が良さそうなら
一発を期待したい。


とにかく少ない点数で勝負しないと
大した儲けは期待できないレースだろう。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在10,325,500円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

7月14日(日) 函館11R
【五十嵐】獲得金:30,000円
【大五郎】獲得金:80,400円
【ウマテラス】獲得金:80,400円

合計:190,800円

7月13日(土) 函館11R
【五十嵐】獲得金:185,800円
【大五郎】獲得金:185,800円
【ウマテラス】獲得金:35,600円

合計:407,200円