今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2016-02-16 スローペースになることを願うレース-フェブラリーS-

時間が経つのは早いもので、
早くも今年最初のJRA・G1開催週を迎えた。

しかも今年はこれまでダート王道路線を牽引してきた
ホッコータルマエが不在。

決め手鋭いノンコノユメや重賞を制して勢いにのる
モーニンなどかなり多士済々な面々が揃った。

特に先行する馬が多そうなメンバー構成だけに、
後ろから行くノンコノユメには願ってもない展開になりそう。

予想オッズでも上位人気に推されている理由がわかる。

前走のチャンピオンカップこそ、
女王・サンビスタに足元をすくわれた格好だが、
4コーナーでブービーの位置から追い込んできた内容を見れば、
直線が長くなる府中コースは好都合だ。


しかも府中は5戦4勝3着1回と好相性。
死角が見当たらない・・・。

そして次点で人気になりそうなのが、モーニン。
こちらもノンコノユメと同じ4歳馬。

これまでの戦績は6戦5勝。
後方一気のノンコノユメと違って先行策が持ち味だ。

今回、モーニンに課題があるとすれば、
同型の先行馬との兼ね合いだけだろう。

コーリンベリーコパノリッキー
タガノトネールモンドクラッセと一筋縄ではいかない
メンバーが揃っている。

極端なハイペースになる可能性も十分だ。

そうなるとやはりノンコノユメの存在感は不動なのだろうか。

じゃあ「ノンコノユメで大勝負します」とはなかなか言えない。

江戸川さんが変わり者だからというわけではないが、
これだけ同型が揃っていて、

後方から強力な脚を持つ馬がいる場合、
案外みんな牽制しあって、スローペースになる・・・
というシーンも考えられなくはない。

個人的にはそういう展開になると予想して、
重めの印を打とうと考えているのが、
武さんの乗るコパノリッキー。

直近2走は同型に絡まれまくって、
持ち味を活かすことができなかったが、
牽制しあってスローペースになるのなら、
コパノリッキーの持ち味である渋太さが生きるのではないか。

コパノリッキー-ノンコノユメで決まるほど、
簡単なレースでは無いと思うが、大方の予想に反して、
スローペースになる前提で物事を考えてみても面白いかもしれない。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在1,392,200円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

2月17日(土) 東京11R
【江戸川】獲得金:12,300円
【五十嵐】獲得金:36,700円
【大五郎】獲得金:36,700円

合計:85,700円