今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2016-03-22 ​4角3番手と外枠がキーポイントなレース-高松宮記念-

3日開催が終わった。
色んな意味で終わった。

財布もものすごく薄っぺらくなったし、
三日間連続でPAT残高0でフィニッシュ。

ゼロ~♪
って、夜のニュースの番組のアイキャッチと音楽が
頭の中をぐるぐるしている。

ギター持った新喜劇の芸人さんの顔までチラついてくる始末だ。
(って、これは関西圏の人にしか通用しないか笑)

とにかく今週は高松宮記念が行われる。
いよいよ春のG1戦線突入だ。


気分を改めて、
エアロヴェロシティをヨイショする原稿を書こうとしたら、
なんと疝痛で高松宮記念を回避するとのこと。

ゼロ~♪
もはや何が「ゼロ~♪」かは不明だが、
高松宮記念の向き合い方を考え直すしか無い。

予想の方向性としては、
「先行馬が揃っている」からハイペースが想定されたとしても
「後ろに居過ぎたら」ダメというのが基本的な考え方。

現状のコースになってからの勝ち馬は
世界のロードカナロアさんを除いて
全て4コーナーで3番手以内にいる事が条件。
(カナロアさんは4角7番手で圧勝、すげぇ)

エアロヴェロシティもコパノリチャードもカレンチャンも
全て4コーナーじゃ3番手以内。

とにかく前にいそうな馬から買うべし!なレースと言える。

ハクサンムーンミッキーアイルレッツゴードンキあたりには
朗報中の朗報と言える過去実績だ。

事実、人気になりそうなミッキーアイルは
スタートも抜群だし、
変に控える競馬をしなかった前走は「強い」の一言。

去年のレースぶりを見ても、
馬券圏内は外さないんじゃないかという気さえする。

とにかくミッキーアイルには重たい印を打つことになりそうだし、
松山騎手の待望の中央G1勝利の瞬間も見てみたい。

本命視する可能性は高そうだ。

そしてどれくらい人気になるのかはちょっと読めないけれど、
ウリウリも実は気になっている存在。

前述した「4コーナーじゃ3番手以内」にいなきゃいけない理論の
対象となる馬では(おそらく)ないものの、
前走の京都牝馬Sで57キロを背負って5着は非常に優秀。

牡馬換算なら59キロだし、
終始、馬場の重そうな所を走らされて、
最後は伸び切れなかった不完全燃焼の競馬。

見直す価値はあるんじゃなかろうか。

あと、後ろから来る馬にもちょっと触れておきましょう。

コースが改修されてから過去4年間で
4コーナーで最も後ろにいて
馬券に絡んだのは14年のスノードラゴン(13番手)。

この時は18頭立て。

つまり後ろ過ぎてもダメな訳です。

後方一気が持ち味のダンスディレクタービッグアーサーには
若干不利なデータでもあります。

特に仕掛けどころが難しい2頭。

印は軽めにつける程度になるでしょう。

とにかく前目にいそうな馬に重たい印を打って、
中団くらいまでの馬に照準を絞って馬券を買う。

これが高松宮記念の基本戦略。

あとこれは未確定な要素なので、
枠順を見ないと何も言えないけれど、
過去4年のうち3回は8枠が連絡みしてます。

8枠が絡まなかった1回も6枠-6枠-7枠で決着してます。

相当に外枠が強いレースというのも、
心の片隅置いておきたいですね。


とにかく日曜日の夕方を迎える前に
PATの残高が「ゼロ~♪」になる事態は避けないと・・・。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在7,482,000円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

6月8日(土) 東京11R
【五十嵐】獲得金:385,600円
【大五郎】獲得金:48,600円

合計:434,200円