今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2016-04-05 ハープスターを期待するレース-桜花賞-

たぶんこのサイトを見ている人は100%知っているであろう
栗山求さんの「血統史たらればなし」。
もう注文しました?

江戸川さんの中の人も某amazonで注文したんですが、
なんだかんだで到着は今週末の様子。
「早く来ないかな…」と心待ちにしているわけです。

どうせ今週の桜花賞なんて、
前々から言っているように「3強」。
いいや、もはや「1強」と表現してもいいかもしれないレベル。


POG指名馬のカイザーバル
抽選対象で出れるかどうかもわからないし、
先週の超絶前残り馬場を考えたら、
メジャーエンブレムで仕方ない気がしている。


と、なると馬券的な妙味は無いし、
予想のし甲斐がない。

楽しみな事といえば栗山さんの本しか無い(笑)

そもそも阪神JFの時に誰もが「モノが違う」と感じたはずだし、
前走のクイーンCを見てもわかるように、走破時計も超ド級。

誰かが玉砕覚悟で潰しに来るくらいの事故がないと、
そのまま逃げ切ってしまうのではないだろうか。

天下のサンデーR、天下のノーザンファーム生産馬に
そんな喧嘩を仕掛けるような真似をする陣営があるだろうか。
あまりにも野暮な考えな気がする。

ここは素直にメジャーエンブレムの
相手探しのレースになると考えて、
問題ないのではないだろうか。


当然、その相手候補はチューリップ賞組。

競馬スピリッツ上で、フィリーズレビュー組は
「桜花賞に直結しない」って、大見得を切ってしまったし、

ウオッカのレースレコードである
1分33秒7を大幅に上回る好タイムで制した訳だから
チューリップ賞で活躍した
シンハライトジュエラーは当然要注意。


もちろん某サイトの予想オッズを見ても、
メジャーエンブレム、シンハライト、ジュエラーの3強状態。
こんな「3強」の馬券の話をしてもニーズはなさそうだ(泣)

馬券的な活路を見出すとすれば、
フィリーズレビューのレース回顧でも書いたけれど、
注目したいのはチューリップ賞惨敗組。

チューリップ賞で6着だったカイザーバルは
先日の君子蘭賞(500万下)で1馬身半差の快勝。

走破時計はもちろん、チューリップ賞自体の
メンバーレベルも高かったことの一つの証明だろう。

カイザーバルは抽選対象なので、
ここでは真剣に触れられないけど、
期待できるのは武さんの跨るレッドアヴァンセ

前走のチューリップ賞は位置取りがやや後ろからになって、
33.1秒の末脚を繰り出すも8着。
3戦連続して33秒台の脚を使えているのも大きな魅力だ。

前走は馬体も大きく減らしていたし、
立て直されていれば一発あってもいいのではないだろうか。


前が早くなりすぎて、
もしもメジャーエンブレムが止まるようなことがあれば、
レッドアヴァンセがハープスターのように、
ズバッと差し切るかもしれない。

ただ先週までの阪神の馬場を見る限り、
前にいなければ厳しそうなのもまた事実。

まだ明確な答えは出さないでおくが、
桜花賞前日の阪神牝馬Sが今年からマイル戦になる。

それを見てから結論を出してもいいかもしれない。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在8,937,100円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

6月23日(日) 京都11R
【五十嵐】獲得金:916,800円

合計:916,800円

6月22日(土) 京都11R
【江戸川】獲得金:21,000円
【五十嵐】獲得金:17,000円

合計:38,000円