今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2016-05-24 ​ダービーへようこそ、と言いたくなるレース-日本ダービー-

正直な話、皐月賞で掲示板に乗った
ディーマジェスティマカヒキサトノダイヤモンド
エアスピネルリオンディーズの5頭は
どの馬にもダービーを勝つ資格があると思う。

皐月賞が終わった当初はそう思っていた。

ダービーはこの5頭BOXでいいや、と。

「三連単5頭BOXならだいたい当たるぅ~」
って、こじはるさんも言っているじゃないか。

そう、この皐月賞掲示板組の
5頭BOXでだいたい当たるぅ~気がしていた。
青葉賞を見るまでは。

青葉賞で2着になったレッドエルディスト
「菊花賞で買いたい」と、漠然と思った程度だけど、

勝ったヴァンキッシュランに関しては
「ダービー…あるかも…」と、
直感めいたものを感じざるを得なかった。


そして京都新聞杯。

モノが違うと言わんばかりに
あっさり駆け抜けたスマートオーディンを見て、
これも買わなきゃならんかと、思ってしまった。


皐月賞掲示板組の5頭に加えて、
青葉賞のヴァンキッシュラン
京都新聞杯のスマートオーディンを足したら7頭。

「三連単7頭BOXならだいたい当たるぅ~」
なんて事も頭をよぎったけれど、
さすがに7頭のBOXなんて買ってたら、恥ずかしすぎる。

黙って買う分にはいいけれど、
さすがにドヤ顔で
「ダービーは7頭BOXで(ニッコリ」なんて言えない。
口が裂けても言えない。

府中の街を歩きながら
「ダービーへようこそ」の看板や掲示物が目に入るたび、
心が傷んでいた。
7頭BOXにすべきかどうかを。

そんなことで逡巡する江戸川さんの元に入ってきたのが
イモータル、石川騎手とのコンビでダービーへ」という情報。

まじかぁ!!!
完全にラビット(ペースメーカー)じゃねぇかぁぁぁ・・・

今回金子真人HDはマカヒキを筆頭に
プロディガルサンマウントロブソン
イモータルがダービーに参戦予定。

この4頭の中で一番勝てる可能性の低そうな
イモータルにラビットの役割を担わせて、
マカヒキへの援護射撃とする。


きっとこういう作戦だ。
江戸川さんも競馬ゲームでよくやる手法。

しかしそれはゲームの中だから成立する話であって、
現実の世界でも同じことがやれてしまうのが、
金子真人さんのすごいところだろう。

さすがにラビットの役割を騎乗馬がいないとはいえ、
ベテランジョッキーに任せるわけにもいかないから、

ダービー騎乗経験と引き換えに
関東若手ナンバーワンの石川くんに
騎乗依頼の白羽の矢 が立ったのだろう。

石川くんはデビュー3年目。
当然ダービーは初騎乗。

記念すべき人生初ダービーがまさかラビットとは・・・
きっと枕を涙で濡らしながら
ダービーの日を迎えることだろう。

しかしこの「ラビット石川」の存在が、
一筋の光明をもたらしてくれたように思う。

後方から競馬をするマカヒキにとって、
ダービー制覇の最大の馬以外の敵は
「スローペース」と「前残り」。


非凡な瞬発力を持ち合わせているとはいえ、
スローペースになった上に
Cコース替わりになったばかりの馬場では
いかにマカヒキとはいえ、勝てる可能性は低くなる。

マカヒキ勝利への確率を少しでも上げるために、
イモータルがハイペースを演出し、
マカヒキをアシストする展開になれば、
それこそ金子真人HDにとっては万々歳の結果。

それを見越してヴィクトリアマイルで
レッドリヴェールを操り、
レースをぶち壊した前科(笑)がある石川くんに
白羽の矢が立ったのは非常に納得ができる。
(そういや皐月賞でもやらかしてたな、この人は)

ぶっちゃけた話、
マカヒキでなくてもプロディガルサンでも
マウントロブソンでもダービーを勝てればOKなわけだから、
1頭くらいの犠牲はやむを得ない。

そういう考え方だろう。

しかし、ペースがある程度流れると仮定した場合、
セオリー通り本当に力のある馬から、
ゴール板を順番に通過していくような気がする。

スローペースでしか実績を残せていない
スマートオーディンにはやや厳しい展開になりそうだし、

いかに今年がハイレベルとはいえ、
出走馬全てがハイレベルなわけではない。

牝馬路線もそうだったけど、
上位の馬が抜けて強くて
拮抗状態にあるからハイレベルなだけで、

よほどのトラブルが無い限り、
ここまでに名前が上がってない馬には出番はないはずだ。

じゃあ、やっぱり初心に立ち返って、皐月賞掲示板組5頭と
消耗戦になったときに強そうなヴァンキッシュランを加えた
三連単6頭BOXで勝負するのがいいのではないだろうか。


「三連単6頭BOXならだいたい当たるぅ~」 気はしているけど、
さすがに120点も買うと儲けが少なくなりそうな気がする。

本命くらいは決めて三連単1頭軸マルチ60点くらいなら
バランスよく儲けることが出来そうかな…。

6頭の馬なら誰が勝ってもおかしくないし
文句もないけれど、本命選びは本当に難しい。

本音をちょろっと言うと皐月賞での巻き返しを期待して
リオンディーズを応援したい気持ちが個人的にはある。


先週から騎乗復帰したデムーロ騎手は
ダービーを睨んでか騎乗停止にならないために
「超」のつくぐらい安全運転をしていた。

かなり気を使いすぎて、
人気馬も華麗に馬券圏外に飛ばしまくっていた(笑)

「イタリアのダービーを勝つより
日本のダービーを勝つほうが嬉しい」と
無邪気に喜んでいたくらいだから、
ダービー前に騎乗停止になるのは避けたい一心だったのだろう。

ということは、
リオンディーズにはかなりチャンスがある」と、
デムーロ騎手自身確信めいたものがあるのではないだろうか。


あれだけ勝ちまくっていたのに、
先週は完全に空気になっていたのは
すべてリオンディーズの為と思えば、
先週の不振も辻褄が合う。

それにサトノダイヤモンドも目標はそもそもダービー。

皐月賞はダービーを視野に入れた仕上げで、
良化途上だったと考えれば、
直線で思ったほど伸びなかったのも納得がいく。

それに武さんが跨るエアスピネルだって、
皐月賞は想像以上の奮戦を演じた。

武さんも「上位勢とは引けは取らない」と言っているし、
枠順次第ではチャンスもあるのではないだろうか。


二冠を狙うディーマジェスティ
元々はダービー向きと言われていた逸材。
操縦性も悪くなさそうだし、距離も合うはず。
蛯名騎手の悲願成就も十分ありえる。


それにマカヒキは金子真人HD軍団の援護射撃もあるし、
そもそも瞬発力は世代最上位。
展開がハマれば圧勝までありそうだ。

それに消耗戦になった時に最も力を発揮しそうななのが
母系に純粋で良質なヨーロッパの血を抱える
ヴァンキッシュラン


日本では今ひとつ結果を出せていないガリレオの血は
力と力のぶつかり合いでこそ真価を発揮しそう。

長くなってしまった上に、
明確な結論は出せていないものの、
皐月賞掲示板組とヴァンキッシュランを加えた6頭で
馬券を組み立てることになりそうだ。

あとは木曜日に枠順が決まってから物事を考えよう。

陰でこっそり
「三連単6頭BOXならだいたい当たるぅ~」と言いながら
せこせこと馬券を買っていそうだが、

せめて明確な本命馬くらいは決めて、
その馬の単勝を握りしめて
ダービーに参加したいもの・・・。

・・・前置きが長くなってしまいましたが、
言いたいのはこういうこと。

好きな馬の馬券を買って、全力で応援し一喜一憂する。
ダービーは競馬の祭典なのですから。

「ダービーへようこそ。」

今年も江戸川乱舞がレース考察をお送りしました。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在1,392,200円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円