今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2016-06-28 ​確勝級の馬と単騎逃げの展開に期待するレース-ラジオNIKKEI賞-

ラジオNIKKEI賞といえば、
世代限定戦で唯一のハンデ重賞

そのせいか・・・

このラジオNIKKEI賞を勝ったとしても、
その後パッとしない馬が多い。


いや…
気づけば準オープンで息長く走ってる孝行者が多い…
という表現の方が幾分マイルドだろうか。

アロマカフェ、ケイアイチョウサン、ウインマーレライ・・・

そう考えると去年の勝ち馬・アンビシャスは
少々異質な存在だ。


56.5キロの斤量で後続に3馬身半。

もしかしたら世代最強なんじゃないかと、
錯覚させられるほどの楽勝だった。

そんな事を考えていた月曜日の夕方、正直驚いた。

去年のアンビシャスよりも
0.5キロ重い斤量を背負わされる馬が現れた。


去年もなかなか世代レベルが高いと言われていたが、
今年はおそらくそれ以上。

そんな中で57キロを背負うということは
もはや鉄板なんじゃなかろうか。


このレース、
例年トップハンデは苦しい成績を残しているが、

今年のような世代トップクラスに
ダービー馬になってもおかしくなかった馬が
ゴロゴロいるような<超ハイレベル>世代の中で
オープン2勝は立派な成績だ。

どこかで言及した記憶があるが、
今年は世代トップクラスにいる数頭が
グンと抜けていただけで、
それ以外はさほど大したレベルにはない。

正直な話、
ブラックスピネルは57キロを背負っても、
確勝級な存在であるような気もする。


馬券の相手も
アーバンキッドジョルジュサンクくらいしか見当たらない。
この馬達もハンデは56キロ。

世代内の格差が反映されたわかりやすいレースだと思う。

しかもブラックスピネルの乗り役は我らが武さん。

日本競馬を牽引しているサンデーレーシング、、、
すなわちノーザンファームからの珍しい騎乗依頼に対して
力が入らないわけ無い。

ここで結果を出せば、
武さん寄りの厩舎から幾分か
サンデーレーシングからの騎乗依頼が来るだろう。

しかし気になる存在がいないわけではない。

能力的にも実績的にも
ブラックスピネルは確勝級なのは間違いないけれど、
もしもロードヴァンドールが内枠に入ったら、
心変わりをしてしまうかもしれない。


去年もマルターズアポジーが逃げて、
それなりに儲けさせてもらった記憶が
いい感じでフラッシュバックしてきそう。

阪神や京都などのコースでしっかりと逃げ残っている
ロードヴァンドールの実力を考慮すれば、
ローカル小回りの開幕週で単騎逃げが出来れば
ブラックスピネルを相手にしても一発があると思う。


乗り役もベテラン四位ジョッキー。

単純な実力勝負で決着させてほしくないレースだ。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在1,392,200円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円