今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2016-08-30 結局ディープインパクト産駒に頼るレース-新潟記念-

思えばサマー2000シリーズの開幕戦である七夕賞、
そして8月上旬の小倉記念と
続けてメイショウナルトに本命印を打ってきたが、
結果的には失敗だった。

七夕賞は記録的な暴走で、
小倉記念はクランモンタナの奇襲にあって、
馬券は外れてしまった。

3度目の正直。

今度こそメイショウナルトに本命を打って、
この夏最後の大花火を・・・
なんて気はさらさらない。
 

クリックして続きを見る


今回は同型のマイネルミラノもいるし、
クランモンタナだって、
ズブいけど追ったらしぶとい事がわかったし、
ダコールの2着力(?)だって脅威だ。

そう考えながら予想をしていると、
相当殺伐とした展開になりそうな気がしてならない。

マイネルミラノとメイショウナルトの先行争い、
それをみながら虎視眈々と二匹目のドジョウを狙う
和田サンが跨るクランモンタナ。

そして新潟2000を得意とする
後方に控えているディープインパクト産駒達。

カオスだ(笑)


その混沌とした状態に輪をかけて、
ハンデ戦ときている。

困ったなぁ…
というのが正直なところだけど、
切り口が無いわけじゃないと思う。

それは2年連続で勝利を収めている
ディープインパクト産駒。


今年もアデイインザライフアルバートドック
エキストラエンドクランモンタナダコールと、
渋目のディープインパクト産駒が出走予定。

割と「逃げ残る」または「前に行った」馬が
好成績を残しているコースではあるものの、
08年のアルコセニョーラの時のように、
後ろから来る馬が大穴を開ける可能性は十分。


末脚勝負または瞬発力勝負になった場合、
明らかに優位性が高いのはディープインパクト産駒。

そういう意味では実績のあるベルーフ
キレ味の劣るハービンジャー産駒だし、

オペラハウスの血が入った
ファントムライトルミナスウォリアー
一雨欲しいようなタイプに見えるし…。

そう考えれば、
やはりディープインパクト産駒に
身を委ねる事になるだろう。

当初は七夕賞を制したアルバートドック
無難に本命を打とうと思ってはいたが、
58キロの斤量を見て思いとどまった。

ハンデ戦でトップハンデの馬から買うほど、
面白味のない馬券は買いたくない。

とはいえ、ディープインパクト産駒は
買わなければならない無駄な使命感に襲われている。

そんな江戸川さんの使命感に応えてくれそうなのは
斤量55キロで走れるアデイインザライフ。


アデイインザライフ
「ディープインパクト×サクラバクシンオー」の配合で、

先週キーンランドカップを制した
ブランボヌールと同じだけれども、
アデイインザライフは中距離タイプに出た感じ。

末脚も確かな感じで、
左回りを得意にしているのも心強い。

パートナーが典さんというのが
一番のギャンブルな気もするけれど、
1番人気濃厚なアルバートドックから
勝負するよりは幾分かマシだろうか。

ちなみにアデイインザライフは・・・
あ、予想オッズで2番人気になっている。

うーん。

あまりアルバートドッグから買うのと
馬券的な状況は変わらないか…

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在7,482,000円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

6月8日(土) 東京11R
【五十嵐】獲得金:385,600円
【大五郎】獲得金:48,600円

合計:434,200円