今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2016-09-06 世界のロードカナロアさんでも難しかったレース-セントウルS-

ついに秋競馬が開幕。

今週末から中山・阪神の競馬になるけれど、
いきなり日曜のメインレース・セントウルSには
春のスプリント王・ビッグアーサーが登場する。

うーん、豪華だ。

しかも特別登録の段階でビッグアーサーを含めて
14頭しか登録しておらず、圧倒的な1番人気は濃厚な状態


問題は相手探し。

2着になりそうな馬を探す事に・・・
いや・・・本当にそれで良いのだろうか。

安易な予想というか安易な考えは絶対に禁物。


特にセントウルSに関しては
圧倒的な1番人気の支持を得そうな馬ほど
難しいレースは無い。


来年には初年度産駒がデビューする
世界のロードカナロアさんだって、
このレースに2回挑戦して、2回とも破れている。

1回目は3歳のエピセアロームに、
2回目はあのハクサンムーンにギリギリの差で敗れている。


共にタイム差無しの競馬なだけに

「ほぼ勝っている」

と表現しても良さそうだけど、
世界のロードカナロアさんでさえ、
ギリギリの競馬しか披露できなかった。

この事実はビッグアーサーにとっては重いものだと思う。


そもそもセントウルSの先には、
大一番であるスプリンターズSが控えていて、
ロードカナロアにとってもビッグアーサーにとっても
本番はビッグレースのスプリンターズSのはず。


つまりセントウルSは
本気でG1を狙っている馬にとって
所詮たたき台でしか無い。



世界のロードカナロアさんが
エピセアロームやハクサンムーンに
僅かの差で勝てなかった原因はここにある。

本番ではキッチリと借りは返しているし、
王者に違わぬ走りをしている。

つまりビッグアーサーはここで勝たなくても
本番で勝てばいいわけだから、
万全な状態で出てくるわけがない


先を見据えた馬よりも
ここで賞金加算をしておかなければならない馬を狙いたい。


ただ…正直メンバーレベルを見ても、
ここにメイチで出てきたとしても、
ビッグアーサーに太刀打ちできる馬がいるようには思えない。


ならば、展開面などからビッグアーサーの足元をすくえる馬を
一生懸命探さなければならない。

となると・・・


毎回好時計を出すので、
ここがメイチかどうかが判断しにくいが、

調教番長のネロがこのメンバーの中では唯一、
ビッグアーサーの足元をすくえそうだ。


13年のハクサンムーン、
昨年のアクティブミノルが共にハナを奪って、
そのままゴールに飛び込んだ事実を考えれば、

セントウルSは逃げ先行馬が圧倒的に有利

行った馬に有利なレースなら、
テンの速さがあるネロを狙うしか無い。


ネロは前走のアイビスサマーダッシュで
ベルカントと互角に近い競馬を披露。

日本の直線競馬の歴史の中でも
屈指のマッチレースを展開したようにテンの速さ、
スピードはこの中に入っても見劣らない。

控える競馬も出来るネロだが、
開幕週の馬場や展開を味方にして、
ビッグアーサーに一太刀浴びせることは出来ないだろうか。



後は枠順を見てから…という事になるが、
ネロとビッグアーサーの2頭を中心に馬券を買いたい

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在7,851,300円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

6月16日(日) 京都11R
【江戸川】獲得金:37,300円
【五十嵐】獲得金:15,000円

合計:52,300円

6月15日(土) 函館11R
【大五郎】獲得金:165,400円

合計:165,400円