今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2016-10-04 前に行きそうな馬に可能性を感じるレース-毎日王冠-

今週はなんといっても3日間開催

サウジアラビアRC→毎日王冠→京都大賞典に加えて、
10日の祝日には盛岡で交流重賞・南部杯も行われる。


今後のG1戦線に向けて目の話せないレースが続く。
忙しい1週間だ(笑)

さて今週の注目レースである毎日王冠には、
ルージュバック・アンビシャス・リアルスティールと
G1クラスの馬の出走が見込まれている。


想定オッズを見る限り、
「3強対決」といった様相を呈しているが、
宝塚記念5着のステファノス、
安田記念を勝ったロゴタイプなど有力馬がずらり。


予想し甲斐のあるレースとも言えそうだ。

2年前のエアソミュール(8番人気)、
サンレイレーザー(11番人気)で
馬連277倍という大波乱になったレースもあるが、

基本的に毎日王冠は人気サイドで決まる
「格」が優先されるレースでもある。


個人的にはルージュバックアンビシャスよりも、
デムーロさんに手綱が替わる
リアルスティールが脅威だと見ている。

ドバイのG1勝ちも含めて、
ドゥラメンテのいない今、
この路線を支える中核になり得る存在なのは間違いない。

ただ展開面から考えると、気になる事がある。

それは・・・

クリックして続きを見る


マイネルミラノ(丹内)と
ウインフルブルーム(柴田大)の
岡田総帥の息のかかった2頭が
前に行くタイプの馬ということだ。

この2頭が示し合わせたようにペースを作って、
逃げ粘りなんてことになれば、
それなりの高配当にありつける感じがする。


実際マイネルミラノはこの夏逃げまくって、
エプソムカップで3着、函館記念1着と波に乗っているし、
ウインフルブルームも復帰後オープン戦で1着→2着と
力が健在なのは示している。

開幕週の馬場であることや、
ルージュバックリアルスティール
本番を見据えた慎重な競馬をするなら、
岡田総帥の息のかかった2頭にも一発が期待できそうだ。

そういえば2年前のサンレイレーザーも
3年前のクラレントも終始ハナを主張していた馬だった。
去年のエイシンヒカリも逃げ切ったんだっけ?

とにかく展開利を受けそうな
岡田総帥の2頭を無視するわけにはいかない。


ちなみに恩恵を受けそうなのは
マイネルミラノウインフルブルームだけではなく、
安田記念を制したロゴタイプも忘れてはいけない。

しかも乗り役は一発が怖い田辺騎手。
(サンレイレーザーにも乗っていた)

ルージュバックリアルスティール
万が一仕掛け遅れる場面があれば、
思わぬ高配当も期待できるレースだろう。

そして未知数なのが唯一の3歳馬イモータル。

マカヒキが凱旋門賞で無残な結果になってしまったことで
「史上最強の3歳世代論」が揺らぎつつあるが、

京成杯AHのロードクエスト、
スプリンターズSで掲示板に入った
ソルヴェイグ・シュウジの存在を考えても、

ディーマジェスティの2着になった事もあるイモータルにも
馬券的な興味を感じざるを得ない。


血統的には長いところが良さそうな気もするけど、
ダービーや神戸新聞杯の走りを見ると、
距離短縮される今回は買い材料が増えるイメージ。

3強全てがコケるとは思わないけれど、
1頭くらいとんでもない穴馬が入っても驚けないレースだ。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在1,392,200円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

2月17日(土) 東京11R
【江戸川】獲得金:12,300円
【五十嵐】獲得金:36,700円
【大五郎】獲得金:36,700円

合計:85,700円