今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2017-01-10 本当に最強世代なのかを問うレース-日経新春杯-

一時期、メッキが剥がれかけていた「現4歳最強世代説」だけど、
年末辺りから再び「ざわざわ…」し始めた。


それもそのはず。

秋のG1戦線が開幕して、
ディーマジェスティやロードクエストといった
世代トップレベルの実力馬達を古馬と大舞台で走らせてみたら、
見せ場を演出することすらできずに惨敗。

その結果を受けて、
「一部の連中が最強世代と騒いでただけ…」
みたいな雰囲気になりかけていた所に、

シュウジの阪神カップ制覇、
サトダイさんのグランプリ制覇、
エアスピネルの京都金杯制覇
と立て続けに現4歳世代の馬たちがタイトルを奪取していった。


さすがにこれだけ派手に勝ちまくれば、
ざわつかない訳にはいかないだろう。

そんな状況下で迎えたのが今週の日経新春杯。
ぼけーっと出馬表を見ていたときには気づかなかったけど、
ハンデが発表されてしっかり眺めてみると
最強4歳世代の2軍がズラリと顔を揃えていることに気づいた(笑)

そうこのレースの焦点は、
この「最強世代説」をどこまで信用するかどうか、だ。

昨年さんざん唱えていたように、
ハイレベルだった皐月賞の上位5頭を1軍と見なして、
スマートオーディンやロードクエストを
江戸川さんの独断と偏見で1.5軍と分類すると、

今回のメンバーはこんなイメージ。

== 2軍 ==
カフジプリンス   54キロ
ミッキーロケット  55キロ
レッドエルディスト 54キロ

== 3軍 ==
シャケトラ     53キロ

== 4軍 ==
テイエムナナヒカリ 49キロ


重賞で好走した実績のある
2軍選手と3軍のシャケトラの斤量差は1~2キロ。

現状で準オープンクラスのシャケトラを基準にして考えると、
カフジプリンス・レッドエルディストとは1馬身、
ミッキーロケットとは2馬身の差があると
ハンデキャッパー達は判断したようだ。


ミッキーロケットへの一つ上の評価は
当然、9月の神戸新聞杯の事があると思う。

なんせ現役最強馬のサトダイさんと、
タイム差無しの激闘を繰り広げたのだから、
他の4歳馬と評価が異なって当然。

神戸新聞杯の時には
カフジプリンスレッドエルディスト
サトダイさんとミッキーロケットから
3馬身も離されていたし、

明らかな仕上げ途上のサトダイさんと
夏の北海道シリーズで3戦もしたミッキーロケット
後塵を拝したのだから、この差は仕方ない。

それにサトダイさんが勝った菊花賞でも
ミッキーロケットは(たぶんお釣りがない状態で)5着。

カフジプリンスレッドエルディスト
それぞれ0.2秒・0.3秒まで詰め寄られたものの、

「キングカメハメハ×ピヴォタル」という
明らかに長距離向きではない血統背景を考えれば、
この5着も評価しないといけないし、
2400mへの距離短縮は歓迎されると見るべきだ。

とはいえ、さすがに江戸川さんは手放しで
ミッキーロケットに「◎」を打つつもりはない。


別に先週のシンザン記念で
キョウヘイに◎を打って儲かったからと言って
調子に乗っているわけではない(笑)

さすがに明け4歳になれば、
「適性の差」が出てきてもいい頃だと思うからだ。

ミッキーロケットの能力の高さは認めるけれど、
カフジプリンス(ハーツクライ産駒)と
レッドエルディスト(ゼンノロブロイ産駒)の
それぞれの成長力は軽視できない。


キンカメ産駒のミッキーロケット
成長力が無いとは言わないけれど、

ギリギリまで追い出しを待ったにも関わらず、
さすがに最後は苦しそうに見えてしまったので
菊花賞の5着は「何とか着を拾えた」という印象は拭えない。

もしかすると明け4歳になった今となっては、
カフジプリンスやレッドエルディストの方が
この距離なら上を行くかもしれない。
しかも斤量は2頭の方が1キロ軽い。


ミッキーロケット
本当に盤石の本命と見て良いのだろうか。
個人的には懐疑的だ。

他の馬にも当然興味が出てきてはいるものの、
去年のこのレースでシュヴァルグランを子供扱いした
レーヴミストラルも今回は天皇賞・春以来の競馬。

斤量も昨年よりも2キロ重くなっている事実を考えれば、
決して信頼度は高いと言えない。


また、勢いのあるシャケトラに期待する人も多いと思うけど、
さすがに重賞を走ったこともないような
準オープンの馬に「金子×角居」のブランドだけで、
安易に印を打つことも避けたい。
(マンハッタンカフェ産駒というのが怪しいというのもある)

先週のシンザン記念効果で
かなり今週は期待値が上がっていると思うけど、
もう少しギリギリまで考えてみようと思う。

別に無理に穴馬を探す必要も無いと判断すれば、
いつものように「センター返し」的な的中を狙うだけ。

とにかくいつものフォームを崩さずに
今週も馬券を当てたい。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在8,937,100円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

6月23日(日) 京都11R
【五十嵐】獲得金:916,800円

合計:916,800円

6月22日(土) 京都11R
【江戸川】獲得金:21,000円
【五十嵐】獲得金:17,000円

合計:38,000円