今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2017-02-07 京都記念を勝つ馬の傾向に従うレース-京都記念-

ジェンティルドンナも負けた。
キズナも負けた。
ハープスターも負けた。


ディープインパクトの血を引く
一線級のスターホースが
案外敗れ去っているのが京都記念。

今週、凱旋門賞以来久しぶりに競馬場に姿を現す
昨年のダービー馬・マカヒキも
案外あっさり負けてしまうかもしれない。


個人的にはそう思っている。


むしろ京都記念の歴史を振り返ってみると、
王者に君臨している馬よりも、
その王者を打倒せんとする馬の方が
好成績を上げているように思う。


個人的にはそう思っている。


在りし日のトーセンラー、
在りし日のラブリーデイがそうだし、
去年の勝ち馬・サトノクラウンも紆余曲折あって、
昨年末に香港のG1を勝った。

つまり王者に君臨しているマカヒキよりも、
サトダイさんに肉薄し、
高みを目指してるミッキーロケットの方が、
京都記念を勝つ可能性が高いのではないだろうか。


個人的にはそう思っている。
うん。


そもそもマカヒキは
凱旋門賞の敗戦の精神的ダメージが気になる。


江戸川さんがマカヒキの立場なら、
自信満々で渡仏してニエユ賞(ニエル賞)を勝って調子づいたところで
凱旋門賞みたいな結果を出してしまったら二度と立ち直れない。

4ヶ月半の休みを貰ったとしても、
競馬場に行ったらイップスになっちゃうレベルだ。

なったこと無いから、わからないけど。


たしかに調教は動いているかもしれないし、
状態に不安は無いのかもしれないけど、
週末にかけて京都では
雨(もしかしたら雪)が降る予報が出ている。

この事実はマカヒキにとって、
決して好材料とは言えない。

スタミナ面に関しては、他馬と比べて
決して優位性があるとは思えないからだ。

逆にサトダイに肉薄したミッキーロケットは、
菊花賞でも5着に入ったように、
スタミナ面に関しては、
マカヒキより不安要素は少ない。


前走の日経新春杯よりも1F短くなるし、
休み明け2走目なら
上積みもありそうな雰囲気。

背負う斤量がマカヒキが57キロに対して、
ミッキーロケットが56キロ。

この面でもミッキーロケットの方が有利だ。

京都記念の勝ち馬の傾向、
マカヒキと比べたときの優位性を考えれば、
ミッキーロケットを上位に取らざるを得ない。



それにマカヒキ
ダービー馬というだけで人気を集めるのなら、
必然的にミッキーロケットからの馬券も美味しくなる。

今回のメンバーなら
京都で実績のあるアングライフェンあたりでも
正直馬券になると思っているから、
土曜日の洛陽Sじゃなくて、京都記念に回ってきて欲しい。

マカヒキの馬券が売れた上で、
ミッキーロケット-アングライフェンで決まる馬券なら、
相当美味しい想いができそうだ。

もはやニヤニヤが止まらない。


・・・え?

マカヒキにムーアが乗るって?

今週から3週間乗りに来るって?

マジで?


・・・本命はマカヒキで!?

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在1,392,200円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円