今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2017-02-14 とりあえず方向性だけは定めたいレース-フェブラリーS-

勝手な話だが
「フェブラリーSはカフジテイクとサウンドトゥルーの
差し脚比べ対決だな・・・」

と思い込んでいた。

そしたらカフジテイクに騎乗予定だったいっくんは
怪我の影響でフェブラリーSに乗れないし、
サウンドトゥルーは大野騎手が騎乗停止処分中。

頼りにしていた後方一気の2頭は乗り替わり必至で
心の底から頼りにしていいか迷う状況。


それでなくても、
代替開催になった月曜の小倉ですっかりやられてしまって、
心が折れて衰弱しきっているのに、
頼りにしていた馬にまで本命を打てないのは精神的に辛い。

川崎記念が案外だったケイティブレイブも一考したが、
乗り役が武さんで無いのはマイナスだ。うん。


…では逆に乗り役が武さんのコパノリッキーはどうだろうか。

昨年の南部杯以来、イイトコロが無いけれど、
コパノリッキーの癖を知り尽くしている
我らが武さんなら十分頼りになりそうだ。

ただコパノリッキーは自分の形に持ち込めないと
脆さが出る面は正直気になる。
これは周知の事実だ。

それ故にマークはきつくなるだろうが、
外枠に入れば楽しみはある。

枠順発表が楽しみだ。


ただ、出走予定馬を見渡して思うのが、
「今年のメンツは例年と比べてやや格落ちするな」
という事。

江戸川さんの得意な口上ではあるが、
こういうレースになると
やはりどこかで穴馬の台頭を期待してしまう。

せめて去年のアスカノロマン(7番人気)くらいの
穴馬を見つけて、高配当にありつきたいもの・・・


ん・・・?

アスカノロマン

そうだ!
アスカノロマンがいるじゃないか。

チャンピオンズカップでは先行馬総崩れの中、
何とか踏みとどまって3着、
前走の東海Sでは瞬発力勝負に屈して8着。

なかなか軸としては買いづらい馬ではあるものの、
このメンバーに入ると
それなりに胸を張れる存在になるのは確か。


前走の敗因も余裕残しの状態で出てきて、
叩きに使ったと好意的に見れば、
黙認することも出来る。

ただ、これまで主戦を務めてきて
結果も出してきた太宰騎手じゃなくて
和田サンが乗ってるのは若干意味不明だけど、

今回のメンバーなら、
タイトル奪取の可能性はそれなりに高いように見える。


状態の見極め方としては
当日の馬体重を気にかけねばならないが、
きっちり絞れてきているようなら
申し訳程度でも買っておいた方がいいだろう。


と、ここまで色々書いてみても、
なかなか馬券の方向性が見つからない。

枠順も見てみたいし、
乗り役が決まっていない馬の騎手も気になる。

カフジテイクは元々乗っていた津村騎手になるようだけど、
サウンドトゥルーはまだ週初めの段階では未定。

モーニンにムーア、ノンコノユメにルメールさんが
それぞれ乗るようだけど、

ムーア騎手も先週のレースを見てる限りでは、
まだ日本の感覚を掴めてないように見えるし、
ノンコノユメも去勢してから今ひとつパッとしない。
(そもそもなんで去勢したんやろ…)

ベストウォーリアで「置きに行く」という事も
十分選択肢としてはアリだけど、今ひとつパンチに欠ける。
(そういう問題じゃないか)

とにかくある程度までは方向性を見つけることが出来たので、
週末までに答えを出していこうと思う。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在1,392,200円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円