今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2017-05-09 2頭の争いかどうかを見極めるレース-ヴィクトリアマイル-

今週から東京競馬場はBコースを使用。

普通に考えれば、
「前が止まらない」「内枠有利」「前に行ったもん勝ち」
という展開になりそうなモノ。

当初は桜花賞馬で最近はスプリント・ダートでも活躍中の
レッツゴードンキを主軸に考えていた。

折り合いもつくようになったし、
スプリント適性の強い
「先輩の」ストレイトガールが連覇している事も後押しした。

今週は週中で雨も降りそうだし、
時計がかかるようなら
レッツゴードンキが格好をつける…と思っていたけど、
阪神牝馬Sの時のミッキークイーンの時の走りを見て気が変わった。

去年までの不器用さの見えるミッキークイーンだと、
もしかしたらレッツゴードンキに軍配が上がったかもしれないが、
前走のミッキークイーンは完全にマイルで戦えるだけの
「エンジンのかかり方」をしていた。

去年までは仕掛けてからエンジンがかかるまでに
少々時間がかかることもあって、
マイル前後の距離では苦戦を強いられていたけど、
阪神牝馬Sの内容なら、
今回のヴィクトリアマイルでは安心して「頭」で買える。

もちろん手綱が武さんに戻るスマートレイアー
比較的適条件に戻るルージュバックも脅威と言えば脅威だけど、
既に何度も一緒に走っているし、勝負付けはほとんど済んでいるはず。

ジュエラー・シンハライトが早々に脱落し、
ヴィブロスが出てこない今年のメンバーなら、
昨年のメンバーレベルとそう大差ないと見ていい。

ここは順当にミッキークイーンで大丈夫だろう。



そうなると問題は「相手」。

当然、前述したスマートレイアー、ルージュバック
それなりに重い印を打つことになるだろうが、
個人的に気になっている馬が1頭いる。

それはアスカビレンだ。

今更5歳の牝馬に大きな上がり目があるとは思えないが、
ディープインパクト産駒とは全く違ったタイプを輩出する
全兄のブラックタイド産駒なら少し話は異なるような気がする。



アスカビレンが本格化したのは昨年秋の事。

1000万→1600万を連勝し、その勢いのまま参戦した府中牝馬Sで4着。

クイーンズリングや今回も人気を集めそうなスマートレイアー
互角に近い勝負を繰り広げた。

休養を取って迎えた今年の2戦はオープン特別競走ながら、
牡馬相手に1勝を上げており、
もしもミッキークイーンがいなければ、
浜中騎手はアスカビレンでヴィクトリアマイルに挑戦していただろう。

牝馬らしいキレ味もあるし、
阪神で実績を積んでいるように
ブラックタイド産駒らしいパワーもある。

乗り役はG1を始めとする大舞台で一発を秘める池添騎手。



ミッキークイーンVSレッツゴードンキの構図であることは間違いないけど、
その間に1頭くらい穴馬が割って入っても良い雰囲気はあるから、
その資格をアスカビレンは持っていると思いたい。

あとは天候と馬場状態をギリギリまで見ておけば、
なんとかなりそうな難易度のG1であるように想う。

先週のNHKマイルカップのような混沌さが無いぶん、
わかりやすいレース結果を期待したいところだ(笑)

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在8,937,100円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

6月23日(日) 京都11R
【五十嵐】獲得金:916,800円

合計:916,800円

6月22日(土) 京都11R
【江戸川】獲得金:21,000円
【五十嵐】獲得金:17,000円

合計:38,000円