今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2017-06-13 都合のいい大穴を狙いたくなるレース-函館スプリントS-

今週の注目レースは函館スプリントS

夏の北海道シリーズの開幕を彩る風物詩的な競走だ。

ただ江戸川さんとしては
「毎年誰かが直線で詰まっているレース」
という印象が非常に強い。

このモノの言い方ももはや、
風物詩と言ってもいいだろうけど、
実際「世界のロードカナロア」ですら、
勝負どころで前が塞がって
ドリームバレンチノに敗れている。


種牡馬の勢力図を塗り替えるかもしれない歴史的な名馬ですら、
歴史的な前詰まりをしてしまう鬼門のコースだけに、
今回「とりあえず使う」ノリの
セイウンコウセイがどうなるかはミモノだ。




基本的な考え方から行けば、
G1勝ち馬のセイウンコウセイが56キロで走れるのは、
彼にとってちょっとしたボーナスのような気もするけど、
あの「世界のロードカナロア」ですら、
内枠に入って厳しいマークに会えば、目も当てられない状況に陥る。

セイウンコウセイに限らずだけど、
どの枠からスタートするかはかなり重要だ。

ちなみにセイウンコウセイは1番人気になるだろうから、
配当的なリスクを考えても個人的にはイマイチ信用したくない。

しかも「夏は北海道で馬を休ませるから、そのついでに来た」らしく、
勝つつもりまであるのかは不透明。

(サマースプリントは狙ってないみたい)

確かに4歳馬とはいえ賞金面の不安は無いから、
「余裕のよっちゃん」なんだろうけど、
さすがにあっさり勝てるほど軽いメンツでは無いような気がする。

同じ4歳のシュウジには武さんが乗るし、
クリスマスは抜群の洋芝適性を見せているのも見逃せない。

ブランボヌールだって近走元気はない上に久々だけど、
昨年のキーンランドカップではシュウジを破っている。



渋った馬場を得意としているセイウンコウセイだけど、
洋芝適性自体は不透明な部分が多い。

うーん、やっぱり全幅の信頼は置けない。

まともに考えれば次点のシュウジを注目する事になるだろうけど、
武さんが跨るとはいえ「テン乗り」だし、
昨年末の阪神カップ以降、だらしない競馬が続いているのは気になる。

まぁこちらも印は打つだろうけど、
全力の「◎」になるかは微妙な情勢だ(笑)



ちなみに穴候補にも触れておくと、
昨年の函館2歳王者のレヴァンテライオンには期待をしている。

乗り役が若手の坂井騎手というのが気になるが、
所属厩舎の馬だけに癖も知っているだろうし、
無欲の一発はあっていい。

あ、坂井騎手本人的に無欲かどうかはわからないけど、
2歳戦とはいえ函館2戦2勝の実績を考えれば、
本人も期するものがあるはず。

実際「3歳馬」「52キロ」という条件で、
矢作厩舎は2年前にレンイングランドで3着の大穴をあけた例もある。

今年のレヴァンテライオンにも二匹目のドジョウを期待したい。

あと洋芝適性だけに注目して
レヴァンテライオン-エポワスorクリスマス
ワイド馬券が当たろうものなら、万馬券になる可能性もある。



うーん、やっぱりセイウンコウセイに負けてほしいと想う、
都合のいい江戸川さんであります。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在4,304,900円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

4月14日(日) 中山11R
【五十嵐】獲得金:293,400円
【ウマテラス】獲得金:55,700円

合計:349,100円

4月13日(土) 阪神11R
【江戸川】獲得金:9,000円

合計:9,000円