今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2022-02-01 根幹距離とバランスを意識するレース-東京新聞杯-

さすがに府中のマイル重賞となると、
それなりのメンバーが揃う。

と、思っていたけれど、
特別登録を見る限り、
まぁ・・・
リステッド競走と言われても、
不思議ではない感じ。

リスグラシュー、インディチャンプ
といった例がわかりやすいけれど、
G1を勝つような馬にとって、
「東京新聞杯が始動戦」
というイメージだったが、
今年は少し色彩が違うようだ。

「ついにあのケイデンスコールが始動か…」とはならない。

実績ダントツの彼が
全く魅力的に映らないのは、
一発ある馬が複数いるせいだろう。
(そもそも59キロだし…)

「それじゃ、
  ファインルージュから買うのか?」
と、問われたとしても、
アカイトリノムスメ・
アンドヴァラナウト
を見てもわかるように、
秋華賞出走組の古馬との対戦成績が
悲惨すぎる。
(それにキズナ産駒は
 左回りより右回りの方が良い傾向)

じゃあどうするんだ
という話になるけれど、
安牌なところではカラテだろうか。

昨年の勝ち馬で
その後も重賞で好走を繰り返し、
年始のニューイヤーSを制して、
勢いに乗っている。

昨年よりも1キロ斤量が
重くなるのはカギだけれど、
強くなっているのは
前走を見ていればわかる。

人気にはなるだろうけど、
丁重に扱わないといけないだろう。

ただ、気になる馬が居ないわけではない。
シルバー会員登録へ

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2020年現在13,511,020円
2021年現在16,757,700円
2022年現在19,169,250円