今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2023-08-22 あの衝撃に引っ張られないようにするレース-新潟2歳S-

ハープスターのあの衝撃から今年で10年になる。

最後方から
ゴボウ抜きした桜花賞も凄かったが、
世間的な最初のインパクトはこの新潟2歳Sだろう。

最後方から追い出して、
ラスト1Fで後の皐月賞馬に3馬身差。

今、見返しても凄いレースだ。

その後、ロードクエストが
似たような競馬をして、
「ハープスターの再来」
的な言われ方をしたけど、
なかなかあそこまでの器の馬は現れず…。

そういう意味でも
ディープインパクトの若駒Sと似ている気がする。

あのレースも毎年勝ち馬は
それなりに評価されるけど、
クラシックに行くともう一つ…の馬が多い印象。

ちなみに今週の新潟2歳Sも
ホープフルSの誕生によって
クラシックというより、
翌年のマイル路線を占うレースに変わりつつある。

それ故に
メンツのレベルも
年々小粒になっている印象なので、
この暑い中、小倉まで遠征したくない
7F以下のレースを勝ち上がった
関東馬の参戦もチラホラ見受けられる。

このあたりは
レース当日まで軽視するつもりだけど
とにかく1戦1勝の馬が中心で、
しかも目立った勝ち方を
していない馬が多いので、
どこから入るか難しい部分があるのは
今年の特徴だろうか。

今年の2歳戦で好調な
スワーヴリチャード産駒も1頭も出てないし…。

「ベタだけどノーザンファーム生産馬から狙うか」
と思っていた矢先、
目に飛び込んできたのは
エンヤラヴフェイスの名前。

「エイシンヒカリ×Devil's Bag」
というおおよそ新潟の舞台とは
縁遠そうな血統のお馬さんだけど、
初戦のレベルが高く、
今回登録しているホルトバージ(7着)を負かしている。

そのレースで上位に入った馬は
いずれも、次で好走しているので、
エンヤラヴフェイスには注意が必要だろう。

また件のホルトバージ
初戦と2戦目では
馬が一変した印象で、
2着馬との接戦をモノにした形。

気性的に1800mよりは
マイルの方が合っている様子で、
キャリアを積んだ今回は注意しておいた方が良さそう。

「またキャリアを積んだ」
という点を重視するなら、
ヴァンヴィーヴにも注目しておきたい。

7Fで下ろしているので、
そこまで陣営の期待値が
高くないのかもしれないけれど、
2走目の福島1800mで勝利。

後続に5馬身の差を付けた。

もちろん7頭の少頭数で、
ペースもゆったりしたものだった…
という事には
それなりに留意する必要があるけれど
初戦で多頭数を経験している点などは
評価してもいいと思う。

また初戦が7Fなので、
あまり人気にはならないと思うが、
関西馬のジューンテイクの一発はあるかもしれない。

初戦の相手があまり強くないので、
今回そこまで注目されていないものの
血統的には
それなりに下地のある馬と言って良いレベル。

半兄に先日の東京ジャンプSを勝ったジューンベロシティ。

1歳上の半姉・ジューンオレンジは
現在2勝クラスにいる。

ジューンテイクは3番仔なので、
この血統はすべて中央で勝ち上がっている話になる。

しかもすべて違う種牡馬。

重賞とはいえ、
2歳戦で手探りな馬も多いレースなら
一発あってもおかしくないと思う。

大波乱になることはないだろうが、
それなりに上位人気の組み合わせで
獲れる可能性の高いレースだと思う。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在6,407,100円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円