今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2024-01-09 明け4歳を疑うことから始めるレース-日経新春杯-

「ルメートルって何だよ。
 ルメールだと思って
 買っちまったじゃねぇか」

昨年末に来日が報道されて以来、
「間違いやすい」
と話題になってたルメートル騎手の存在。

さんざん巷で「気をつけろ」
と言われていたのに、
金杯の日に騎乗の無かった
ルメールさんと勘違いをして、
ルメートル騎手から
買っている人が身近にいて、ビックリ。

報道を聞いたときには
「そんなバカなw」と笑ってられたが
実際目の前にすると、
なんか困ってしまった(笑)

さて、今週は
日経新春杯と京成杯という
近年割りと重要な位置を占める
レースが日曜に配置されている。

特に日経新春杯には、
昨年重賞を2つ勝った
サトノグランツや、
日本ダービーで3着に入った
ハーツコンチェルトらが登場予定。

ちなみに余談だけど、
今回ハーツコンチェルトは格上挑戦での出走になる。

収得金が1500万円
(3勝クラス相当)しかないのが、
その理由だけど、なんかニヤニヤしてしまう。

上位人気が想定される馬なので、
無事に出走してほしい人が
多いと思うが、
個人的にはそこまで信頼していない。

ダービー3着は
確かに立派な成績だけど、
その後の2つのレースが頂けない。

はっきり言って物足りないし、
ダービーで3着になるような馬が
日経新春杯を形式的な話とはいえ、
格上挑戦で出るような状態は
「格好が付いてない」
と評価せざるを得ない。

それでも上位に支持されるのは、
周囲のレベルの低さもあるだろうけど
絶対的な存在ではないことも確か。

実際、同じ明け4歳でも
重賞2勝の
サトノグランツの方が買いやすく、
人気にはなるだろうが、
彼を上位に取るのは自然の流れ。

オッズの事を考えると、
ハーツコンチェルトにも
それなりの支持は集めてほしいが…。

前述の通り4歳(菊花賞出走組)は、
どの馬も今ひとつ信頼性に欠けるので
「穴馬」
として買いたい馬もいるけれど、
本命視するには今ひとつ。

どちらかと言えば、
実績のある古馬の方が買いやすいが、
取り分け江戸川さんは
レッドバリエンテに興味を持っている。

京都外回りは
ディープインパクト産駒の「庭」。

産駒の絶対数が少なくなってきたが、
まだまだこれを論拠にした買い方は通用すると思う。

一貫して2000m以上を使っているのも
好感が持てるし、
33秒台で上がれる脚も持っている。

京都は意外にも初参戦だが、
今の馬場は上がりが掛かっているし、
パワーのいる状況も追い風になるはず。

またカレンルシェルブル
重賞で通用する決め手はあるので、
普段よりも1列前で競馬が出来れば
届いてもおかしくない。

菊花賞組だけで決まっても
全く面白くないので、
新興勢力の勃興に期待して、
日経新春杯は馬券を買いたいと思う。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在4,304,900円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

4月14日(日) 中山11R
【五十嵐】獲得金:293,400円
【ウマテラス】獲得金:55,700円

合計:349,100円

4月13日(土) 阪神11R
【江戸川】獲得金:9,000円

合計:9,000円