今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2024-01-30 軸さえ間違わなければなんとかなる気がするレース-東京新聞杯-

今月の競馬からいよいよ2月。

競馬界自体は
閑散期に入っているが、
さすがに根幹距離の重賞となると、
それなりにメンツが揃ってくるようになる。

京都では
春のクラシックに繋がる
きさらぎ賞も行われるけど、
2歳王者に牝馬がなるようでは世代のレベルが…。

しかも桜花賞ではなく皐月賞に直行でしょ?

完全にナメられてるじゃん…。

まぁ、良い。

とにかく東京新聞杯に全力投球だ。

目立つところで
注目どころは昨年の秋華賞で、
リバティアイランドの2着に入った
マスクトディーヴァ
それと同世代のウンブライルあたりだろうか。

年が明けて主要路線の4歳世代の
元気が無いのはやや気になるけど、
リバティアイランドの2着に入った
マスクトディーヴァ
さすがに軽視出来ない印象。

実際、ローズSという
G2も勝っている訳だし、
血統背景もしっかりしている。

「根幹距離のレースなら
  大牧場の馬を買っておけ」という
安易な考えでいる訳ではないけど、
課題があるとすれば初のマイルがどうか…という事だけ。

ヴィクトリアマイルを
目指すことになるんだろうから、
試金石になる一戦だけど、
ここを楽勝できるようなら先は明るい。

同い年のウンブライルも出てくるけど
実績面やレース間隔を考えると、
マスクトディーヴァに劣る面があるのは否定できないだろう。

もちろん距離適性という部分では、
マスクトディーヴァよりも
一日の長があるけれど、
これまで戦ってきた相手を考えると、
このメンバーでは下手したら
掲示板も覚束ない気がしている。

実際
マスクトディーヴァ
立ちはだかるのは
ジャスティンカフェの方。

この路線の実績馬だ。

重賞タイトルは
エプソムカップしかないものの、
前走のマイルCSは僅差の3着だし、
昨年のこのレースも惜しいところまで来ている。

マスクトディーヴァとの斤量差は2キロ。

十分に勝負出来るレベルの数字だ。

ただ斤量という面では
ライトクオンタムの存在も気になるところ。

昨年のシンザン記念以降、
成績的には
かなり厳しい面があるけれど、
前走のターコイズSで5着に入って、
復調ムードを見せている。

もう数は
少なくなってしまってきているが、
府中のマイルと言えば、
ディープインパクト産駒の独壇場だった。

ただ週初めの段階では残念ながら
除外になる可能性が高いので、
同系統の馬に目星をつけたいところ。

そうなると登場するのは
アヴェラーレではないか。

昨年の関屋記念勝ち馬で、
今年になっても年始の京都金杯で4着に。

G2では物足りない面があるものの、
この時期のG3なら十分通用するレベルにある。

それに左回りで<5.2.2.4>と、
完全なレフティでもある。

最近の競馬ファンは
本当に馬券上手だから、
週末までに見つかってしまう
可能性が高いけれど、
オッズ次第では本命にする事も
考えても良いかも知れない。

今週の東京新聞杯は
根幹距離のレースだけに
大波乱というのは考えにくいけれど
逆に言えば、
軸さえ間違わなければ、
それなりに儲かりやすいレースでもある。

うまく立ち回りたいものだ。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在6,620,700円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

5月19日(日) 東京11R
【五十嵐】獲得金:80,600円

合計:80,600円

5月18日(土) 京都11R
【五十嵐】獲得金:34,000円

合計:34,000円