今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2024-02-20 「スーパーG2」では無いことは確かなレース-中山記念-

G2と言えばG2だし、
G3と言われればそんな気もする…

ただ「スーパーG2」では無いことは確か。

そういうレースレベルではないだろうか。

だからこそソールオリエンスの存在感はこの中でも段違い。

皐月賞1着、
ダービー2着、
菊花賞3着は一流馬の着順で、
有馬記念(8着)は
やや残念だったとはいえ、
このメンバーに入れば、
間違いなく主役を張れる1頭。

中山1800mという条件を考えても、
今回は中心に扱わざるを得ない印象。

ただ単勝1倍台になるような
人気の被り方をするかは甚だ疑問で
同い年の毎日王冠
勝ち馬のエルトンバローズと、
これまでに2回中山記念を勝っている
ヒシイグアスの存在は気になる。

エルトンバローズ
毎日王冠しか重賞勝鞍が無ければ、
江戸川さん的には
軽視するパターンなんだけど、
小回りの福島で
ラジオNIKKEI賞を
勝っていたりするのは、
評価を難しくしているところ。

ラジオNIKKEI賞の
レースレベルはともかくとして、
マイルCSで
4着に入っているのは事実なので、
丁重に扱わないといけないだろう。

ソールオリエンス
比べたら1キロ軽いのも良いだろうし。

あと中山巧者のヒシイグアスは要注意。

中山コースに限っても<5.2.0.1>で
一度も掲示板を外していないのは驚異。

得意とかどうこうよりも、もはや「庭」状態。

香港カップで3着になっているように
明けて8歳になるが、全く衰えている様子が無い。

むしろこの舞台は
「待ってました」の可能性も高く、
注意をしておいた方が良いのは間違いない。

能力で言えば、
ソールオリエンスの方が
上なんだろうけど、
それを「適性」でヒシイグアス
どう対抗できるかが見どころではあるが…。

ちなみに過去の中山記念
(どちらも14頭立て)で
勝ったときの枠は…

21年  5枠   8番
23年  7枠 11番

いずれも真ん中よりも外の枠。

内枠に入った場合、
ヒシイグアスの脚質を考えると、
馬群を捌けないシーンも有り得る事は想定しておきたい。

ちなみにこの中山記念。

「スーパーG2」
扱いされていることもあって、
2桁人気レベルの馬が
ドカンと穴を開ける展開は
今ひとつ想像できないけれど、
今年に関してはラーグルフに期待している。

昨年2着でG3も勝っている実績馬。

1年前のレース以降、
今ひとつパッとしない
成績になっているけれど、
年始のAJCCでは8着ながら勝ち馬とは0.4秒差。

しかも馬場が悪すぎて、
まともなレースにならなかった印象。

それでも5ヶ月ぶりの
レースだった事を思えば、
悪くない内容だったのではないだろうか。

別定戦なので昨年よりも
1キロ斤量は背負うけれど、
開幕週で馬場が良いようなら、
再度激走する可能性は秘めていると思う。

あと、週初めの段階では
除外対象になっている
ショウナンマグマが出てこれるようなら印を回したい。

こちらもヒシイグアスと同様、コース適性の高い馬。

なんとか出てこれないだろうか…。

G1も始まるし、
サウジのレースもある週末。

楽しみな事も多い春競馬の開幕に
相応しい結果を出したいと思っている。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在10,325,500円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

7月14日(日) 函館11R
【五十嵐】獲得金:30,000円
【大五郎】獲得金:80,400円
【ウマテラス】獲得金:80,400円

合計:190,800円

7月13日(土) 函館11R
【五十嵐】獲得金:185,800円
【大五郎】獲得金:185,800円
【ウマテラス】獲得金:35,600円

合計:407,200円