今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2024-04-09 「一番強いのはレガレイラ」を証明するレース-皐月賞-

昨年末からの
妙な胸騒ぎが抑えられないまま
皐月賞ウィークを迎えてしまった。

「最後の砦」と評される馬
が出てこなかった訳じゃないけど、
年明けからずっとこの路線を見ていて
「一番強いのはレガレイラ
という評価はずっと変わらない。

なんなら
スワーヴリチャード
   ×ハービンジャーという配合から、
「ダービーも…」という思いも無いわけじゃない。

とはいえ、
牝馬が主役になるクラシックなんて…

正直そこまで気持ち的に盛り上がれないのもまた事実。

ウオッカがダービーを勝った世代も
あまり良い記憶が無い。

さすがに
ヒサトモやクリフジの時代の事は
わからないけれど、
牝馬が幅を利かせるクラシックは
残念ながら世代レベルを疑うしか無い。

今年の牡馬クラシック路線も
まさに怪しいレベルで、
ホープフルSを
牝馬に勝たれただけでなく、
共同通信杯で2歳マイル王も惜敗している現実がある。

期待されていたシンエンペラーも、
ホープフルSで勝てなかった後、
汚名返上を期した弥生賞で伏兵に勝たれる始末。

もう混沌としすぎていて、
コメントすることが難しい。

ただ冒頭のところで
<「最後の砦」と評される馬>
という表現をしたように
今週の皐月賞で
ビザンチンドリームに期待している人は多いと思う。

ビザンチンドリームは2戦2勝で、
きさらぎ賞の勝ち馬でもある。

無敗馬には夢を見たくなるものだ。

キレイなままの戦歴で
クラシック制覇を
期待したくなるだろうけど、
江戸川さんとしてはそこまで評価していなくて…。

何と言ってもデビューからの2戦で、
強い馬と走っていないのは大きなマイナス要素。

そもそも色んな相手と走りながら
強くなるのが競走馬で、
クラシックの頃になると、
能力だけで走っていた
若駒の頃と違って、
ある程度のキャリアが物を言う段階になっている。

2戦しかキャリアが無い
ビザンチンドリームにとって、
皐月賞というハードルは低くないと思う。

で、結局何を買うんだ
という話になるけれど、
やっぱりレガレイラからだ。

ルメールさんが落馬による離脱で、
乗れなくなってしまったのは
残念だけど、
ホープフルSでの走りは本当に見事だった。

そもそもレガレイラが早々に
皐月賞に出走表明していた段階で、
牡馬のレベルが
疑われていた証拠でもあるが、
あの時の走りが出来るなら
ここでも相手は居ないのではないか…。

もちろん新種牡馬
スワーヴリチャード産駒なので、
これまでの傾向は不明で、
「早枯れ」の可能性もゼロでは無いし
17年の皐月賞で1番人気に推された
ファンディーナの例もあるけれど、
彼女と違って、
レガレイラはG1を勝ってるのがミソ。

しかも
先週の桜花賞を見てもわかるように、
昨年暮れの段階から
そこまで勢力図が
変わっていない所を見ると、
ここも順当にレガレイラからで良いのではなかろうか。

従姉妹のステレンボッシュも先週勝ってるし…。

血の勢いも手伝いそう。

ただシンエンペラー
ジャンタルマンタルが、
レガレイラとの馬券に絡んでも
面白くないので、
アーバンシックあたりを
相手筆頭にすれば、
それなりの配当にはなるだろうか。

こちらは母ランズエッジ、つまり
ウインドインハーヘアの牝系で、
レガレイラの近親にあたる。

ディープインパクト産駒が
居なくなった最初の世代のクラシック。

ウインドインハーヘアの凄さを
認識する週末になりそうだ(笑)

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在6,620,700円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

5月19日(日) 東京11R
【五十嵐】獲得金:80,600円

合計:80,600円

5月18日(土) 京都11R
【五十嵐】獲得金:34,000円

合計:34,000円