プロの専門家があなたのお手伝いをします!

トピックス

1162件中 1 ~ 10件

トピックス

サトノダイヤモンドが強豪古馬を抑えて優勝!/有馬記念(G1)

2016-12-25

25日に中山競馬場で行われた有馬記念(G1・芝2500m)は、ルメール騎手騎乗の1番人気サトノダイヤモンドが中団でレースを進めると、2周目に入り徐々にポジションを上げて最後の直線に入る。
先頭を走る2番人気キタサンブラック、昨年の覇者3番人気ゴールドアクターと競りながら、サトノダイヤモンドがゴール寸前この2頭を交わして優勝。勝ちタイムは2分32秒6(良)。クビ差の2着にキタサンブラック、次いで3着にゴールドアクターで決着し、人気通りの順当な結果となった。
強豪古馬を抑え見事勝利を挙げたサトノダイヤモンドは、菊花賞に続いて2つ目のG1制覇を成し遂げた。


有馬記念(G1)の予想はコチラ

予想陣結果はコチラ
トピックス

7番人気シュウジが差し切りV!/阪神C(G2)

2016-12-24

24日に阪神競馬場で行われた阪神C(G2・芝1400m)は、川田将雅騎手騎乗の7番人気シュウジが中団でレースを進めると、直線で外から脚を伸ばして優勝した。勝ちタイムは1分21秒9(稍重)。次いで2着に2番人気イスラボニータ、3着には5番人気フィエロが入った。なお、1番人気ミッキーアイルは6着、3番人気グランシルクは7着に終わった。
勝ったシュウジは、昨年9月の小倉2歳S以来の白星を挙げた。


阪神C(G2)の予想はコチラ

予想陣結果はコチラ
トピックス

6番人気サトノアレスが2歳王者に輝く!/朝日杯FS(G1)

2016-12-19

18日に阪神競馬場で行われた朝日杯フューチュリティS(2歳・G1・芝1600m)は、四位洋文騎手騎乗の6番人気サトノアレスが中団後方でレースを進めると、直線で外から一気に差し切って優勝。追い上げてきた7番人気モンドキャンノに1/2馬身差をつけた。勝ちタイムは1分35秒4(良)。次いで2馬身差の3着には12番人気ボンセルヴィーソが入った。
また、怪物の仔として注目を集めた1番人気のミスエルテは4着に終わった。
勝ったサトノアレスは、未勝利戦、ベゴニア賞に続く3連勝で見事2歳チャンピオンに輝いた。

朝日杯FS(G1)の予想はコチラ

予想陣結果はコチラ
トピックス

1番人気マジックタイム差し切りV!/ターコイズS(重賞)

2016-12-18

17日に中山競馬場で行われたターコイズS(重賞・芝1600m)は、ルメール騎手騎乗の1番人気マジックタイム後方でレースを進めると、直線で差し切り優勝。後方から脚を伸ばしてきた6番人気レッツゴードンキに1.1/2馬身差をつけた。勝ちタイムは1分33秒6(良)。次いでアタマ差の3着には3番人気カフェブリリアントが入った。なお、2番人気アットザシーサイドは6着に終わった。
勝ったマジックタイムは、今年4月に行われた中山・ダービー卿CTに続いて2度目の重賞制覇を果たした。

ターコイズS(重賞)の予想はコチラ

予想陣結果はコチラ
トピックス

“怪物の仔”ソウルスターリングが優勝!/阪神JF(G1)

2016-12-11

11日に阪神競馬場で行われた阪神ジュベナイルフィリーズ(G1・牝・芝1600m)は、ルメール騎手騎乗の1番人気ソウルスターリングが好位でレースを進め、直線で抜け出して優勝。2番人気リスグラシューに1.1/4馬身差をつけた。勝ちタイムは1分34秒0(良)。次いで1.3/4馬身差の3着に3番人気レーヌミノルが入った。
2歳女王に輝いたソウルスターリングは、新馬戦、アイビーSに続き無傷の3連勝となった。

阪神JF(G1)の予想はコチラ

予想陣結果はコチラ
トピックス

9番人気マイネルハニーが重賞初V!/チャレンジC(G3)

2016-12-11

阪神競馬場で行われたチャレンジカップ(G3・芝1800m)は、柴田大知騎手の9番人気マイネルハニーが勝利。勝ちタイムは1分46秒5(稍重)。続く2着に5番人気ベルーフ、3着には11番人気ケイティープライドが入った。
勝ったマイネルハニーはこの勝利により、通算成績を11戦3勝とした。

チャレンジC(G3)の予想はコチラ

予想陣結果はコチラ
トピックス

6番人気サウンドトゥルーが後方一気V!/チャンピオンズC(G1)

2016-12-05

4日に中京競馬場で行われたチャンピオンズC(G1・ダ1800m)は、大野拓弥騎手騎乗の6番人気サウンドトゥルーが後方2番手に構えたところから、直線で外に出て一気に脚を伸ばし優勝。一度は先頭に立った1番人気アウォーディーにクビ差をつけた。勝ちタイムは1分50秒1(良)。次いで1/2馬身差の3着には10番人気アスカノロマンが入った。
また、2番人気ゴールドドリームは12着、3番人気コパノリッキーは13着と共に振るわなかった。
勝ったサウンドトゥルーは、昨年の東京大賞典以来の勝利。今回悲願のJRA・G1初制覇を果たした。

チャンピオンズC(G1)の予想はコチラ

予想陣結果はコチラ
トピックス

1番人気アルバートが連覇達成!/ステイヤーズS(S2)

2016-12-04

3日に中山競馬場で行われたステイヤーズS(G2・芝3600m)は、ムーア騎手騎乗の1番人気アルバートが中団でレースを進めると直線で脚を伸ばし、逃げる3番人気ファタモルガーナを捕らえて優勝。勝ちタイムは3分47秒4(良)。次いで3着には2番人気モンドインテロが入った。
圧倒的な人気に応えたアルバート。見事本レースの連覇を成し遂げた。

ステイヤーズS(S2)の予想はコチラ

予想陣結果はコチラ
トピックス

1番人気キタサンブラックが逃げ切り圧巻V!/ジャパンC(G1)

2016-11-27

27日に東京競馬場で行われたジャパンC(G1・芝2400m)は、武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラックが先手を取りトップで直線に入ると、追い上げてきた5番人気サウンズオブアースから逃げ切り、これに2.1/2馬身差をつけ優勝。勝ちタイムは2分25秒8(良)。次いでクビ差の3着には6番人気シュヴァルグランが入った。
なお、3番人気ゴールドアクターは4着、2番人気リアルスティールは5着に終わった。
勝ったキタサンブラックは、昨年5月の日本ダービーで14着と、過去唯一馬券圏外となっていたこの条件で見事に勝利を収めた。本馬のG1タイトル獲得は昨年の菊花賞、今春の天皇賞に続く3つ目。

ジャパンC(G1)の予想はコチラ

予想陣結果はコチラ
トピックス

3番人気カデナが一気に差し切り重賞初V!/京都2歳S(G3)

2016-11-26

26日に京都競馬場で行われたラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3・芝2000m)は、福永祐一騎手騎乗の3番人気カデナが後方でレースを進め、最後の直線で外から一気に脚を伸ばし差し切って優勝。勝ちタイムは2分2秒6(良)。次いで2着に1番人気ヴァナヘイム、3着には6番人気ベストアプローチが入った。
また、萩Sでヴァナヘイムを下した2番人気プラチナヴォイスは6着に終わった。
勝ったカデナは、これが重賞初制覇。

京都2歳S(G3)の予想はコチラ

予想陣結果はコチラ

1162件中 1 ~ 10件