プロの専門家があなたのお手伝いをします!
小倉競馬場
小倉競馬場へのアクセス
堪能するための3つのポイント

以上のポイントをふまえて、
スピッタ君と一緒に
小倉競馬場を歩き回ってみましょう☆

この特集記事は取材は2015年2月に行い、2015年3月に作成されました。
現在とはイベントなどが異なる場合がございます。予めご了承ください。

ご挨拶するスピッタ君 「やあ、はじめまして!スピッタ君です!
初めてじゃない人は、こんにちは!
朝読んでる人は、おはようございます!
夜読んでる人は、こんばんは!
海外で読んでる人は、えーと、ナ、ナイスミーチュー…」


はいはい!スピッタ君!
挨拶はそのくらいにして今いる場所を紹介してもらえるかな?
江戸川氏 「はーい!ボクがいるのはなんと!九州唯一の中央競馬場“小倉競馬場”!
小倉駅から北九州都市モノレールで競馬場前駅下車。
モノレール駅と直結する専用出入口があるからすぐ着いちゃうよ!
モノレールで行けるなんてまるで夢の国みたいだねぇ!」


そ、そうだね!
なんだかきわどい発言の気もしますが…
早速いろいろ見てまわろうか!
小倉競馬場入口

勝負服を着た騎手のお人形 勝負服を着た騎手のお人形全身 勝負服を着た騎手のお人形顔 小倉競馬場に入ってすぐ出迎えてくれるのが、この勝負服を着た騎手のお人形たち。
ご自分のお好みの勝負服を見つけてみてはいかがでしょうか?
江戸川氏 「か、顔が…」


美男子ですね(笑)

パドック
モノレール入場門から入るとすぐに見えるのが広大なパドック!
山とモノレールと馬を一緒に見ることができ、壮大な気持ちになります。
レースの約30分前になると、出走する馬がパドックに登場します。
間近で見ることができるので、お気に入りの馬の調子をバッチリ確認しちゃいましょう!
パドック パドック地図
江戸川氏 「首や胴、お尻、汗、歩行具合からその日の馬の体調が判断できると言われているよ!
しっかり観察してビシバシあてていこう!」


あら?スピッタ君、大量に汗をかいているけど大丈夫?

「実は初めての小倉競馬場に興奮しちゃって…あ、そうそう!大量に汗をかいていたり、暴れていることを『イレ込んでいる』といって、このような馬はレース前にスタミナを消耗してしまう…ゼェゼェ…ことも…ゼェゼェあるん…だゼェゼェ……」

まだ来たばかりなのに!!

スピッタ君体力回復のためしばらくお待ちください。

走るスピッタ君 江戸川氏 「さぁさぁ!次はいよいよスタンドだね!どんどん行くよ!」パカパカパカパカッ

元気が戻ってきたようでなにより…
あっ!ちょっと待ってスピッタ君!上を見て!

イラストが描かれた垂れ幕
スタンド内のメインエントランスは吹き抜けになっていて、とても天井が高く、その天井から大きな垂れ幕が!
漫画家・松本零士さんの、美しい女性と牝馬の描かれた神秘的なイラストが掲げられています。
松本零士さんのイラストが描かれた垂れ幕
ここにこの垂れ幕が飾られた理由は、福岡県が松本零士さんの出身地だからというだけでなく、小倉競馬場が改装された1999年と松本零士さんの代表作銀河鉄道999にちなんでいるんですって。凄いねスピッタ君。

江戸川氏 「うん!確かに凄く美人な牝馬だね!ボクもうメロメロ!」

そこっ!?

ターフィーショップ ターフィーショップ地図 ターフィーショップ
メインエントランスのそばには皆さんお馴染み、競馬会のマスコットキャラクター・ターフィー君のグッズを扱ったターフィーショップがあります。
江戸川氏 「ボクのライバルであり、尊敬する師匠であるターフィー君がいっぱいいるよ!
ここでしか買えない限定商品もあるから、みんな!小倉競馬場へいそげっ!」

焦る江戸川氏 「だーっ!ボクもう我慢ができないよ!」


スピッタ君!?いきなり叫んでどうしたの?って思ったらダッシュで走っていっちゃいました! 馬が見たくてたまらなくなっちゃったのかな?
待ってよースピッタ君、スタンドはそっちじゃないよ?
って…あーっ!
走るスピッタ君

ファストフードプラザ 満腹スピッタ君 ターフィーショップ地図 ファストフードプラザ
九州グルメにまずいものなし!小倉競馬場では九州ならではの美味しいグルメが味わえちゃいます!
レストラン3件ファストフード・テイクアウトができるお店が16件と種類も豊富。競馬だけでなく、食べ歩きもできちゃう小倉競馬場です。
スピッタ君スタンドに一直線…かと思いきや、ファストフードプラザへ一直線でした。

江戸川氏 「ふぅ、満腹満腹。」


わっ!スピッタ君すごいお腹!

チャイルド、キッズ向け
お子様連れのお客様でも存分に楽しめるように…否、お子様が存分に楽しめるようにと、スタンド・プラザ99の1Fにはキッズプラザ&キッズコーナー、2Fにはチャイルドコーナーがあります。また、日本庭園には遊具広場もあります。
テレビ、絵本、おもちゃ、ハウス型の遊具、シーソー、ボールプール、スライダー…などなど!
お子様も大喜びな要素が盛りだくさんです。
キッズプラザ
江戸川氏 「競馬場ってどうしても大人の遊び場って感じがしちゃうけど、子供も楽しめる超穴場スポットなんだよ!ボクも遊ぼーっ!」」

スピッタ君!ここは小学生未満の子までだよ?

「大丈夫!ボクの心は永遠の生後3ヶ月だから!」

若いにもほどがあるよ!!

イベントステージ イベントステージ地図 イベントステージ
スタンドの4コーナー側にはイベントステージがあります。
有名人のトークショーやヒーローショーなど様々な楽しいイベントが行われます。
江戸川氏 「レース以外でも楽しめる工夫が色々なところにあるんだね!これなら競馬を知らない人でも十分すぎるくらい楽しめるよ!ボクも今度スピリーナちゃんと…ぐふふ…」

スピッタ君が破廉恥な妄想をしているうちにレースが始まっちゃいそう!急いで見に行かなくちゃ!

小倉競馬場コース
小倉競馬場は「平坦、小回り」を地でいく、いかにもローカル場らしい競馬場です。
そんな小倉競馬場の大きな特徴はふたつ。
ひとつは2コーナーに小高い丘が設けられていること。
もうひとつはコースの幅がゆったりしていること。
馬の調子やコースとの相性など吟味して一番を決めましょう!
小倉競馬場コース 小倉競馬場コースその2
江戸川氏 「やっぱり中央競馬場一小さいと言われる競馬場なだけあってコンパクトにまとまっている感じがするね!」

ゴールする馬 燃えるスピッタ君 江戸川氏 「うおおおおおお!いけぇええええ!
いってしまぇえええええ!」


スピッタ君の額のスピリッツがいつにないほど燃えている!
燃えすぎて前が見えないんじゃ…大丈夫でしょうか…

どうでした?スピッタ君?

焦る江戸川氏 「・・・・・・・・・・」


真っ白に燃え尽きてしまったようです。

こうなってしまっては仕方ない。
スピッタ君に元気を出してもらうためにも、特別な場所へ行きましょうか!
燃え尽きたスピッタ君

馬主席からみたコース 馬主席 馬主席
スタンド5Fには馬主の関係者のみが観覧できる馬主席があります。
競馬場内はもちろんのこと、その先に見える福岡県の大自然を5Fという高さから一望すれば、感動すること間違いなしでしょう。

本来であれば、この馬主席はその名の通り馬主とその関係者の方しか座ることはできません。
しかし!どうしても馬主席で見たいというそんなあなたのために!馬主席招待企画というものがあり、抽選で当たった方のみ馬主席での観覧が可能。これは応募するしかない!
どうですか?スピッタ君?

江戸川氏 「・・・・・・・・・・」


今度は感動しすぎて声が出ないようです。

創作弁当 あやめ(一椿)
5F売店にある旬の食材をふんだんに使用したお弁当あやめ。北九州の料亭“一椿”の味を競馬場で味わえます。
指定席エリアでの販売ですが、どなたでもご利用できます。

お酒も販売しているので、嗜みながらレースを観戦するというのも素敵ですね。ただし、飲みすぎてハメを外しすぎてしまわないよう注意です。
創作弁当 あやめ(一椿)
江戸川氏 「ボクにはお酒はまだ早いからハチミツで我慢するよ!」

飲みすぎは糖尿病に注意です。

ユーセンシュタイン君 ユーセンシュタイン君のお名前 ポニーリンク地図 馬と触れ合える
小倉競馬場では馬と触れ合えるイベントが盛りだくさん。
ポニーや馬車に試乗できたり、ミニチュアホースに出会えたり…などなど、今までレースや写真などでしか見る機会がなかった馬達と仲良しになれますよ!
江戸川氏 「こんにちは!ユーセイシュタイン君!
なになに?あっちで美味しそうな匂いがしてるって?よし!行ってみよう!」


さっきお弁当食べたばかりなのに!?

『うまいもん』フェスタ
メインエントランス前には小倉南区の美味しいものを売っている屋台が!
肉うどんやとり鍋、小倉牛の焼き肉…などなど、外の美味しい空気の中食べる『うまいもん』は格別です。
お値段もとってもリーズナブルで、ほとんどがワンコインでお楽しみいただけます。
屋台 屋台その2 うまいもんフェスタ地図
江戸川氏 「お腹はいっぱい!お財布の中身もいっぱい!
競馬を楽しむことはもちろん、他にもこんなに楽しいことがいっぱいあるなんてボクもう小倉競馬場大好きだよ!」


スピッタ君がうまくまとめてくれたところで、今回はこの辺で!

今回紹介した以外にも、小倉競馬場には楽しいスポットがたくさん!

特に夏は小倉競馬場がもっとも盛んになる時期なので、
さらに多くのイベントが開催されますよ!

是非足を運んでくださいね!


焦る江戸川氏
「いやー帰りもモノレールですいすい帰れるなんて、
本当に“こくらくこくらく”だね!」


うまくまとまっていたのに…


競馬場さんぽシリーズ