プロの専門家があなたのお手伝いをします!
今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2015-02-10 3頭しか見えないレース-京都記念-

2013年のダービー。

競馬スピリッツのレース回顧で
「競馬の神様はロンシャンで待っている!?」
と題して原稿を書いた。

武さんがキズナに跨りキレイなフォームで
鮮やかに抜き去る姿は今思い出しても、感動モノ。
温かい拍手、祝福の声、関係者の涙。

「競馬って本当にいいものなんだな。」と
しみじみ思った日本ダービー。


もちろん、ニエユ賞で
英ダービー馬・ルーラーオブザワールドを競落したり、
凱旋門賞でオルフェーヴルを
閉じ込めに行ったりしたのも、いい思い出。

昨年の天皇賞・春以降、
怪我で棒に振ってしまった期間は確かに長いけれど、
2週前の調教を見る限り、問題ない。

凱旋門賞へ向けていいスタートを切って欲しい。
その為の京都記念であって欲しい。


そして、凱旋門賞が最大目標になるのか・・・
それともまずは目先のドバイシーマクラシックなのか、
いずれにせよ、
今年も海外に照準を合わせているハープスターにも期待。
札幌記念までの成績は言わずもがな。

連対を外したとはいえ、凱旋門賞は6着。
ジャパンカップも不利を受けながら5着。

もはや、京都記念の出走馬を見る限り、
未対戦の大物はキズナしかおらず、
マスコミの盛り上げ通り、
一騎打ちの様相を呈している。

ということは、つまり馬券で儲けるなら、
最短コースで三番手を見つけたいところ。

候補になるのは
ステイヤーズS4着のスズカデヴィアス
日経新春杯3番人気のトウシンモンステラ
京都新聞杯1着のハギノハイブリッド
凱旋門賞へ挑戦することが濃厚なラブイズブーシェ
中山金杯を勝ったラブリーデイ

おそらくこのあたり。

アルフレードが先週の東京新聞杯で復活してたから、
レッドデイヴィスの復活なんてのもあるかもしれないけど、
個人的には出走登録を見た時から、
3頭しか買うつもりがなかった。


キズナ・ハープスターは当然だけれども、
もう1頭買わずにいられないのが、
中山金杯で初の重賞タイトルを手にしたラブリーデイ。


キズナが勝った2013年のダービーで
大穴候補として取り上げたラブリーデイ。

当時は17番人気と評価は低かったものの、
7着と力のあるところを当時から見せていました。

「名前が可愛いから~ウフフ^^てへぺろ」

トリンドル玲奈的な推奨理由にドン引きされ、
全ての会員の方から完全にスルーされてしまったのもいい思い出(笑)
おっと余談になりましたね。

とにかく出走登録を見た時から、
キズナ、ハープスター、ラブリーデイにしか興味なし。

スズカデヴィアス、トウシンモンステラは
まだまだ重賞では足りないだろうし、
ハギノハイブリッドも
今の4歳の現状を見ていると、買いづらい。

ラブイズブーシェも4頭目を買うならっていう評価で、
週初めの段階(原稿執筆時点)で
騎手が確定していないっていうのが不安要素。

フルキチさんじゃないのか、フルキチさんじゃ。
基本は3頭、騎手次第でラブイズブーシェまでっていう予想で。
予想・・・予想っていうか、みなさんそうですよね?

「キズナ、ハープスター以外が弱すぎて・・・」
ハープスター54キロ、キズナ57キロ。
どうみても2頭とも裸同然。

直線で2頭の一騎打ちが見れる京都記念になりそうです。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2021年現在5,399,000円
2019年現在11,142,910円
2020年現在13,511,020円

5月1日(土) 東京11R
【五十嵐】獲得金:228,700円

合計:228,700円