今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2015-11-03 上がり馬を中心視するレース-アルゼンチン共和国杯-

アルゼンチン共和国杯の出馬表を見ているが
ゴールドアクターが人気になるのはほぼ確定的だろう。

いかにも長い距離に向く血統背景、
これまでの臨戦過程などを踏まえても、
久々の重賞競走とはいえ、
ファンの支持を集めてもまったく不思議ではない。


そもそもこの馬は来年の天皇賞・春候補だった。
(個人的にそう睨んでいる)

ここらあたりで賞金を
加算しておかないといけないだろうし、
そもそもG1を勝つのならこんなところで
下手な競馬はできないはず。

とにかく印を打たなければならない1頭だが、
個人的に気になる馬が何頭かいるのもまた事実。


一線級とこれまで戦ってきて
今回相手関係が一気に楽になるサトノノブレス

1年4ヶ月ぶりの競馬を快勝した
関東馬のプロモントーリオ

不気味な雰囲気を醸し出している
マイネル軍団のジェイドフロストメダリスト

それに来週のエリザベス女王杯にも
登録しているマリアライトも出てくれば脅威だ。

弟のリアファルは菊花賞(3000m)で3着。

自身もオールカマーで5着と着実に成長しているし、
長い距離に向く血統背景も魅力だ。

将来性のある馬が揃った印象のあるレース。

とはいえ、ゴールドアクター以外に
最も買いたい馬がまだたくさんいたりする。


正直混戦ムードだが、
そんな中でも人気にならないなら狙いたいのが
3歳の若駒・レーヴミストラル

東京芝2500mは
今回のアルゼンチン共和国杯とダービー時期の目黒記念の
年間2レースでしか使用されない。

サンデー・キンカメ系だけでなく
牝系にヨーロッパの重厚な血が入った馬の活躍が目立つレースで
レーヴミストラルはまさにぴったりな配合。
(ゼンノロブロイ産駒がいればもっと面白かったんだが…)

特に母のレーヴドスカーは現役時代、
ヴェルメイユ賞(芝2400m)で2着になるなど
クラシックディスタンスで活躍。

兄姉も長めの距離で活躍した馬が多く、
青葉賞の豪快な脚を見る限り
直線の長い府中は向いているはず。

古馬と初対戦とはいえ、斤量55キロなら侮れない。


そして斤量の面から見れば、
53キロで走れるロンギングダンサーも要注目。

これまで使ってきた距離から一気の距離延長となるが、
折り合いに不安もなく、左回りも堅実。

何よりトップハンデから5キロも軽くなるのは
好都合以外の何物でもない。

それに気になるのは日本競馬で流行している
「ディープインパクト×ストームキャット」の配合を持つ、
ヒラボクディープも一発があっていい。

この相手関係で57キロは見込まれた感もあるが、
直線の長いコースで真価を発揮する配合。
斤量が克服できれば面白そう。


ゴールドアクターを中心視して
馬券を組み立てることにしようと考えてはいるものの、

枠次第では
ここで記した馬に予想の比重を傾けるかもしれない。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在6,620,700円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円