今週のメインレースを江戸川乱舞が大分析! レース考察

2023-12-19 「最後の大物」に期待するレース-有馬記念-

実質、
去年優勝していたはずのさや香か…

いや審査員の顔ぶれが変わるなら
真空ジェシカもあるかもしれない。

モグライダーの
ツッコミはなかなか見るべきものがある…。

漫才の上手さはさや香、
ネタの斬新さは真空ジェシカ。

個人的には2組のこの一騎打ちかな…。

…おっと。

今年の大一番・有馬記念の事ではなく
日曜夜の「M‐1グランプリ」
の事を書いてしまった(汗)

仕方ないとはいえ、
イクイノックスはもちろん
リバティアイランドも居ない。

興味の度合いが
やや低くなることは仕方ない…
と、言い訳しておこう(笑)

江戸川さんの周辺でも
「なぜ有馬記念にイクイノックスが出ないのか」
という声が聞こえてくるけど、出ないものは仕方ない。

一般のファンの方は
イクイノックスが、
年末の大一番に姿を見せないのは
不本意だろうが、
一発を狙えるレースに変貌した…
と、見ることも出来ると思う。

人気を独占するような
存在はいないし、
そのお陰で
どんな組み合わせの結果になっても、
それなりの配当がついてくるはず。

年末の物入りの時にありがたい話じゃないか(笑)

そもそもイクイノックスが
「天皇賞・秋
  →ジャパンカップ(→引退)」
という方針をかなり早い段階で
示していたこともあり、
有馬記念に照準を合わせていた陣営が多かった。

そんな状況下ではあるものの、
江戸川さんが最も注目しているのは
ジャパンカップで3着だった
スターズオンアース

個人的には色々と反省もある
ジャパンカップだったが、
しっかりと3着を確保。

プラス12キロで
出走してきたことからもわかるように
明らかに前走は叩き台で
一度使った今回は上積みもあるはず。

また、武さんが跨るドウデュースも注意。

個人的には「もう終わった」
と思っていたけど、
ジャパンカップで4着を確保。

ダービーで破った
イクイノックスとは、
大きな差が付いてしまったけれど、
彼がいない今回の有馬記念はそれなりに期待が持てる。

実際先週の朝日杯FSを
見てもわかるように、
「着を拾わせたら天下一品」
みたいな所もあるし…。

前述したように、
スターズオンアース
ドウデュースを絡めた馬券でも
それなりの配当にはなると思うが、
ジャパンカップ組だけではなく、
他の路線から来る馬も注目しておきたいところ。

そんな中でも
江戸川さんが最も注目しているのは、
京都大賞典を勝ち、
勢いに乗るプラダリア

ディープインパクトの直仔が
少なくなってきたが、
数少ない生き残りの中でも
「最後の大物感」がある1頭。

中山は初めて走る格好になるけど、
乗り役はなんと言っても
ムルザバエフさん。

先週は
不発に終わってしまった感があるけど
彼が乗る馬の直線での粘り具合は異常にしぶとい。

中山は彼の持ち味が最も生きる舞台ではなかろうか。

もちろん
中山2500mというコースの特性上、
枠の並びも重要になるので、そのあたりにも注目。

いよいよ大一番!
という一週間になるけど、
ホープフルS・東京大賞典も控えている。

それなりの安心感(?)はあるけど、
まずは有馬記念を当てて、
良い年の瀬を迎えたいところだ。

このコラムを書いた予想家

江戸川乱舞
走らない馬から決めていく独自の的中方法“逆走競馬予想”であたり馬を引き当てる、競馬スピリッツ専属の予想家「江戸川乱舞」。
過去の傾向なども加味した総合的な見解と、いち競馬ファンとしての純粋な視点も忘れないロマン派予想家。 得意な予想スタイル:単複・ワイド・三連単 など

競馬スピリッツなら
江戸川乱舞の予想が完全無料で見られる!

平凡サラリーマンから、独自の「逆走競馬予想」で競馬評論家に転身した江戸川乱舞。
「勝つ馬」ではなく「負ける馬」から選ぶをモットーに
独自の予想を繰り広げ、高配当的中レース量産中!
初心者では目の届かない見落とされがちな馬を選び、的中に導く予想は見事なもの!
もちろん全て無料で見られます!
無料で楽しく当てる&儲ける3ステップ
2024年現在4,304,900円
2023年現在19,927,450円
2022年現在24,393,950円

4月14日(日) 中山11R
【五十嵐】獲得金:293,400円
【ウマテラス】獲得金:55,700円

合計:349,100円

4月13日(土) 阪神11R
【江戸川】獲得金:9,000円

合計:9,000円